韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン発火問題、米当局“激怒” 「深刻な火災や火傷の危険性」と指摘

サムスン発火問題、米当局“激怒” 「深刻な火災や火傷の危険性」と指摘

韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー爆発問題をめぐり、米当局が下した「100万台リコール(無料の回収・修理)」が波紋を広げている。「深刻な火災ややけどの危険性がある」と明言、今後の同機種の販売が「違法」となるなど強硬な姿勢を打ち出した。

「消費者は9月15日以前に購入したリコール対象のノート7について、使用を直ちに停止し、電源を切るべきだ」
米消費者製品安全委員会(CPSC)は15日の声明でこう呼びかけ、「深刻な火災ややけどの危険が大きい」と指摘した。米当局が携帯電話のリコールで「深刻な」という表現を使ったのは初めてとの報道もある。 米国では車内での発火など92件の事例がサムスンに報告された。世界では計250万台が流通しているとみられている。韓国でも既に代替品との交換などの対応を始めている。

ブルームバーグによると、サムスンは、リコールの際の説明不足や、正式なリコールという手順を踏まずに、独自に定めた製品の交換計画を発表したことで批判を受けていた。CPSCのエリオット・ケイ議長はサムスンへの直接的な非難を避けつつも、企業が当局に先に相談せずにリコールを発表することは、政府対応の後れにつながりうると苦言を呈した。CPSCの発表を受けて、米政府はギャラクシーノート7の航空機内での使用を正式に禁じ、今後の販売が違法となった。今回のリコール費用は1000億円規模に達するとの見方があるが、被害を受けた米国の消費者らによる巨額訴訟もサムスンを直撃する恐れもある。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160917/frn1609171700003-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースは、韓国のサムスン電子は13日、大画面スマートフォン(スマホ)新製品「ギャラクシーノート7」のバッテリー発火事故を受け、大手メディアに謝罪広告を出すことを決めたと報じている。広告ではユーザーに不便と心配をかけたことを謝罪した上で、「問題解決のため全社員がベストを尽くす」と表明するという。サムスン電子は発火を防ぐため、無線ネットワークでソフトウエアを強制的にアップデートする技術を使い、ユーザーが所有する同製品のバッテリーを60%までしか充電できないように措置を取る。

ギャラクシーノート7は先月19日の発売後、充電中に発火した事例などが報告され、サムスン電子は販売済み製品の交換・返金を行う方針を発表した。対象となる台数はアメリカ国内だけで約100万台。ハフポスト韓国版は「歴代最大規模」としており、「深刻な(serious)」という表現を使ったのもアメリカの携帯電話のリコールでは初めてとしている。8月にアメリカや韓国などで発売されたGalaxy Note 7は、充電中にリチウムイオンバッテリーがオーバーヒートし、発火や爆発するとの申し出が相次いでいる。9月15日までにCPSCが把握したアメリカ国内でのバッテリー過熱事例は92件。うち発火したのが26件で、車や駐車場での発火事例も含まれている。アメリカなど世界各国の航空会社や航空当局が、機内での使用禁止を求めている。日本では未発売。

英紙サンは15日までに、英南部のカフェで女性が使用していた韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS7」が突然発火したと報じた。原因は不明で、同社はサン紙の取材に「調査中」と回答している。次々、問題が派生し、火事や怪我が発生した。今後この問題の賠償が発生するのだろう。アップルiPhone7発売の前ではなんとも悪いタイミングだ。アップルにとっては追い風となったが…。 しっくりこない問題だが…。次は中国製のバッテリでも火を噴くのではないのか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月17日 19:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
すでに
中国製バッテリーではすでに火をふいています。ただ、いままでは、今回のようにケースが多くなかったので、個別で賠償し示談していました。これは、中国、韓国のスマホでは常識です。今回は事故が多発しただけです。中国でみましたが、そういう示談させた顧客にはサムスンクラブに入れて、高級ホテルで接待していました。まあ、いろんな物もらえて、高級料理食えたら、文句言わんでしょう。とにかく、リチウムイオンは繊細なバッテリーなので、大変気をつけなければなりません。液体から固体化に成功したのが村田などの日本企業です。
[ 2016/09/17 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp