韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日系車の安全性、中国人の主張とテストの結果に「矛盾」があるのはなぜ?

日系車の安全性、中国人の主張とテストの結果に「矛盾」があるのはなぜ?

中国では多くの消費者が「自動車は鋼板が分厚ければ安全であり、車重も重ければ重いほうが安全」と誤解している。実際には鋼板が分厚くても自動車事故で車内の人間の命が守られるとは限らないうえ、車重が重ければブレーキを踏んでから停止するまでの制動距離が伸びるため、一概に安全とは言えない。

また、中国では日系車は「鋼板が薄く、車重も軽いため安全性に劣る」という誤解が存在する。それでも、日本車は欧米や日本、中国における衝突安全性能試験で高い評価を得ており、その安全性にはお墨付きを得ており、権威ある機関によるお墨付きと誤解の間でどちらが本当なのかを迷う中国人消費者もいるようだ。 中国メディアの頭条客はこのほど、多くの中国人が「日系車は安全性に劣る」と主張しているが、それでも日系車が衝突安全テストで高い評価を得ているのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載し、多くの中国人が主張している「日系車は安全性に劣る」という内容は誤解であることを訴えている。

記事は、中国では多くの消費者が日系車について「鋼板が薄い」、「剛性のある材質があまり使われていない」、「リーンフォースメントがない」などと主張し、その安全性を疑問視していると紹介する一方、権威ある機関での衝突安全テストでは高評価を得ていることは「矛盾がある」と論じた。 続けて、鋼板について「鉄の板である鋼板は、いくら厚さがあっても衝突のエネルギーを吸収して分散させることはできない」と指摘し、安全性能に重要なのは自動車の構造であり、「鋼板の厚さは無関係」であると指摘した。さらに、自動車の構造も頑丈であればそれで良いというものではなく、衝突のエネルギーを車内に伝えない構造であることが大事だと論じた。


スポンサードリンク


また記事は、多くの中国人が誤解している「車重」についても「安全性とは大きな関係はない」と指摘したほか、日系車は「車重が軽いため、燃費が良い」という中国人の認識についても「誤解」であると指摘。日系車の燃費性能は車重ではなく、あくまでもエンジン性能やエンジンとトランスミッションの最適化によって実現されているものだと指摘している。
http://news.searchina.net/id/1618258?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
フルラップ前面衝突試験
市販の乗用車は、衝突した場合を想定し、乗車中の人のけがを軽減する構造・装置を持っています。これらの安全対策を評価する試験方法は、現実の事故に近いものであること、データの信頼性が高いことなどが求められる。運転席と助手席にダミーを乗せた試験車を、時速55kmでコンクリー卜製の障壁(バリア)に正面衝突させた時に、ダミーの頭部、頚部、胸部、下肢部に受けた衝撃や室内の変形をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価している。

オフセット前面衝突試験 [平成21 年度から新規導入(一部)]
運転席と後部座席にダミーを乗せた試験車を、時速64kmでアルミハニ力ムに運転席側の一部(オーバーラップ率40%)を前面衝突させる。そのときダミーの頭部、頚部、胸部、腹部(後部座席に限る。)、下肢部に受けた衝撃や室内の変形をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価している。 平成20年度まではダミーを運転席及び助手席に乗せて試験を実施していましたが、平成21 年度より助手席に乗せていた男性ダミーを女性ダミーに変更し、後部座席に乗せて「前面衝突後席乗員保護性能評価」を行っている。  

側面衝突試験
自動車の衝突事故における乗員傷害のうち、前面衝突に続き傷害程度の大きな衝突形態として側面衝突がある。原則、運転席にダミーを乗せた静止状態の試験車の運転席側に、質量950kgの台車を時速55kmで衝突させる。そのときダミーの頭部、胸部、腹部、腰部に受けた衝撃をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価している。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html

最近ではハイブリッドや電気自動車などの場合、感電評価も実施しているという。車の設計はデザインに優れているだけでなく、衝突時の衝撃分散などなどで、クッション性とともに中の人間を守る事が設計レベルを変えてきたわけで、次第に軽くさらに丈夫な素材なども用いられるだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月08日 13:30 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
高張力鋼板
日本製あるいは日系の高張力鋼板へのやっかみでしょう。
[ 2016/09/08 14:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp