韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone7発表、「中国人の腎臓が痛むのは何故」と中国メディア

iPhone7発表、「中国人の腎臓が痛むのは何故」と中国メディア

米アップルがiPhoneの新機種「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」を発表した。同機種はもうすぐ発売となるが、このニュースを喜ばしいと感じる一方で、「腎臓」に痛みを感じる中国人もいるようだ。 中国メディアの和訊は9日、iPhone7およびiPhone 7 Plusの価格と中国人の年収を比較する記事を掲載。

2011年に中国で高校生がiPhoneなどのアップル製品欲しさに腎臓を違法手術で摘出、売却する事件が起きたことを引き合いに、「iPhone7の発売はなぜ中国人の腎臓を痛めるのか」というテーマについて論じている。 記事は、2015年の米ニューヨーク市における平均年収は5万7030ドル(約587万9381円)であったこと、米国では16ギガバイトのiPhone 6は649ドル(約6万6907円)、つまりニューヨーク市民は計算上、年87.87個のiPhone6を買えたことになると説明。

一方、15年の北京市の平均可処分所得は4万8458元(約74万6656円)であり、中国の16ギガバイトのiPhone6は5288元(約8万1479円)もしたため、つまり北京市民は年9.16個のiPhone 6しか買えなかったと説明、「もしiPhone 6で給料が支給されたとすれば、米国の年収は中国の9.59倍」だと指摘。中国の平均年収は米国と比べてかなり低いため、iPhoneを買うには飲食を控えるなど「相当の努力」が必要であるという見方を示した。


スポンサードリンク


中国人がiPhoneを買うには「相当の努力」が必要だとしても、臓器を売却するようなことがあってはならないことは明白だ。中国でもiPhone欲しさに臓器を売却するという愚かな行為とそれが招いた最悪の結果は大々的に報道されたが、中国では今なおiPhoneが高いブランド力で人気を得ている。iPhone 7欲しさに自分の臓器を摘出して売却する中国人は再び現れるのだろうか。
http://news.searchina.net/id/1618546?page=1

【管理人コメント】
噂には上がっていたが、3.5mmイヤホン端子(いわゆる普通のイヤホン端子)が廃止され、Lightningコネクタを充電・データ転送と共用するようになった。これは自分のイヤホンやヘッドホンを持っていて、それをiPhoneに繋いで音楽や動画を楽しんでいたユーザにとっては深刻だ。製品同梱のイヤホンはLightning端子対応だが、手持ちのイヤホンなどを接続するには同梱されている変換プラグが必要となる。しかし、充電しながら音楽を聴くことは現状では不可能だ。

音楽は自分のお気に入りのイヤホンなどで聞きたいというユーザにとってはあまり愉快な話ではない。そのようなユーザーがiPhoneで音楽を聴くのかという根本的な好みの問題もあるが、気軽に音楽を聴くためにスマートフォンを使っているのであれば、変換プラグが必須となる状況は本末転倒である。

5sから6になった際にフラットだったカメラ部分が数ミリ出っ張っただけで批判となった。今回もカメラの出っ張りに関しての改善はされていない。特に7plusに関しては大きく変わってしまったため、デザインユーザには受け入れがたいだろう。何にしても良い話は今回なさそうだ~。今回の買い替えはスルーするのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月12日 19:47 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp