韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  原油安でハイブリッド直撃…トヨタ・プリウス、米国販売量26%急減

原油安でハイブリッド直撃…トヨタ・プリウス、米国販売量26%急減

日本トヨタのハイブリッドカー「プリウス」が原油安で米国の販売量が急減した。ハイブリッドカーは低速走行時には電気モーター、高速走行時にはエンジンを交互に切り替えながら燃費効率を最大化させた車だ。

6日(現地時間)、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はことしに入って8月までプリウスの米国販売台数が昨年同期と比較して26%急減したと報じた。プリウスは1990年代末に米国市場に初めてデビューした時、ハリウッド有名俳優で環境保護運動に熱心なレオナルド・ディカプリオ氏の「愛馬」として広く知られた。 カリフォルニア州新車ディーラー協会(CNCDA)のブライアン・マース氏は「原油価格が1ガロン(約3.8リットル)あたり4ドルだった時はプリウスがとても良かったが、今は2.5ドルしかしない」としながら「ガソリン価格が安いのでハイブリッド車に対する消費者の関心は落ざるを得ない」と話した。

ハイブリッドカーは、燃費効率は高いが電気モーター走行とエンジン走行の間の乗車感の落差が激しいという短所がある。モーターとエンジン走行間の違和感のせいで、米国人が原油安経済では乗車感が落ちるハイブリッドカーを進んで選択する理由がないという論理だ。 ところが“ホームグランド”日本では、プリウスはことしに入って8月までの合計販売台数が30万4000台を記録して乗用車部門で1位に入った。

WSJは「日本ではガソリンに税金が多く課されて、1ガロンあたり4.5ドル(1リットルあたり約120円)前後まで上昇し、米国よりはるかに高い」と説明した。トヨタ自動車広報部グローバルコミュニケーション室担当部長の中井久志氏は、エコカーの価値に対する米国と日本消費者の認識の違いを挙げた。


スポンサードリンク


中井氏は「運転を頻繁にする米国の消費者は大型車を好むが、日本ではガソリン価格と関係なくハイブリッド車がよく売れる」と説明した。 トヨタ・ハイブリッド車の世界市場での売り上げは2013年約130万台をピークに減少の一途だ。米国における日産の電気車「リーフ」のことし1~8月の販売量も36%減少した。
http://japanese.joins.com/article/415/220415.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
米国メーカーの8月販売は、GMが前年同月比5.2%減、フォードも8.8%減、FCA US (クライスラー)は当初発表の2.4%減から3.1%増へ修正した。GMは収益の悪いレンタカー向け販売の抑制を続けているが、個人向け販売も8月は前年同月比約5%減となった。フォードは主力車の大型ピックアップ「Fシリーズ」が6.1%減の6万6,946台、SUVの販売もマイナスで乗用車の大幅減をカバーできなかった。FCAはジープ・ブランドが好調で不振な乗用車の販売をカバーして若干ながら販売増となった。

日本車は、トヨタが前年同月比5.0%減、ホンダは3.8%減、日産は6.5%減、スバルは14.7%増、マツダは12.8%減、三菱は11.5%減だった。一方、韓国車は、現代自動車が横ばい、起亜は7.9%減となった。米国VWグループは4.5%減、ディーゼル車排気規制の不正スキャンダルを抱えるVWが9.1%減、アウディが2.5%増だった。アウディは68カ月連続で前年同月比増を更新している。高級車では、レクサスが7.6%減の3万938台で首位、メルセデス・ベンツが0.1%増の2万8,404台で2位、BMWブランドが8.0%減の2万5,531台で3位だった。

1-8月でトヨタ・日産・ホンダで380万台規模である。現代自と起亜自合わせても100万台に届かない。ちなみに現代自は、52万台程度であるから、マツダとスバルを合わせた台数である。日本国内で年間500万台規模を考えれば、アメリカそして中国ではもっと日本車が売れても良いのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月08日 11:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp