韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国最高峰のスーパーコンピューター、性能は中国の2.6%

韓国最高峰のスーパーコンピューター、性能は中国の2.6%

現在韓国で最も性能が優れている気象庁のスーパーコンピューター(スパコン)が世界一とされる中国のスパコンと比べると、性能が2.6%にすぎないことが分かった。

与党セヌリ党の金聖泰(キム・ソンテ)議員がスパコン評価機関「トップ500スーパーコム」と韓国科学技術情報研究院などを通じて確認した結果、現在韓国気象庁が使用しているスパコン「ミリ」と「ヌリ」の性能は2.4ペタフロップス(PF)で、世界ランキング(今年6月現在)で36位、37位だった。 スパコンの性能指標となる1PFは1秒に浮動小数点数演算を1000兆回処理する能力を示す。気象庁が昨年500億ウォン以上をかけて導入したミリとヌリは現在韓国が保有するスパコンで最高性能だ。

一方、世界1位と評価された中国のスパコン「神威太湖之光」の性能は93PFに達する。スパコンの保有台数も韓国が7台なのに対し、中国(168台)、米国(165台)、日本(29台)、ドイツ(26台)に大差を付けられている。

金議員は「韓国政府は2025年までに30PF以上のスパコン開発計画を発表しているが、他国の発展速度を考えると、政府が目標を達成してもなお後れを取る可能性がある」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/08/2016090800695.html?ent_rank_news


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
コンピュータシミュレーションの分かりやすい例が、自動車の開発・設計だ。自動車の開発では、もし衝突事故を起こした場合でも、乗車する人のダメージを最小限に抑えるために、どのような設計が最も良いかを見つけ出すことが求められる。

実際に自動車を衝突させて試験し、解析することはもちろん有効だが、必要な情報を得ようとすると、様々な条件のもとで衝突試験を繰り返し行う必要がある。これでは、何台もの自動車を準備する必要があるため、大きなコストがかかる。また、実際に人を乗車させて試験を行うわけにはいかないため、衝突事故の際に、ダミー人形を使って試験していたとしても、本当のところ乗車する人がどの程度のダメージを受けるかを正確に知るのは非常に難しいのです。しかし、高精度なコンピュータシミュレーションが可能になれば、今まで知ることが難しかった情報についても手に入れることができるようになり、その結果、より安全な自動車の設計・開発が可能となる。

スーパーコンピュータ「京」は、10ペタフロップスの計算速度を達成しました。10ペタフロップスの計算速度とは、いったいどのくらいの速さなのか…。10ペタとは、1の後ろに0が16個も続く途方もなく大きな数となる。この数字は、漢字による数の数え方で「1京」です。じつはスーパーコンピュータ「京(けい)」は、この10ペタを表す「1京」にちなんで名付けられている。1京回の計算というと、地球上の全人口70億人が電卓を持って集まり、全員が24時間不眠不休で1秒間に1回のペースで計算を続け、約17日間かけてようやく終わる勘定だ。「京」は、これをたった1秒でやってのけることになる。

CPUとはコンピュータの心臓部分だが、私たち人間が、心臓だけでは活動できないのと同様に、「京」もCPUだけで大規模計算を高速に行うことはできない。大規模計算では、色々な計算処理を行い、その計算結果を使用したさらなる計算処理が繰り返し発生するため、CPU間のデータ通信が重要になる。CPUは8万個以上あるので、膨大な量のデータを効率よく交通整理して通信するネットワークが必要となる。「京」は、CPU8万個以上、ケーブル20万本以上、というように、膨大な数の部品からできている。そのため「故障しにくい」「一部故障してもシステム全体は稼働し続ける」「故障個所はシステム稼働中に交換できる」ことが重要となる。

日本の高い技術でもあるわけで、韓国がスパコン云々と比較されては困る。また気象予報が当たらないからスパコンの責任にしている実態もあるが…、スパコンに与える情報のほうが重要だろう。そもそも考え方が違うのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月11日 10:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(5)
世界1位と評価された中国のスパコン「神威太湖之光」の性能は93PFに達する.
それに対して、現在の韓国スパコンは2.4PFと性能で2.6%しかないとのこと。 これでは韓国気象庁の発表する台風予想進路が米国や日本の予想と異なっていても不思議ではない。 妙に納得した次第です。
なぜプライドのみ非常に高い韓国人が黙っているのか理解できない?

更にこの手の最新悦スパコン性能順位は半年で変わるほどの開発競争であり、それを「韓国政府は2025年までに30PF以上のスパコン開発計画を発表している」と、日本でいえば蓮ぽう氏みたいなことを言っている韓国議員の指摘も 9年後開発目標としてはあまりにも低すぎないか?  

蓮ぽう氏の 2位では駄目ですかのレベルじゃない!。 2020年でも遅い気がする・・・
 
[ 2016/09/11 12:04 ] [ 編集 ]
南鮮も大変ですなぁ~
平昌五輪やって、 月ロケット飛ばして、 国産戦闘機コサえて、 今度はスパコンですか?

神威太湖之光のも、 現実には物の役に立たないと言う話しですが、 それを含んで160台も有れば、 ちったあ何かやれるのカナ?

キャッシュが異常に少ないから、 データ主体のプロセスには向かないとか読みましたが、 とにかく支那も既に開発は始めてるわけです、 そういう意味では南鮮より先見性があるのカナ?

今更、 中身の部品から、 全体のアーキテクチャをコサえるのは容易じゃ無いと思いますがね、 時間も金も無さそうだし。

「京」 を買った方が良くない?

いずれにしてもワテクシは ド素人だから、ここから先は...

田中様、出番で御座います。
[ 2016/09/11 15:12 ] [ 編集 ]
韓国なんて
スパコンには2つ開発方法あり、①米国製のCPU、GPUを買って作る方法と②すべて自前という方法があります。①は日米以外がやる方法です。これだと例えば100兆円あれば、フィリピンでもモロッコでも単純に計算速度競うなら世界一位とれます。ですから、これは、金額の問題です。②はいまのところ日本製を上回る性能のパソコンはありません。中国やアメリカのは日本の京よりCPUが多く、GPU積んでるので早いですが、一つのCPUで言うと圧倒的な差です。さらに複雑計算では敵はいません。
システム的に言うと十数年前に、日本が地球シミュレーターでダントツ、圧倒的世界一位をとって以来、今のスパコンはすべてその真似です。日本にはスカラーとベクトルという2種類のCPU作れます。最近ではGPUも作って売っています。
そこで、次の京ですが、これはいままでとは違う方法です。FPGA使います。ですから、概念も今までのパソコンベースのものと違います。もし、これで圧倒的なスパコン作ってしまえば、真似できるのはアメリカのみです(いままでのようにいちゃもんつけてまねというより横取りする?)。その次の世代が量子コンピューターです(これも日米の争い)。
多分韓国は金がないので、いまあるサムスンの技術とアメリカの技術をくみあ合わせてやろうとしているんじゃないですかね?
だって、金あれば、アメリカのコピーで上位いけますからね。まあ、今あるサムスンの技術もアメリカのコピーですが。。。
韓国が日本のスパコンを買う? 実は日本のスパコンはアメリカ製よりも高いので日本製スパコンを買えるのはアメリカのみです。
それから、昨日、テレビでシリコンバレーの話してましたが、結局、あそこに進出して成功した日本のベンチャーは日本で負けたか、日本の技術を売るためかのどちらかで、日本発なんですね。どことは言いませんが、1億円もらった&その道のプロを雇ったとか言ってたベンチャーは約15年前に日本で既に開発されていた技術です。
以上。
[ 2016/09/11 19:29 ] [ 編集 ]
言い忘れました。
富士通のスパコン京は他のスパコンとの一番の違いは、スパコンというのは、CPUがいっぱいあるので、すべてが故障無くうごくことは100%ありえません。そこで、故障したところのデータは正常なところに送って計算するように仕組まれています。だから、あんなに桁違いに少ないCPUでもダントツ性能出せるのです。そんな良いスパコンを韓国に?勘弁してよ〜。まあ、地球スミュレーターだったら売ってやってもいいんじゃないか?でもあれはあれで、今でも複雑計算は京が出る前は一位でしたからね。。。やっぱやめときましょう。韓国に物を渡すのは。。。
[ 2016/09/11 23:50 ] [ 編集 ]
昔、通産省(経産省)が音頭をとって国内ビジネスコンピュータを扱う会社に競合させたプロジェクトがあった。 当時はアメリカしか製造できなかったスーパーコンピューターの自国内製を世界一にするプロジェクトである。 当時 スパコンは軍事秘密に属する扱いで輸出禁止になっていたはず? 原子爆弾の伝搬のシュミレーションするのに必須であったためと聞いたことがある。
この製造会社の社長はAppleのジョップス氏のような天才で名は、たしかクレイという。 常識的にはIBM、 ベル研究所、 NASA等の軍需産業が請け負う事業であるにもかかわらず、それをクレイ氏の卓越した知識、発想、開発力で長らくアメリカのスパコン分野を引っ張った実力は、さすが立身出世の国アメリカと感心したものです。
冒頭の日本の話に戻ります。 通産省の目標値に対応出来たのは富士通のみ(NEC,日立は脱落)であった。国から助成金を受け富士通は無事世界一のスパコンを作り現在にいたる。
 半年ぐらい前の新聞情報で、今まで中国はアメリカ製のCPU(中央演算装置、いわゆる頭脳)を大量に購入し並列接続し性能をあげていたものを、国産CPUに切り替え世界一の性能を誇っているとのことであった。 しかし設置面積も発生する熱も、故障率も尋常ではないそうです。 やはり共産国家のメンツを維持するための事業のようです。

それにしても、台風10号の進路予想はすごかったですね。 東京南方で発生した後、九州方面に移動、沖縄右を南下して180度向きを変え逆走して東京近くまで帰って来てから
北上し、仙台あたりで斜め左上に抜けていくなんて予想できそうもないことをやってみせる日本の気象実力はたいしたものです。 これもスパコン京がフル活動しているんでしょうね。 
一時的な瞬間性能はよいが使い物にならないスパコンより、実務にフル活動している日本のスパコンが最高です。
[ 2016/09/12 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp