韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  引退を控えている韓国人 老後生活費に対する違いすぎる「理想と現実」

引退を控えている韓国人 老後生活費に対する違いすぎる「理想と現実」

「予備引退者」らは退職後の「豊かな生活費」として月288万ウォン(約26万円)を望んでいるが、引退者の実際の生活費は月平均190万ウォン水準であることが分かった。

サムスン生命引退研究所は国民の退職準備の現況と引退後の生活などを調査・分析した「韓国人の退職準備2016」を発刊したと12日明らかにした。25~74歳の2271人(非引退者1771人、引退者500人)を対象に財務・健康・活動・関係領域にわたり調査した結果を入れた。この結果、韓国人の引退準備指数は56点だった。引退準備指数を「危険」(0~50点未満)、「注意」(50~70点未満)、「良好」(70~100点)で区分したが「注意」水準にとどまった。

引退世帯の平均生活費は年齢別で差があった。50代の引退世帯は月225万で生活費が比較的多くかかった。子供の教育などで支出が多いからだ。一方60代は月179万ウォン、70代は月145万ウォンで年を取るほど生活費は減った。生活費不足を経験した退職者は35%だった。10世帯中2世帯は平均6500万ウォンの借金があった。

非引退者らは退職後の最低生活費として月193万ウォンが必要だと答えた。経済的に不足しないようにするなら月288万ウォンが必要だと答えた。実際の引退者の生活費(190万ウォン)よりも多い。それでも引退に備えて定期的に貯蓄する非引退者の割合は49%に終わった。特に非引退世帯の12%は国民年金・退職年金・個人年金のどれにも加入していなかった。


スポンサードリンク


現職にいる人と引退者の間の医療費に対する考え方の差も大きかった。予想の老後医療費として非引退者らは年300万ウォン未満を予想した。だが実際に65歳以上の引退者は医療費として年平均360万ウォンを使っていた。老後の医療費を積極的に準備していると答えた非引退者は全体の5%水準にとどまった。

引退後もずっと仕事を望む非引退者は全体の84%であった。引退者中57%も仕事を続けたいと答えた。生活費の準備・生計維持(42%)が主な理由だった。退職しても完全に仕事を辞めることはできない「半引退時代」の到来を見せている。夫婦関係は年齢が高いほど疎遠なことが分かった。一日1時間以上の対話を持つ夫婦が20~30代は33%だったが60~70代は23%だった。
http://japanese.joins.com/article/747/220747.html?servcode=400§code=400

【管理人コメント】
引退者の実際の生活費は月平均190万ウォン水準というが、どんな生活レベルの人材に聞いたのか…。中央日報も実におカイな記事を掲載する。平均年収250万円の国民が引退後に借金自国と化しているのに、月17万円だという。日本でさえ国民年金と厚生年金で月15~16万円ほどだが…。 あぁぁ~実際の生活費かぁ。。。老後もなお借金を重ねるのか…。。。

韓国メディアの失業率とか年収とか生活費とかは、むちゃくちゃである。平均年収以上を得ている人材ばかりに尋ねれば、日本に近い値がはじき出されるが、現実的ではない。と言ってしまうと老後に対する夢も希望も無くなるが…、実はそれが韓国であると考えれば答えはかなり正しくなる。

日本の老後でさえ苦しいわけで、日本に近い物価で、年収が日本の半分で、年金も退職金も無い国で、尚且つ家計貯蓄は日本の半分である。さらに言えば家計負債を考慮すれば暗い人生となりそうだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月16日 19:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp