韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  6日間でショッピングは3回だけ、日本旅行ツアー同行ルポ

6日間でショッピングは3回だけ、日本旅行ツアー同行ルポ

「日本にはそんな旅行商品はありません」
本紙記者が7月、日本の「マイナスツアー」を体験しようと中国現地の旅行会社に問い合わせたところ、こんな答えが返ってきた。韓国では旅行経費を下回る超安値で外国人客を呼び込み、ショッピングに連れ回して手数料で利益を得る、いわゆるマイナスツアーが珍しくないが、日本にはそれが存在しないというのだ。 記者は代わりに、旅行会社が推薦する4500人民元(約7万円、航空チケット代は除く)の最安値ツアーを選んだ。中国人の団体客に最も人気の「黄金ルート」のツアーで、名古屋や大阪、富士山、東京を5泊6日で回る。

これに先立ち、本紙記者は7月初めに43万ウォン(約4万円)を払い、中国人客と一緒に3泊4日の韓国・済州島ツアーに参加した。航空チケットを除くと、4500人民元の日本旅行商品の1日平均費用は済州島パッケージツアーよりも2万ウォン(約2000円)ほど高い。両商品とも観光ホテルクラスの宿と食事、観光バス、ガイドが付いていたが、実際に体験してみると品質の差は価格差以上に大きかった。日本では6日間のツアーで家電や化粧品を販売するショッピングスポット3カ所を回った。

■時間をかけて富士山観光、ホテルの客室は清潔
7月14日、大阪から車で3時間ほど離れた静岡県の富士山。海抜2400メートルの5合目駐車場に降りた中国人客は、口々に「きれい」「最高」などと叫んだ。小学生の娘と参加したある客は、富士山をバックに娘の写真を撮った。2時間ほどかけて富士山を観光し、夕方には伝統旅館に到着した。6階の屋上には富士山を眺めながら24時間楽しめる温泉があった。宿泊代は1泊10万ウォン(約9000円)台で、朝食と夕食には和食の御膳が出された。床に座るスタイルに慣れていない中国人客は主人の説明を聞き、食後は温泉を楽しんだ。


スポンサードリンク


旅行の初日に訪れた名古屋で泊まったホテルは、1泊5000円ほどだった。客室は広くはなかったが、清潔だった。済州島で泊まった中国人客専用ホテルよりもむしろ1泊あたり1万ウォン(約900円)ほど安かった。ガイドが案内する飲食店はほとんどが創業100年を超えており、鍋料理や丼料理を出した。中国人客が「私たちの中に回族(イスラム教を信じる少数民族)がいる」と言うと、豚肉の代わりに野菜や豆腐を使った料理が出てきた。

■最終日には満足度アンケート
名古屋で会った遼寧省出身の観光ガイド、王旭升氏は中国人客に「本当の日本を知りたければ、まずトイレへ行ってみて」と勧めた。富士山近隣の休憩施設で入ったトイレでは、空いている個室がモニターに表示された。トイレに着替え台や授乳室もあった。 旅行最終日には、バスの中でガイドが満足度アンケートの用紙を配った。空港から出国する直前までショッピングスポットばかりを訪れていた済州島のツアーと一番違う点だ。宿泊施設や食事に満足したかどうか、ガイドがオプションツアーに固執しなかったかどうか、望まないショッピングを強要されなかったかどうかなど、5項目が並んでいた。北京から家族と共に参加したという中国人客は「歴史問題や領土をめぐるあつれきで中日の溝は深いが、公共の場の清潔さや偽商品のない正直な商売に感動した」と語った。

■年間外国人客3000万人を目指す日本
外国人客の誘致実績を見ると、日本は2009年から14年まで6年連続で韓国に負けていた。1000万人の誘致も、韓国が日本より1年早く12年に達成した。だが、日本が03年に観光産業の活性化に向けてスタートさせた「ビジット・ジャパン」キャンペーンが、徐々に成果を出し始めた。ビザ発給要件の緩和、免税対象の拡大、円安などを追い風に、外国人客数はハイペースで増えた。 その結果、15年からは訪日外国人客数が訪韓外国人客数を上回るようになった。昨年の訪日外国人客数は1974万人で過去最高を記録した。日本は20年までに年間訪日客2000万人という目標を事実上、前倒しで達成し、今では3000万人を目標にしている。日本政府観光局の関係者は訪日外国人客が急増した理由について「短期的には円安、長期的には宿泊や偽物のないショッピングなどの観光インフラだとみている」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/12/2016091201837.html

【管理人コメント】
何かと爆買ばかりが目立つ中国人観光客だが、経済低迷や日本観光の本来の姿に形を見い出してきたようで、爆買自体は減少しつつある。モノを購入するだけならば通販でも十分であるし、その後の修理などは中国人にとってマニュアル通りに扱わないのでは、逆に面倒でもある。日本国内の日帰り格安ツアーでもかなりの満足度が得られるだけに、日本が地方再生とともに活性化すれば、ショッピング目当てでなくても、日本は観光旅行の国としても今後伸びるのではないか…。もともと観光を重要視してこなかっただけにインフラを整えるのは時間はかかるが、2020年オリンピックもあるわけで、高い目標が頑張ってほしいものであるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月16日 09:55 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp