韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  異例 韓国紙が慰安婦像移転を主張 経済低迷や北の核の脅威が背景

異例 韓国紙が慰安婦像移転を主張 経済低迷や北の核の脅威が背景

ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像について、韓国の有力紙が「移転させるべきだ」と主張する論説委員のコラムを掲載したことが話題となっている。韓国メディアが慰安婦像移転を主張するのは極めて異例だが、北朝鮮の核の脅威や経済低迷が背景にあるようだ。

14日付の東亜日報は「北朝鮮の核危機と少女像移転」と題したコラムを掲載。昨年12月の日韓合意に、慰安婦像の問題の「適切な解決に向けた韓国政府の努力」が盛り込まれ、像設置が公館の「安寧妨害」や「威厳の侵害」を禁じたウィーン条約に抵触していることを指摘した上で、「韓日合意の精神と国際社会の基準に従い、少女像を日本大使館前から移転させ、韓米日の軍事協力を強化する必要がある」と訴えた。

さらにコラムは日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結も訴えた。同協定は李明博(イ・ミョンバク)政権当時、署名直前に韓国側の申し入れで中止となったものだ。「軍事大国の中国がアジアで中華覇権主義で疾走するなか、核兵器もない日本の再武装を憂慮するのは、過去にだけとらわれた見方だ」として韓国内の“日本軍事脅威論”をも戒める内容になっている。

日本からみると当然の内容だが、韓国紙がここまで踏み込むのは異例。北朝鮮がミサイル発射や核実験を重ね、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で中国との蜜月関係も失われつつある。韓進(ハンジン)海運の経営破綻など経済面での懸念も強まるなかで、外交がぶれることの多い朴槿恵(パク・クネ)政権を叱咤する意図もうかがえる。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160915/frn1609151700006-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国の三大紙「東亜日報」のコラムが、韓国で物議を醸している。タイトルは「慰安婦被害者団体が“少女像”を撤去するなら」。昨年12月末に日韓で交わされた慰安婦合意について書かれたもので、チョン・ヨンウ客員論説委員が「少女像を撤去する“道徳的優越性”を見せなければならない」と論じたのだ。 同氏は、日韓慰安婦合意の争点について、「予想できたことだが、核心となる争点は、日本大使館前に建てられた少女像の撤去問題だ」と展開。続けて「今回の合意に満足している国民はいない」としながらも、「合意内容に不満があったとしても、それが去る4年間、韓日関係を破綻寸前にまで追い込んで、より大きな国益を犠牲にしてまで得た最善の結果だ」と論じている。

「被害者関連団体がこれまでで日本に抗議の意思が十分に伝わったと宣言して、自発的に撤去することが、むしろ道徳的優越性を見せる、おおらかで感動的な行動になりえる」と主張したわけで、チョン氏の主張に、韓国の世論は敏感に反応。市民参加型ニュースサイト「OhmyNews」などは「慰安婦被害団体が少女像を撤去? 東亜は一体どこの国の新聞なのか」という露骨な見出しで、「私たちが少女像を進んで撤去したとして、はたして日本が歴史の負の遺産を永遠に背負うだろうか? 日本が心から謝罪して責任を負うとするのなら、被害対象国の領土にある慰霊碑の撤去を要求し、自国の教科書だけでなく海外の教科書に登場する慰安婦の痕跡を消そうと努力するだろうか?」と批判している。

韓国の大手メディアからも少女像撤去の話題が上がり議論が活発化したわけだが、ヨーロッパ初となる少女像がドイツに建てられる。ドイツのフライブルク市が「世界人権宣言記念日」の12月10日に合わせて、少女像を設置するという。この方針は、韓国・水原市のヨム・テヨン市長が提案したもので、フライブルク市が受け入れたものだ。韓国メディアによると、フライブルク市の国際交流部門の幹部は、少女像の建立に対して「日本を侮辱する意図はない。女性への暴力に反対する姿勢を明らかにするためのもの」と強調しているが…。

慰安婦像撤去どころの問題ではないのか韓国経済だ。今の韓国は日本に従うしか道は無い。さらに言えば今後通貨危機時においても日本も中国もそしてアメリカまでも支援はしない様相と感じ取れば、慰安婦像の撤去は早いだろうし、海外の慰安婦像撤去も早いのではないか…。もっともいい加減な韓国政府であるから、それでも助けてくれると思っていれば先延ばしするだろう…。いずれにしても国の崩壊は近い…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月16日 11:54 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
あの東亜日報が少女像移転と題したコラムを掲載。  共産国と同じで政府検閲済で発行しているような新聞社が、既に日本憎しで洗脳された国民の反発を承知の上(多分?)コラムを書いたということに驚いた!。
相当韓国経済がひどい状態に落ち込んでいるのだろう。 現代車が中国に新工場稼働した途端、販売台数減少になり今後回復の見込みなし。海運業総崩れ、倒産寸前であり多少補助金がでて生き延びたように見えるが焼け石に水のようだ。 鉄鋼関係は新日鉄に特許違反の賠償金支払い、今後はロイヤルティー支払いが生ずる。更に中国の過剰生産により在庫増、売上減になっている。 韓国企業の優等性であったサムスンが"ギャラクシーノート7"の爆発による保証、全製品回収費用に 莫大な費用が発生する。 つまり韓国政府の税収減であった財閥系企業が総崩れになり、税収が極力0に近づきつつある様にみえる。 現況は中国からの協力は得られず、北朝鮮からは侵略脅威がましている今、頼れるのは日本及び米国しかないと認識し始めたのだろう、
もうじき、韓国側から日本へのお願い事項が多発すると思われれる・・・・・
[ 2016/09/16 19:02 ] [ 編集 ]
まともな記事だが
朝鮮人はこんな記事に注意を払わないだろう。朝鮮人の頭がまともなら、売春婦像を拝んでどれほどの後利益があったのか少しは考えるのだが、もはやそんな疑念さえ抱けないほど反日の教えがしみ込んでいる。韓国人は反日教の信者であり、像を奉るのは務めです。反日のマインドコントロールから脱することはできません。

東亜日報もさんざん反日を書き立てており、反日でない記事がでたから珍しがられたにすぎない。朝日の記者は日本を売り、韓国人記者は反日に狂奔する。記者に碌な奴はいませんね
[ 2016/09/16 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp