韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、ギャラクシーノート7の使用中止を勧める

サムスン電子、ギャラクシーノート7の使用中止を勧める

サムスン電子が10日、韓国国内のギャラクシーノート7のユーザーに使用の中止を勧めた。リコール決定に続き、使用中止の勧めまで出たことで、ギャラクシーノート7ユーザーの被害が拡大している。

サムスン電子はこの日、同社のホームページ内にあるインターネットニュースルームを通じて「ギャラクシーノート7を使用されている韓国の消費者の皆様に、使用を中止して、お近くのサムスンサービスセンターで必要な措置を受けられることをお勧めします」と発表した。サムスン電子はサービスセンターと売店で貸出フォンを提供し、消費者のノート7を9月19日から新しいバッテリーが搭載されたギャラクシーノート7に交換する予定だ。 これに先立ち米国の消費者安全委員会(CPSC)は9月9日(現地時間)、「ギャラクシーノート7の電源を切り、使わないことを勧告する」と公式発表した。前日の8日には米連邦空港庁(FAA)が「飛行機内ではギャラクシーノート7の電源を切り、充電したり使ったりしないこと」を勧告した。

サムスン電子関係者は「リコール決定後にもノート7の燃焼が続いており、消費者が(交換できる)19日以前に最大限の検査を受け、安全にスマートフォンを使えるようメーカーの立場で先制的に下した決定」と説明した。サムスン電子側は週末にもサービスセンターを営業し、使用中止勧告にともなう貸出フォンの提供を続けると明らかにした。交換ではなく払い戻し、または他のスマートフォンモデルへの交換も可能だ。


スポンサードリンク


一方、すでにギャラクシーノート7を購入し使っている消費者の混乱はますます拡大している。メーカーが公式に使用中止勧告を下し、サービスセンターを訪ね、貸出フォンに替えた後、再び19日から始まる交換プログラムのためにサービスセンターを訪ねるという二重の不便を甘受しなければならないためだ。サムスン電子側は、新製品に交換する他の個別的な補償については検討していないとしている。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25149.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の電池異常問題が、日本の素材産業へ波及している。問題のリチウムイオン二次電池を製造したとされる同サムスンSDIに、日本メーカーもセパレーター(絶縁材)を供給しているからだ。異常発熱を防止する役割のセパレーターが機能せず、事故原因となった可能性がある。リコール関連費用は最大2兆ウォン(約1850億円)とも言われ、損害賠償を含めた今後の行方を関係者は固唾(かたず)をのんで見守っている。

世界最大手のサムスンSDIにセパレーターを供給しているのは韓国SKイノベーションや旭化成、東レ、帝人と見られる。ただ、旭化成は「現時点で納入している電池メーカーから本件に関して事実確認などの照会はない」と語った。 帝人は「今回の件で我々の製品は納めていない」と述べた。東レは「当社の製品が使われていたかどうかを含めて見解は話せない」と言うにとどめた。一方で、事故原因がセパレーター以外の可能性は残る。今回のスマホは急速充電の新機能が付いており、それが電池に負荷をかけたとの見方も出ている。

バッテリーセルに問題があるとしたわけで、負荷によってショート状態となるのは絶縁の役割を果たす素材と言うと、一部のメーカーと言うのは考えにくいが…・。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月11日 09:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
25ドル
米国では交換に来店した顧客には25ドルのギフトカードを進呈。
ここでも米国消費者優遇。

Exchange Program Galaxy Note7
http://www.samsung.com/us/note7exchange/
[ 2016/09/11 10:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp