韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の自動車工業史に衝撃を与えた、日本製「神エンジン」

中国の自動車工業史に衝撃を与えた、日本製「神エンジン」

中国の自動車業界に関する話題や、日本製品の不買に関する話でしばしば見受けられるのが、「中国製自動車のエンジンは日本製」という言葉だ。そこには、日本の自動車部品技術に対する畏敬、嫉妬、自国メーカーの不甲斐なさといった、中国人の複雑な心境が入り混じっているのだ。

中国メディア・汽車之家は13日、「中国の自動車工業史を変えた日本のエンジン」とする記事を掲載した。記事は「ドイツ人が中国人に自動車の作り方を教え、日本人は中国人にエンジンの作り方を教えた」としたうえで、中国の自動車工業に深い影響を与え、彼らが目標としてきた日本のエンジン10種類をトップ10形式で挙げ、それぞれ説明を加えた。 記事が紹介したのは10位から、スズキF8B、ダイハツTJ376、スズキF10A、トヨタ8A-FE、三菱4G13・4G18、三菱4G63、三菱4G64、トヨタ4Y、三菱4G63S4T・4A91T、そしていすゞの4JB1だ。その多くが、1980年代から90年代にかけて中国国内に入ったものだ。

特に、1位となったいすゞの4JB1は、1985年に中国へと入って以降、約30年にわたって中国国内の小型トラック・バスなどに広く用いられ続けており、中国で「いすゞのエンジン」といえばこのタイプを指すと説明。動力は時代遅れではあるが、数十万キロメートル走っても大きな修理を必要としないなどの評判により、中国国内では「神エンジン」と称されていると伝えた。

中国の自動車メーカーは近年技術力を大きく高めて「ただの劣悪なパクり」の段階を脱しつつある。一方で、完全な「独り立ち」を実現するには、日本メーカーに負けない高品質で高性能なエンジンの開発が欠かせない。中国の自動車愛好者の多くはいつか、中国で開発された高性能エンジンを積んだ中国産自動車が自国市場、さらには世界の市場を席巻する日が来ることを夢見ていることだろう。
http://news.searchina.net/id/1618902?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
2013年現在、中国は世界最大の自動車市場を形成している。 1990年代以降、中国経済の発展に伴い自動車産業は急速に発展してきた。そして2009年には自動車生産台数世界一であった日本を抜いた。この背景には国内市場の需要の拡大がある。2009年には中国国内の登録車数は6200万台であったが、2020年までに2億台を超えると予測されている。

中国の自動車メーカーの特徴として、海外メーカーとの合弁企業が多い事が挙げられる。これは、中国では輸入車に高い関税が課せられるため、中国で販売を伸ばすには現地生産が最も有効な手段なのだが、現地生産を行うには、中国政府の方針により、中国の自動車メーカーとの間で出資比率50:50の合弁企業を設立することが義務付けられている。100以上の自動車メーカーが乱立する中国の市場は、まさに激戦区!トヨタやマツダなどの日本車はもちろん、VWやGMなどの沢山の海外のメーカーも中国に参入している。

中国メーカーが製造する自動車のエンジンはほとんどが日本メーカーである。多くの中国メーカーの自動車が三菱からエンジンの供給を受けている。三菱自動車は、中国に瀋陽航天三菱とハルピン東安三菱の2社の合弁会社があり、中国でエンジンを製造している。 中国の自動車メーカーの多くが三菱エンジンを採用する理由について、中国ブランドには成熟したエンジン製造技術がない事、また三菱エンジンは安定していて燃費が良く、メンテナンスが容易であり、中国で生産しているためコストが安い。

従って、中国で売れ行きが好調な自主ブランド車として、長城汽車の哈弗H2やH6といったSUVは、三菱製のエンジンが搭載されている。中国自主ブランド車が日本のエンジンを搭載するのは各メーカーの技術不足を簡単に解決できるためと言える。さらに言えば他の部品も日本製が多いわけで、日本の部品なしで自社ブランド車はできない。ただ今後はエコ車に特化せざる負えないだろうから、中国政府の対応次第で様相は大きく変化するのではないか…。。。

簡単にするには、都市部では軽自動車にすれば台数が同じならば、現状の大気汚染状態を大きく緩和する事が可能だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月16日 11:08 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp