韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、来年の慰安婦被害者予算を削減

韓国政府、来年の慰安婦被害者予算を削減

来年の日本軍慰安婦被害者関連予算が今年より11億ウォン(約1億300万円)削減された30億3900万ウォン(約2億8千万円)で編成された。野党は、主務省庁の女性家族部が来年の予算案を説明する報道資料で関連内容に全く言及しなかったとして、強く反発した。

5日、国会女性家族委員会所属のシン・ヨンヒョン議員(国民の党)が公開した女性家族部の2017年「慰安婦被害者の生活安定および記念事業」予算は30億3900万ウォンであることが分かった。今年の41億6500万ウォン(約3億9千万円)から11億2600万ウォン(約1億500万円)が削減された金額だ。シン議員は「女性家族部が今月2日に2017年予算案説明の報道資料を出す際に、このような予算削減の事実には一言も言及しなかった。 事実関係を隠ぺいしようとしたのではないかという疑念を抱かざるを得ない」と指摘した。 これに先立ち、今年6月には、女性家族部が来年の「慰安婦被害者の生活安定および記念事業」予算要求案を28億6600万ウォン(約2億7千万円)に減額提出して物議を醸した。慰安婦関連記録物のユネスコ記憶遺産登録を推進する予算を全額削減するなどの処置であることから、昨年12月28日の韓日合意の影響ではないかという批判の声が上がった。

企画財政部は事前審議の過程で、26億2700万ウォン(約2億5千万円)に関連予算をさらに減額する予定だったが、波紋が広がったことを受け、再び30億3900万ウォンへと小幅増額させたことが分かった。これによって「民間団体の国際協力活動および記念事業」支援費が今年の6億5千万ウォン(約6千万円)から来年は3億ウォン(約2800万円)にいったん削減されたが、再び今年水準で維持され、被害者に対する生活安定支援金と治療費項目で1億400万ウォン(約970万円)が増額された。ホスピス病棟への支援費は新規に支援することにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25105.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
2015年12月22日、韓国・ニューシスによると、旧日本軍慰安婦被害者に対する韓国政府の生活安定支援金が、来年から大幅に増額されることが分かったとレコードチャイナで報じている。

韓国の企画財政部と女性家族部は同日、「慰安婦被害者に対する生活支援金を、現在の1人当たり月額104万3000ウォン(約10万7000円)から、来年は21%増の126万ウォン(約13万円)に引き上げる」と明らかにした。

また、看病費も今年の75万7000ウォン(約7万8000円)から39.4%増の105万5000ウォン(約10万8000円)となる。 女性家族部は「生存する被害者46人のほとんどが高齢で、経済的に苦しい状況に置かれている点を考慮し、支援を強化することにした」と説明した。

反日と言う意味では、2014年1月27日、韓国女性家族部は、2014年度の慰安婦関連の事業予算を前年の2.3倍に当たる45億8700万ウォン(約4億3000万円)に増額すると発表した。環球時報(電子版)が日本メディアの報道を引用し伝えている。

報道によると、政府は予算を大幅に引き上げたことで国内からの関心を集めたい狙いがあるという。韓国女性家族部は、「予算の70%は被害者の名誉回復に投じ、歴史認識の向上を図る」としている。さらに、主要事業の1つとして、389万1000元(約6500万円)で、国内2カ所の関連施設を建設する予定だとした。

年々慰安婦にかける予算は削られている事になる。
海外韓国人団体などへ慰安婦像建設として流れている資金などは排除願いたいが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月06日 10:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp