韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  国連「住民4500人以上の会寧市が廃墟に…食糧支援などが急務」

国連「住民4500人以上の会寧市が廃墟に…食糧支援などが急務」

北朝鮮の咸鏡北道北部地域の水害が深刻であることが確認され、5回目の核実験以後、対北朝鮮制裁に傾いていた国際社会の雰囲気に変化の兆しが見えている。北朝鮮に常住する国連傘下の13の人道支援機関は共同現地調査報告書を公開し、国際社会に緊急支援を呼びかけた。韓国国内の対北朝鮮人道支援団体も水害支援金募金運動を開始する一方、正確な実態の把握のために北朝鮮と接触する意向を示した。北朝鮮側の公式支援要請がないとして、北朝鮮の被害に目をつぶってきた韓国政府の態度に変化があるかが注目される。

北朝鮮当局が「解放(光復)以降の気象観測史上、初めて見る過酷な大災害」と規定した今回の水害は、8月29日から31日まで第10号台風ライオンロックが咸鏡北道北部地域で低気圧帯と重なったことによる集中豪雨で発生した。特に、30日から31日の夜にかけて約4時間にわたる大雨で、豆満江(トゥマンガン)の水位が普段より6~12メートル高くなり、洪水による被害が大きくなった。 国連人道支援機関が16日に公開した「咸鏡北道の洪水被害についての共同報告書」によると、被害が集中した所は会寧(フェリョン)市と近隣の穏城(オンソン)、茂山(ムサン)、延社(ヨンサ)郡など6つの市郡だ。これらの地域の人口は66万7千人を超える。同報告書は北朝鮮当局者と世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)など北朝鮮に常駐する13の国連人道支援機関の代表団など22人が今月6~9日、被害地域を視察してから作成したものだ。

報告書によると、現在まで確認された人命被害は死亡(138人)、行方不明(398人)など500人を超える。倒壊した住宅約5740棟を含め、7千棟以上が浸水または破壊され、11万8千人以上の被災者が出た。特に、豆満江沿岸の土堤防の裏にある会寧市江岸(カンアン)洞は川の水が氾濫し、住宅がすべて倒壊したと調査団は伝えた。水害が発生する前、江岸洞には1177世帯4524人が住んでいた。


スポンサードリンク


収穫期を控えて農耕地が浸水し、米やとうもろこしなどこの地域の主要作物は、収穫が不可能な状況というのが調査団の評価だ。同報告書は北朝鮮当局の統計を引用し「水害以前にも被害地域の人口の78%は当局の食糧配給に依存してきた」として、事態の深刻さを喚起した。 洪水や土砂崩れで道路と橋梁が至るところで浸水・破壊され、茂山郡と延社郡など被害が深刻な一部地域はいまだ接近すら不可能な状態だ。

調査団は、報告書で「被害地域は10月中の夜の気温が氷点下3度まで下がるところ」だとして、「すでに下痢など水因性伝染病と急性呼吸器疾患の感染の恐れがあり、本格的に寒くなる前に緊急支援が切実な状況」だと訴えた。これに基づき世界食糧計画などは、子供や妊婦、老人など、脆弱階層への支援のために確保しておいた支援物品を被害地域にまず送ることにした。世界保健機関も14日、医療支援のために17万5千ドルを緊急投入することを決定した。国連側は緊急支援が必要な人員が14万人以上と推定している。

韓国国内でも民間レベルでは対北朝鮮支援募金運動がすでに始まった。54の人道支援団体の集まりである対北朝鮮協力民間団体協議会(北民協)は緊急会議(5日)と常任委員会(9日)を開き、北朝鮮水害支援のため2億ウォン(約1800万円)を募金することを決めた。北民協のクヮク・ヨンジュ運営委員長は18日、「今月5日の緊急会議直後に被害状況を確認するため統一部に北朝鮮側の民和協との接触を申請したが、いまだに回答がない」としながら、「接触すれば被害規模や必要な物品だけでも確認できるだろうが、(何も確認できず)もどかしい」と話した。南北交流協力に関する法律施行令によると、政府は接触申告書を提出してから7日以内に許可の可否を決定し、通知しなければならない。朴槿恵(パククネ)政権は北朝鮮の4回目の核実験(1月6日)以降、北朝鮮との接触を事実上禁止している。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25187.html

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮の朝鮮中央通信は、同国北東部が記録的な豪雨による洪水に見舞われ、深刻な被害が出ていると伝えた。北朝鮮メディアが自国の窮状について伝えるのは異例だ。また朝鮮中央通信の11日の報道によると、北東部で1945年以来の記録的な豪雨が観測され、数万棟の建物に被害が出た。住民は住む場所を失って「多大な苦難に見舞われている」という。さらに国連人道問題調整事務所も、北朝鮮で台風10号の影響による被害が出ていることを確認した。茂山郡や延社郡、咸鏡北道の会寧市などで豪雨による洪水が発生し、これまでに133人が死亡、395人が行方不明となり、14万人が緊急に支援を必要としているという。

北朝鮮が英語で支援を訴えている背景には、被害の大きさを考慮して国際社会が反応してくれるかもしれないという期待があるからだろう。だが北朝鮮は5回目の核実験を強行したばかりで、国際社会からの非難が集中し、国連安全保障理事会の制裁強化も予想されるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月19日 10:15 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp