韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、意思決定がさらに速く…下半期に17兆ウォン以上の超大型投資

サムスン電子、意思決定がさらに速く…下半期に17兆ウォン以上の超大型投資

李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が取締役のサムスン電子が攻撃的な投資をする。今年下半期に半期基準では最大規模の17兆ウォン(約1兆5500億円)以上を投資する計画だ。来年もこうした基調を続けるという。3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー、OLED(有機発光ダイオード)ディスプレーパネルなど需要が急増している先端部品で競合他社との差を確実につけるためだ。これら部品はそれ自体が主力品目となる。別の主力製品のスマートフォンやテレビに供給し、競争力を高めることができる要素だ。

サムスン電子の取締役会は12日、「変化が激しい情報技術(IT)の事業環境のもと、未来の成長のための果敢かつ迅速な投資、核心競争力強化のための事業再編、企業文化の革新などが持続しなければいけない状況で、李副会長の取締役選任と公式的な経営参加をこれ以上先延ばしできないという意見をまとめた」とし、李副会長の取締役推薦理由を明らかにした。

大規模な投資が必要な半導体やディスプレーは「タイミング産業」だ。先に技術を開発して量産すれば大きな利益が生じる。その代わり少しでも遅れれば赤字が避けられない。サムスン電子がメモリー半導体1位になったのは、最適な投資時期を逃さず積極的な投資をして競合他社に差をつけたからだ。超大型投資には責任を負うオーナーの決定が必須となる。李副会長は2010年以降、最高運営責任者(COO)として幅広く経験を積み、2014年からは李健熙(イ・ゴンヒ)会長の空白を埋めて実績反騰、事業再編など順調に進めてきたというのが取締役会の判断だ。

サムスン電子は今年26兆ウォン以上を設備投資に投入すると明らかにした状況だ。サムスン電子のイ・ミョンジン専務は7月、「今年の投資額は昨年(25兆5200億ウォン)より小幅増加すると予想している」とし「3次元NANDとOLEDの需要が大幅増加すると予想され、今年はここに投資を集中する」と述べた。


スポンサードリンク


今年上半期の投資は前年同期(13兆1600億ウォン)より少ない8兆8000億ウォンだったが、下半期には17兆ウォン以上を投資する。投資は3次元NANDとOLEDに集中する。 サムスン電子は京畿華城(ファソン)の半導体16ラインの一部を3次元NAND用に転換中であるのに続き、17ラインの第2段階工場にも3次元NANDラインを構築している。近く装備を搬入して年末に稼働する計画だ。また、年末に建物が完工する平沢(ピョンテク)工場(第1段階で月10万枚規模)でも3次元NANDを生産することにした。来年下半期に稼働に入る。他社より1、2年ほど技術が進んでいる3次元NANDに莫大な投資をし、東芝・マイクロンなどライバル企業だけでなく、新たに市場に参入したインテルや中国XMCなども牽制する。

サムスンディスプレーは中小型OLEDパネルの増産に10兆ウォン以上を投資している。サムスン電子にOLEDパネルを供給してきた同社は今年初め、アップルと来年発売されるアイフォン用OLEDパネルを納品する契約を結んだ。その間、第5.5世代A2ラインで月15万枚(フレキシブル含む)、第6世代A3ラインで月1万5000枚規模を生産してきたが、アップルとの供給契約のため似た規模の増産が必要だった。現在、月6万-7万5000枚規模の設備を増設中だ。来年も似た規模の投資を計画している。現代証券は投資規模が来年まで15兆ウォンにのぼると見込んでいる。
http://japanese.joins.com/article/662/220662.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
先に技術を開発して量産すれば大きな利益が生じる。その代わり少しでも遅れれば赤字が避けられない。数年前にサムスンの決定はなぜ速いとかいう著書が良く売れたが…。サムスンの構造を知れば、大したことではない。決定は責任と権限を出来るだけ担当レベルに任せるのがISOシステムだが、ISOシステムや教育を知らないサムスンには本来効果は無い。単に企業が大きい分何でも受注が早い事が有利だったのは事実だが、他の企業も事業としての規模は大きくなり、ある程度責任と権限が与えられるようになってきた今、半導体やディスプレーにおいて、特に価格破壊しやすいTV産業などは大量に受注しても利益は出ないわけで、中国に押される事になる。ライセンスを持って、ライセンス契約による利益のほうが得策だが…、サムスンにそれだけの技術は無い…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月14日 13:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
電子デバイスメーカーへの道
競争優位な分野に集中する戦略にいくようだ。
結果として、セット製品を避けて、電デバに集中投資する選択になる。
これは、ビジネスをB2CからB2Bに比重を移す。

NANDフラッシュはまだいけそうだが、液晶は激戦だから、
OLEDに乗り換え作戦。OLEDで液晶を食う。
アップルに採用してもらったから供給責任があるし。

プリンタ事業は売却、激戦のスマホは事故も起こしたし、
厭戦気分でしょうか。
[ 2016/09/14 14:58 ] [ 編集 ]
装置メーカーが儲かるでしょうね
数年前まで半導体の大手装置メーカーにいましたが、これで
前の会社にも大きな発注がいきそうですね。
韓国や中国でも立ち上げやりましたので、懐かしく思い出して
いました。
ちょっと気になって調べてみたのですが、韓国、中国ともに
いまだ大きな装置メーカーはないようですね。
装置自体、高度な技術が必要ですから、まだ無理なのでしょうが。
[ 2016/09/14 15:29 ] [ 編集 ]
そんなこと言ってる場合じゃない!
中国のシャオミのスマホも今月で2件爆発したとのこと。実は中国、韓国ではスマホの爆発は今に始まったことではない!!!
こうなったら、爆発しないのは日本製とiPhoneだけだな。
もう、サムソンは大型投資とかそんなこと言わず、いままで整形決算したことを認めて、商売たたむか、事業縮小するか、そう遠くない日に選択をせまられるだろう。
[ 2016/09/14 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp