韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「日帝が植えた木」も「日本原産の木」も切り倒せと盛り上がる韓国

「日帝が植えた木」も「日本原産の木」も切り倒せと盛り上がる韓国

朝鮮半島の山は禿山(はげやま)ばかりだ、と思っている日本人は少なくない。ソウルだけ見ていると、そう思い込むかもしれないが、地方に行けば森林の密度は低くても、樹木に覆われた山はいくらでもある。日本統治時代に、日本人が中心となって熱心に植林をした結果だ。

ところが、韓国ではいま、「日帝が植えた木だから伐採しろ」だけではなく、「日本原産の樹種だから、引っこ抜いて別の木に植え替えよう」といった動きがあちこちで出てきている。 「半島に禿山が多いのは日帝の乱伐による」とは、韓国人と日本の日教組の“常識”だが、二重の誤認がある。韓国の森林面積率は63・5%(日本は68・2%)であり、中国の21・2%とは比べものにならないほど高い。

韓国の国立山林科学院は2009年、朝鮮総督府が1910年に作成した『朝鮮林野分布図』を分析した結果、(1)当時の森林面積は71%(筆者注=北部の森林面積率が圧倒的に高いため)(2)しかし、林木蓄積量は1ヘクタール当たり17立方メートルで、現在の韓国の同103立方メートルの16・5%水準に過ぎなかった-と報告している(聯合ニュース韓国語サイト、09年9月10日)。

1910年とは、日本統治が始まった年だ。その時点で、半島は地目(ちもく)としての森林面積の比率は高くても、その森林地域はすでに透け透けの状態だった。そのため災害が多発する。だから朝鮮総督府は植林に熱心に取り組んだ。「日帝の乱伐」とは“捏造加嘘”の極みなのだ。 総督府が植えた樹種の1つが、日本原産のカラマツだった。朝鮮半島に気候が似た北海道でもよく育ったからだ。


スポンサードリンク


朴正煕(パク・チョンヒ)政権下の緑化推進事業で、江原道(カンウォンド)・太白(テベク)山の進入路一帯と傾斜地にカラマツが植えられたのも、日本時代の経験があり、かつ苗木の調達が容易だったからだろう。太白山一帯の70平方キロは先月、国立公園に指定された。すると、国立公園事務所は「国立公園の地位に日本産樹木は合わない」として、カラマツの伐採方針を打ち出した。同国立公園内のカラマツは50万本。全樹種のうち11・7%を占め、直径1メートル近くに育っているという。

伐採方針をスクープしたソウル新聞(16年8月25日)は伐採に批判的で、「日本が原産なので木を伐採すべきだというなら、国内の大部分の山にある木を全部伐採しなければならないだろう」とする、専門家の談話を載せている。しかし、同様の動きは各地で起きている。 蔚山(ウルサン)市の大王巌(テワンアム)は見事な松林で有名だが、地元の反日グループは「日帝が軍事施設を隠すために植えたのだから、切り倒せ」と主張している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160907/frn1609071550009-n1.htm

【管理人コメント】
ソウルと大田(テジョン)市の国立顕忠院でも、反日グループがカイヅカイブキ、ノムラモミジ、サワラ、ホオノキなど、日本原産の15種1万8600本を国産樹種に植え替えて「“植物主権”を守れ」と叫んでいるのならば、しっかり税金をかけて実施すればよいのではないか…。

植えた樹木を利用する事を考えない反日の国にである。
まぁ~莫大な金を使って、自国崩壊を早めるだけだが…



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月08日 19:12 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(4)
国内問題
 好きに切り倒せば良いのでは、日本は一切関知しませんから!戦時売春問題も10億円(日本国民の血税)を韓国に渡したのだから後は韓国国内問題です!
[ 2016/09/08 19:30 ] [ 編集 ]
日本全体の8割にもなるソメイヨシノ(染井吉野)は、エドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)の交配種で、種では増やすことが出来ず、接ぎ木で増やします。 これが全世界でもてはやされると韓国は例によって起源を主張し、現在韓国内で大増殖中とか?   日本で交配によって作り出された種類だから、全て伐採し、代わりに韓国起源の王桜を韓国内に増殖して世界中に自慢してください。 それで韓国人も日本人もスッキリする。
[ 2016/09/08 20:23 ] [ 編集 ]
坊主憎けりゃ..
明日は見ない、 救いようがないようです。
[ 2016/09/08 20:44 ] [ 編集 ]
サクランボ
sekiさんが言われているように、ソメイヨシノは中間雑種で種ができず、接ぎ木で増やすしかありません。日本の桜のほとんどは、ポトマック川の桜もソメイヨシノであり、サクランボができないのです。
韓国人は在来種の王桜が日本にわたりソメイヨシノになったと主張してますが、王桜であるなら花見が終わった後にサクランボができ、木の周りにはたくさんの若木が育っているはず。またソメイヨシノと王桜では花の形を見ても違い、素人にも判別できるのです。この程度の洞察も考慮もできない韓国人はなんとも頭が足りない人種だとわかります。

日本にも様々な外来種が入り、アカシヤやプラタナス、トウカエデなど街路樹などに活用され親しまれている。中には生態系を乱すほどはびこって除去の対象になったものもありますが、外来種だからいけないという考えは日本人も諸外国人も持ち合わせていない。どこの国由来の動植物であれ、生活に役立つなら利用するのが当然の考えでしょう。野菜、果物、様々な花々、庭木、さらに米や麦などの穀物は昔から人類が各地から移動し定住するたびに、増やしてきたものばかりです。その土地の植物だけでは人間は暮らしていけなかった。

こんなことも理解できないのが韓国人だ。
[ 2016/09/09 07:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp