韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府と韓進、物流大乱を相手のせいにせず解決策出さねば

韓国政府と韓進、物流大乱を相手のせいにせず解決策出さねば

韓進(ハンジン)海運の法定管理にともなう物流大乱の懸念が現実になっている。全世界に輸出商品を積み出していた同社の船舶が足止めされることになり輸出全体にまで悪影響を及ぼす兆しがみられる。韓国政府によると4日現在で運航中の韓進海運所属船舶141隻のうち半分を超える73隻が正常運航できずにいる。港湾使用料や荷役料を払えず出入港や荷役ができず、ひどい場合には差し押さえまでされているからだ。これら船舶に積み込まれたコンテナは30万個、このうち3万3000個が韓国企業のものだ。運航支障は納期遅延と製品損傷につながるほかない。その損失はそのまま韓国の輸出企業に返ってくる。しかも船積みを待つ物量は30万個を超えると推測される。事態が早期に解決されなければ物流大乱が輸出大乱に広がりかねないという指摘も出る。

韓国政府と債権団の安易な対応のせいと言わざるを得ない。「韓進海運が韓国国内の物流量で占める割合は2%にすぎず大きな混乱は広がらないだろう」としていた債権団の判断は誤判断と明らかになった。1日の「現代商船のコンテナ船13隻を緊急投入して物流大乱を収拾する」という韓国政府の約束は準備不足から8日になって可能になる見通しだ。こうした水準の状況判断と管理能力で構造調整を円満にできるのか疑問を感じる状況だ。 大株主である韓進グループの動きもいぶかしい。債権団が先月初めに「法定管理に備え非常計画を議論しよう」と提案したが要請を受け入れなかった。法定管理が明らかに予想されるのに最後まで貨物の船積みと運航船舶を減らさず後遺症を拡大した。海外の裁判所に差し押さえ禁止要請を遅れてしたために船舶の差し押さえを防げなかったという指摘も出る。

それでも双方は問題解決より「相手のせい」にするのに熱心だ。任鍾竜(イム・ジョンリョン)金融委員長は「債権団は韓進海運の法定管理申請による余波を把握するため多方面で調査したが韓進海運が運航情報を公開することを好ましくないと考えた。物流大乱解決は全面的に韓進海運の役目だ」と明らかにした。韓進海運は「政府や債権団から公式提案を受けておらず決まった立場はない」とする。互いに対岸の火事を見るように相手に責任を押し付けている。時ならぬ物流難を体験する企業や国民が見るにはあきれた状況だ。


スポンサードリンク


こうした対立はだれの役にも立たない。長くなれば韓進海運は法定管理を始める前に瓦解しかねない。核心資産と営業網を現代商船に統合するという政府の計画に支障が生じる。韓進グループの評判と信頼度に致命打を受ける。

責任ある当事者がより積極的な姿勢を取らなければならない。双方が一歩ずつ譲歩して最悪の状況を避ける解決策を出さなければならない。韓進グループが担保を提供し債権団が資金を支援する方式を積極的に考慮する必要がある。それでこそ互いに食いつき漁師に捕まえられたコウノトリと貝の境遇を避けられる。
http://japanese.joins.com/article/321/220321.html?servcode=100§code=110

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、韓進海運が滅びるからといって1兆ドル(約104兆円)の貿易物流が危機に直面するわけではない。港湾での混乱も、まもなく秩序を見出すだろうと伝えている。

海の船が消えるわけでもなく、4000億ウォン(約374億円)のロングビーチポートが移っていくわけでもない。運賃が上がったとしても一時的な衝撃だ。世界の船腹量は依然として過剰で、そのため荷主側の市場主導権が海運会社に渡る可能性は低い。そのような面では韓進海運の法定管理が呼び起こした短期的な物流ショックが今回の事態を評価する正当な基準になることはできないとした。

海運会社が倒産し、その倒産した企業の船が輸送しているのでは、普通で考えても入港許可が出るはずもない。考え方が甘い。 当面は、他の海運業者が肩代わりするか、政府が肩代わりする事で対応が可能だ。今頃大騒ぎしても損失が大きくなるばかりか、他の輸出企業は大迷惑となる。

韓国経済新聞は、7年余りの歳月を虚しくやり過ごした韓進海運の大株主、逆行した最高経営者(CEO)、腐敗した一部役員、海水部の無脳的状態、暇をつぶす産業銀行、下絵もなかった金融委員会を許すことはできないと報じているが、そんなことよりは、さっさと金を払って現状の港に入れない状態をすぐに回避する事である。

韓国人というのは自分だけの事しか考えないが、輸出における相手国の事を考慮しないのでは、論外だろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月06日 11:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
だまされるな!
実は、韓進海運の有望資産はもう韓進海運にない。有望資産はすでに、韓進グループに移しずみ。つまり、ゴミしか残っていない。だから、現代商船が引き受けでも、現代商船がやばくなるだけ。これはどうするんでしょうね。希望では、韓国政府がなけなしの金をだして収拾し、他の財閥を救う資金を削ぎ、韓国経済の体力を奪い、崩壊してほしいんだが。。。
[ 2016/09/06 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp