韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「史上最強の性能と乗り心地」 現代自の「ホットハッチi30」販売開始

「史上最強の性能と乗り心地」 現代自の「ホットハッチi30」販売開始

現代(ヒョンデ)自動車が準中型ハッチバックモデル「ホットハッチi30」を公式発売した。これまで成功を収めてきた韓国産ハッチバック車は多くないが、現代自は新型i30で、自動車業界のこのような「ジンクス」を破る意気込みだ。現代自は7日、ソウル瑞草区盤浦洞(ソチョグ・バンポドン)ガビッ島で、ホットハッチi30の発売イベントを開き、8日から販売に突入する。欧州など全世界で同時発売された新型i30は、下半期の現代自の成否を決めるモデルの一つといえる。

後部座席とトランクの空間とがつながっているハッチバックは、これまで、韓国内ではあまり人気がなかった。i30旧型モデルは昨年、国内で3290台余りが売れた。今年7月までの販売台数(1029台)は、昨年同期に比べ半分ほどだ。もう一つの韓国産ハッチバックである韓国GMのシボレークルーズハッチバックや起亜(キア)自動車のK3ユーロなども販売が振るわなかった。韓国で成功を収めたハッチバックは、フォルクスワーゲンのゴルフくらいしかない。しかし、ゴルフの成功は、ハッチバックだからではなく、安価なドイツ輸入車だからであるという分析が多い。自動車業界の関係者は、「欧州は道路幅が狭く、実用性を重視しているので、車両幅が狭く、荷物を載せるのが容易なハッチバックが昔から愛されてきた」とし、「一方、韓国は中型セダン中心に市場が成長し、実用性よりは乗り心地やデザイン、大きさを重視してきた」と話した。

現代自は、「ハッチバックの成功」のために、新型i30の性能やデザイン共に大幅に向上させた。ターボエンジンやデュアルクラッチ変速機(DCT)の組み合わせで走行性能を強化し、スマート後方側方警報システム(BSD)、スマートフォン無線充電システムなど、先端技術を適用した。韓国陶磁器の曲線からインスピレーションを得たという「カスケイディンググリル」は、あたかも溶鉱炉から溶け落ちる溶銑を連想させる。現代自は今後、全ての車種にカスケイディンググリルを拡大適用する計画だ。


スポンサードリンク


現代自の郭鎭(クァク・ジン)副社長は、「高性能、高効率のパワートレイン、安定的な乗り心地など、史上最強の基本技を備えた車だ」と主張した。価格は、ガソリン1.4ターボが2010万~2435万ウォン(テューナーパッケージ適用時は1910万ウォンから)、ガソリン1.6ターボは225万~2515万ウォン、ディーゼル1.6は2190万~2615万ウォン。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/738547/1

【管理人 補足記事&コメント】
1997年のアジア通貨危機以前、韓国には5グループ・9社の自動車メーカーがあったが、その後2000年に三星自動車がフランスのルノーに、2010年には双竜自動車がインドのマヒンドラ&マヒンドラ、2002年に大宇自動車がアメリカのGM(2011年3月に韓国GMに変更)にそれぞれ買収されるなどし、韓国資本の四輪車メーカーは現在、現代自動車と同社傘下の起亜自動車の1グループ・2社のみである。

韓国における自動車生産は1955年、米軍から払い下げられた中古軍用車の部品を流用して製作されたジープ型乗用車「始発(시발、シバル)」(1962年まで製造)が初めてであるが、本格的な自動車生産は、日産自動車と技術提携したセナラ自動車が、日産・ブルーバードのノックダウン生産を開始した1962年8月以降といえる。1988年に自動車の輸入が自由化されるまでは日米欧メーカーのモデルをノックダウン生産するケースが非常に多かった。

近年は各メーカーとも欧州からデザイナーを招へいした結果、デザイン力とクオリティについてはかつて隔世の感があった日本車勢をも脅かすほど大幅に向上。同時に、メカニズム面においても直噴エンジンやハイブリッドカー、多段式ATの投入などにより、過去のネガティブなイメージはかなり払拭されている。とはいえアメリカそして中国で大苦戦を強いられているわけで、基本は人技術で、日本部品も多数あるだろうから、何ともいいがたいのだが…。。。

デザインや燃費性能テストも、プリウスと一緒に走行評価しているところを撮影されているが、元が日本技術でデザインは海外からヘッドハンティングしても結局売れなかったわけで、無駄な投資に終わったようだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月08日 11:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp