韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  広がる韓進ショック 現代商船にも暗雲 韓国海運まるごと沈没恐れる声も…

広がる韓進ショック 現代商船にも暗雲 韓国海運まるごと沈没恐れる声も…

韓国の海運最大手、韓進(ハンジン)海運が経営破綻したばかりだが、2位の現代(ヒュンダイ)商船にも暗雲が立ちこめている。海運不況で赤字が続いており、このままでは来年上半期以降にも運転資金が枯渇する-と報じる韓国メディアもある。 韓進の破綻で物流が混乱するなか、現代商船は代替のコンテナ船を投入。韓国政府は現代商船に韓進の優良資産を買い取らせ、営業網を統合する計画を立てるなど、現代商船は韓進の救済役のような形で浮上している。

しかし、当初、経営の先行きが心配されていたのは現代商船の方だった。 かつて韓国最大だった現代財閥は、現代自動車や現代重工業などが飛び出して分裂した。現代財閥を継いでいた創業家の五男は、北朝鮮への資金送金疑惑が浮上して自殺し、妻の玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)氏(61)が後継会長に就いていた。

その後、主力企業の現代商船が2014年12月期に2350億ウォン(約218億円)、15年12月期には2535億ウォン(約236億円)の連結営業赤字を計上するなど業績が悪化した。柳一鎬(ユ・イルホ)副首相に「一番心配な会社」と名指しされた同社は、同じグループの現代証券の株式を売却するなどして1兆2000億ウォン(約1117億円)の資金を捻出、玄会長ら大株主が保有株の減資に応じるなどした結果、6月に政府系金融機関など債権団の管理下に入り、破綻を回避した。


スポンサードリンク


ただ、金融監督院が8月に発表した大企業の信用リスク評価でも、韓進海運と現代商船は、抜本的な再建計画や法的整理を要する大企業32社のリスト入り。両社とも経営正常化を推進すべきだとする「C評価」で並んでいた。 今年に入っても1~6月の半期で4169億ウォン(約388億円)の営業損失を計上、手持ち資金も1兆2000億ウォンから、7000億ウォン(約651億円)の水準まで急減したという。

朝鮮日報によると、18年まで2年間の損失は1兆5000億ウォン(約1396億円)を超えると推定され、同紙は「来年上半期以降、運転資金が不足すると予想される」と報じた。同紙は「韓進海運に続き、現代商船まで破綻すれば、世界6位の韓国海運業がまるごと崩壊しかねない」とする専門家の声も紹介したが、こうした危惧は現実のものとなるのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160909/frn1609091850008-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
レコードチャイナでは2013年12月17日、中国水運網によると、韓国海運業界の大手3社がかつてないほどの苦境に陥っている。3年連続で赤字を記録する見込みだと報じている。 08年の金融危機に端を発した海上運賃の低迷に伴い、世界の海運業界では不況が続いている。韓国の3大海運企業である韓進海運、現代商船、STXパンオーシャンもかつてないほどの苦境に陥っている。

業界関係者の推計では、3社は今年、年間を通じて赤字となる見通しで、これによって3年連続の赤字を記録することになるという。今年6月末現在の3社の損失は合計1兆5000億ウォン(約1500億円)に達している。さらに、14年には1兆4000億ウォン(約1400億円)、15年には1兆6000億ウォン(約1600億円)の償還期を迎えるとした。 韓国新栄証券のアナリストは、中国経済が減速し、欧米の個人消費も低迷を続けているため、韓国の海運企業の収益が短期間に回復する可能性は低いとした。

結局通貨危機時からの構造改革失敗事例である。財閥グループとはいえ破綻すると分かれば協力はしないのが財閥だ。低迷程度ならば協力的な側面があるとはいえ、財閥間の争いは厳しいはず~。今年或は来年通貨危機を迎える周期というのは、韓国経済の維持周期と考えればよいわけで、技術横並びとなった製造業に加えて、為替の影響をいち早く受ける造船業関連は終わりを迎えるという事だ。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月10日 13:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ここでもインフラの欠陥
日本は炭鉱争議に始まり、山一証券への支援、そして銀行船団の整理を経験して、企業の倒産、再生への機構が整備された。国鉄民営化、住専処理などにも多大な税金をかけた。失敗も多かったが企業倒産による社会への影響を少なくするノウハウを積んできた。
韓国の海運業の他にも造船業、建設業などにゾンビ企業が多数ある。今、韓国は日本のバブル後の企業倒産ラッシュを迎えようとしている。ただ、日本がすでに企業再建整備に適した人材がいたのに対し、今度の件で韓国に人材がいないことが分かった。いうなれば整理再生のプロがいない、インフラが整ってない。これから大企業倒産が次々に襲ってくると予想されるときに、韓国のこのありさまは何十年に一度の見となる。
[ 2016/09/10 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp