韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、今年もたばこ税2500億円増収…財産税よりも国民負担大きく

韓国、今年もたばこ税2500億円増収…財産税よりも国民負担大きく

たばこ税が今年13兆ウォン(約1兆2000万円)を超える見込みだ。たばこ税を引き上げた昨年、関連税収が3兆5000億ウォン(約3300億円)増えたのに続き、今年も2兆7千億ウォン(約2500億円)ほど増えると見られる。国民の税負担のうち、財産税よりたばこ税の比重が大きくなった。

7日、納税者連盟は、共に民主党のユン・ホジュン議員が企画財政部から受け取った資料「上半期たばこ販売および搬出量」をもとに試算した結果、今年のたばこ税の税収が13兆1725億ウォン(約1兆2270億円)にのぼると明らかにした。今年上半期のたばこ販売量は17億9000万箱であり、政府が当初予想した販売量を大きく上回ると見られるためだ。たばこ税の税収は2014年は6兆9905億ウォン(約6510億円)だったが、2015年に税金と負担金を1箱あたり3000ウォン(約280円)に引き上げた結果、50%増しの10兆5181億ウォン(約9800億円)に達した。

納税者連盟は、総税収にたばこ税が占める割合も高まると見ている。同連盟は2014年に2.6%水準だった国税収入に占めるたばこ税の割合は、2015年に3.8%に高まったのに続き、今年は4.6%まで上がると見込んだ。同連盟のキム・ソンテク会長は「13兆ウォン台のたばこ税は、昨年の財産税収9兆ウォンよりも多い」とし、「庶民の税負担ばかりが増えるということだ」と話した。

一方、企画財政部が国会に提出した2017年負担金運用総合計画書によると、政府は来年もたばこ販売量が増えると予測した。政府は予測量によってたばこ搬出規模をあらかじめ決めるが、今年の34億6000万箱から来年は36億4700万箱に搬出量を5.4%増やすことにした。たばこ税を引き上げた2015年、たばこの搬出量は31億7000万箱であり、2014年(45億箱)に比べ29.6%減少した後、徐々に回復していると見られる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25120.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
日本では、タバコへの課税は、1876年(明治9年)1月に煙草従価印紙税法が施行され、印紙の貼付という方法で煙草税が課せられたことに始まる。日清戦争後に財政収入を増やすために、煙草税則が改められ、1898年(明治31年)1月葉煙草専売法が実施され、葉タバコの専売制を開始した。その後、日露戦争の戦費調達のために1904年(明治37年)に収納から製造販売および葉煙草ならびに製品の輸入移入に至るまでことごとく専売の対象を広げた。

たばこ専売の開始以来、大蔵省(専売局)が直接経営していたが1949年(昭和24年)6月からは日本専売公社が引き継ぎ「たばこ消費税」となった。その後、1984年(昭和59年)8月に「専売改革関連法」が成立し、あらたに「たばこ事業法」が制定される一方、「たばこ専売法」および「製造たばこ定価法」が廃止された。そして、1985年(昭和60年)4月に日本専売公社を廃止して日本たばこ産業株式会社が発足し、1989年(平成元年)4月1日に消費税法の施行により、「たばこ消費税」が廃止され『たばこ税』という現在の名前に変更された。

しかし、鳩山由紀夫政権では2010年(平成22年)10月のたばこ税増税の目的を、当時の内閣総理大臣・鳩山由紀夫は「健康目的の為に喫煙者を減らす」と記者団に語った事から、いつの間にか「健康目的の懲罰税」の性格を帯びてくるようになってきた。これに対し「たばこ税の元々の目的ではなくなっている」と批判する声が挙がってきており、禁酒法や禁煙法が、過去の歴史で何故失敗したかを考慮しなければならない、としている。

2016年4月の値上げでは税率は変わらず価格が上昇したため、税負担は微少の変化に留まり、税以外の部分が大きく増加。結果として税負担率は減少している。現在ではメビウス1箱を吸うと、そのうち約278円は税金な次第である。ひと箱20本入りならば13本近くは丸ごと税金。「たばこ税の漸次引上げにより税収は漸増」とは単なるイメージの話でしかなく、実際には前世紀末から、たばこ販売によるたばこ税の税収は2兆円強のままでほぼ横並びとなっている。むしろたばこ消費量の減退により、2008年度あたりから税収も漸減。2010年度以降は2010年10月のたばこ税大幅引き上げにより、どうにか息を吹き返し、2兆円切れの懸念を振り払った形となっている。ただし2011年度をピークに再び税収は漸減となっている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月08日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
30年前はヘビースモーカー
私は1日に2箱を空けるほどの喫煙家でしたが、健康を理由にやめました。15年ほど前、私同様大変なヘビースモーカーだった友人2人は値上げが理由に止めてます。やっぱりたばこを吸う者にとって健康とお金は気になるものです。
統計的に見ると、たばこと肺癌、たばこの値上げと喫煙率の低下には明らかに相関関係があります。ヨーロッパの国々を見ると日本のたばこはまだ値上げの余地があり、さらにたばこによる健康被害での社会負担を考えても値上げは致し方ないように思う。
とはいえ、たばこを吸う吸わないは個人の自由です。ただ、道端に落ちている吸殻を見ると喫煙家のマナー違反にむかつくのも事実。自分がたばこを吸わないので、他人の行為に目くじらを向けがちになるようです。
[ 2016/09/08 12:29 ] [ 編集 ]
住宅バブルのようですし…
2016年06月23日
公共料金の上昇率、消費者物価の3倍...これからもっと上がる(JTBC/朝鮮語)
水道代や地下鉄、バス料金といった庶民の生活と密接な「公共サービス物価」が最近急速に挙がっています。全体の消費者物価上昇率の3倍に達しようかという勢いです。
庶民の負担が大きくなっています。
イジョンヨプ記者
[ 2016/09/08 15:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp