韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  窮地を脱した日本の老舗に、中国の老舗企業は何を学ぶべきなのか

窮地を脱した日本の老舗に、中国の老舗企業は何を学ぶべきなのか

日本には創業100年以上の歴史を持つ老舗企業が数多く存在する。これらの企業は時代の流れや政治、経済体制の変化に伴って窮地に追いやられたり、変革を余儀なくされたりしながらも、それを乗り越えて今日まで生き延びてきた。一方、中国では近頃、このような老舗企業が少ないことについての議論が起きている。

中国メディア・新民網は12日「国外の老舗レストランは、どうやって100年の歳月を歩んできたのか」とする記事を掲載した。記事は、歴史的背景や生存環境が異なるものの「その経験は中国の老舗が参考にするに値する」としたうえで、その一例として京都のレストラン「八代目儀兵衛」の経緯について紹介している。

記事は、京都で1750年から続く米屋の店主となった橋本隆志氏が、洋食の普及に伴う「米離れ」などの影響による倒産の危機を前に、「様々な料理が研究されているのに、米料理を特色とするレストランがはないのはなぜか」と考え、屋号を「庄屋」から「八代目儀兵衛」に改めて米をテーマにした料理のレストランをオープンさせたと説明。自ら田んぼに足を運んだり、それぞれの米にあった料理を提供したりという努力によってあっという間に人気となり、ミシュランにも取り上げられるなど世界的に有名になったとした。

そのうえで、米料理の勃興は日本の米産業全体の復興をけん引することになり、それは「まったくもって1人の若者の米文化に対する熱愛によるものなのだ」と論じた。そして「こだわりや専念する心、イノベーションとの美しき融合が、(中国の)老舗たちに対する啓示だ」と伝えた。


スポンサードリンク


窮地を脱するうえで、時として大胆な変革が必要になることがある。しかし、全く脈絡のない分野への転身はややもすれば無謀であり、失敗する可能性が高くなる。自分の持っている強みを理解したうえで発想を転換し、新たな道を開拓する。それが、「八代目儀兵衛」が中国の老舗企業に与える最大の教えなのかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1618737?page=1

【管理人コメント】
2008年時点で200年以上の歴史を持つ老舗企業は世界41か国で5586社。そのうち日本は3146社(全体の56%)とダントツだ。「世界最古の企業は、578年創業の金剛組。約1500年の歴史を持つ、大阪市にある建設会社です。世界2位の企業は山梨県の旅館・慶雲館。以下、世界の超・老舗企業の上位を日本企業が独占している。日本には創業1000年以上の企業が7社、500年以上が32社、100年以上が5万社以上といわれている。

日本は島国で、他国の支配を受けることがなかったこと、それから日本人の勤勉性があげられます。仕事に手を抜かず、一途に打ち込む国民性。『暖簾に磨きをかける』と言いますが、社風・ブランド・商品・社員を育て、それをいい状態で次の世代に渡すことが美徳とされてきた。長寿企業に共通しているのは、『家訓』や『理念』がしっかりと受け継がれているということ。そして、後継者を育てることを大事にしてきたからこそ何代も続くことができた理由と言える。

しかし最近は、日本の企業もどんどん生まれては消えている。『日経新聞』が1996年に新設法人8万社の存続率を調査したところ、1年後には60%に、10年後には5%との結果が出た。10年続いた会社は、20社に1社しかなかったのだ。これら多くの会社が続かなかった理由を精査すると、やはり『確固たる理念がなかった』というところに行き着きます。今後ますます、老舗企業の“持続可能な経営”の秘密を学ぶべき必要性が出てくるのでは…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月14日 13:28 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
拝金主義だから無理なんじゃないですか?
かつての支那ならどうだか分かりませんが、 共産化した現在は無理だと思います。

古い価値観は徹底的に否定して来たから共産化したんだと思いますから。

それに、 南鮮もそうですが、 権銭交換が罷り通る国です。 意地だ伝統だなんて言ってたら足元すくわれちゃう、 結局、 文化ポテンシャルの違いなんだと思います。
[ 2016/09/14 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp