韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星、ギャラクシーノート7の使用中止を勧告

三星、ギャラクシーノート7の使用中止を勧告

三星(サムスン)電子は10日前、全世界の「ギャラクシーノート7」の購入者に対して、「製品の電源を消して、急いで新製品に交換してほしい」という内容の声明を発表した。国内には、三星サービスセンターのほか、モバイル通信会社の販売店でもリファービッシュフォンを提供することにするなど、当初のリコール発表時より強化された措置を出した。

8日と9日(現地時間)に、米連邦航空局(FAA)や消費者製品安全委員会(CPSC)がそれぞれ、ギャラクシーノート7の使用禁止を公式に勧告したことによる措置だ。三星電子の幹部社員は11日、「全量リコールを発表した2日以降、追加の欠陥が明らかになったり、別の問題が生じたわけではないが、米政府の措置が強化されたことを受け、ほかの地域への逆差別の議論が出ないよう、改めて使用中止を呼びかける発表をしたのだ」と明らかにした。

当初、三星電子は、すでに消費者が購入して開通したギャラクシーノート7140万台余りに対し、来年3月までに製品を交換するようにした。しかし、国内外からバッテリーの発火とみられる事故が次々と発生したことを受け、消費者らにできるだけ早く交換を呼び変える声明を出したのだ。


スポンサードリンク


国土交通部も10日、航空機の中ではギャラクシーノート7の電源を消して、充電しないことを勧告した。ギャラクシーノート7を手荷物として送ることも禁止した。今回の勧告を受け、乗客がギャラクシーノート7の使用を主張すれば、航空法によって搭乗を拒否したり、運航中に強制に使用を制限することができる。

FAAの発表後、米航空会社だけでなく、タイ航空やシンガポール航空、豪州カンタス航空、台湾中華航空など海外主要航空会社各社も、ギャラクシーノート7の機内での利用を禁じた。欧州航空安全機関(EASA)や日本国土交通省、カナダ交通部、インド民間航空局(DGCA)も、ギャラクシーノート7の機内での使用禁止を航空会社に勧告した。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/740952/1

【管理人コメント】
機内でギャラクシーノート7を使用し、人命に影響すればただでは済まない。さらに言えば、交換した製品も爆発すれば、手の施しようがない。ギャラクシーノート7140万台余りに対し、来年3月までに製品を交換するようにしたというが…、次第に台数が増えている…。そのうちギャラクシー全てとなったら終わりだが…。。。

米国において韓国のSamsung Electronicsが開発したスマートフォン「Samsung Galaxy S7 edge」が爆発したことが分かった。世界各地でSamsung Galaxy Note7の爆発事故による販売停止やリコールが話題となる中、Samsung Galaxy S7 edgeが爆発して利用者が負傷したと伝えられている。爆発したSamsung Galaxy S7 edgeはカラーがBlack Onyx、米国の移動体通信事業者であるVerizon Wireless向けの購入したとのことで、型番(モデル番号)はSM-G935Vとなる。Samsung Galaxy S7 edgeはポケットの中で爆発したと伝えられており、利用者は皮膚移植手術が必要となるほどの火傷を負ったという。
https://www.classaction.com/ 
事実かどうかの確認は必要だが、いたずらを含め、こういう記事が多数で始めるのは確かだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月12日 11:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
品管の頑張りどころ
最悪の展開です。2016年、世界の電子産業で最大の品質事故。
ここが経営と品管の頑張りどころ。
特定の電池工場で作った電池に不良率があると
判明したらしい。それでも出荷全数を回収というのは
3つの可能性が考えられる。

(1)米国市場の処置を世界の統一処置とする圧力を受けた。
(2)サムスンのモバイル製品全体の印象悪化を防ぎたい。
(3)トレーサビリティ(追跡可能性)がない。製造~流通
  過程で、経歴記録をとっていない。なので、製造番号と
  電池製造地の関連付けをとれない。

>ほかの地域への逆差別の議論が出ないよう
となれば、米国だけでなく全地域で $25のキャッシュバックを
せざるをえない。
[ 2016/09/12 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp