韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、非核心部門売却でできた実弾を1位の部門に浴びせる

サムスン電子、非核心部門売却でできた実弾を1位の部門に浴びせる

サムスン電子は18日、投資の効率化の次元から、日本のシャープとオランダの半導体装備メーカーASMLなど海外企業4社の株式を売却したと明らかにした。核心事業に投資を集中することで成長潜在力を高めるという戦略だ。同社がプリンティング事業部をヒューレットパッカード(HP)に売却すると発表したのは12日だが、1週間もたたずにまた出された売却発表だ。「サムスングループの『1位事業集中戦略』がサムスン電子で加速化している」という分析が業界から出る理由だ。

この日サムスン電子が整理したと発表した株式はASMLの株式1.5%(630万株)をはじめ、米ハードディスクドライブ(HDD)専門メーカーのシーゲイトの株式4.2%(1250万株)、米半導体設計会社ラムバスの株式4.5%(480万株)、シャープの株式0.7%(3580万株)だ。すべて2010年以降に事業協力次元で取得した株式だ。 ASMLの場合、半導体の核心装備である露光機(光で回路パターンを刻む装置)を開発する資金を補うために、シーゲイトはHDD事業を超えて投資次元で、ラムバスはDRAM設計特許権と関連して交渉力を高めるため、シャープは液晶パネル供給先を多角化するために組んで株式を取得した。

投資を引き揚げるのは「これ以上投資を維持する理由がないから」というのが同社関係者の説明だ。これらの株式を売却しても協力関係に大きな変化はないばかりか、一部株式の場合は株式価値が上がり差益実現に出たということだ。特にシーゲイトの場合、株式取得当時より3倍以上に株価が上がり大きな利益をサムスン電子にもたらすという。

今回の売却作業でサムスン電子が得る現金は1兆ウォン前後だ。特にASMLの株式を売って入ってくる資金は6000億ウォン台という。だが急な資金が必要で株式を売却したのではない。6月末基準でサムスン電子の保有現金は借入金を除いても64兆9000億ウォンに達する。
http://japanese.joins.com/article/792/220792.html?servcode=300§code=300


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
サムスングループは李副会長が実質的リーダーの役割をしてきた2014年5月から急速に非核心事業を売却してきた。2014年11月にサムスン総合化学とサムスンテックウィン、サムスンタレス、サムスントータルなど化学・防衛産業で系列会社4社をハンファグループに売り、翌年にはサムスン精密化学、サムスンBP化学、サムスンSDIケミカル事業部門をロッテに譲渡した。 これに対しサムスン電子自体の構造調整は相対的に遅かった。先週のプリンティングソリューション事業部売却は2014年に光学ディスクドライブ(ODD)事業をオプティスに譲渡してから初めての売却だ。

今回調達した現金でサムスン電子はさらに積極的な買収合併に出るものと業界は予想する。サムスン電子は2014年以降モノのインターネット(IoT)プラットフォーム開発会社のスマートシングス、モバイル決済ソリューション会社のループペイ、クラウドサービス会社のジョイエント、そして高級ビルトイン家電ブランドのデイコーなどを買い入れた。7月には自動車電装事業拡大のため電気自動車で世界トップの中国BYDに5000億ウォンを投資したりもした。

シャープを買収したホンハイが欲しいのは液晶じゃなくてシャープのコピー機(複合機)の技術と特許も当然ほしいわけであるから、シャープの株を売却するサムスンは、個人的には何だろうか…と気になる部分ではあるが…。 言い換えれば予想以上にサムスンは厳しい状態なのではないのかという事になる…。。。

中央日報は、サムスン電子が海外協力会社の持分を売却した理由は会社ごとに少しずつ異なる。だが、一カ所に集めてみると共通点がある。「協力の効用」が過去に比べて弱まっているという点だ。重要度が低くなった協力会社に出資した持分は大胆に整理する半面、戦略的に重要なパートナーに対する投資は増やした。俗に「実用主義」と呼ばれる李在鎔サムスン電子副会長の経営スタイルでもあると伝えている。

効用が減った協力会社の持分を大胆に売却した事例ではシャープが代表的だ。2013年3月にサムスン電子が買収したシャープ持分3%の価格は104億円だ。この持分を今月14日に46億円で売却したことが分かった。買収時の半分にもならない値だ。持分買収当時はプリンタ技術に関する協力の必要性があったが、最近、同事業部を売却して意味がなくなった。第10世代液晶表示装置(LCD)工場を持っているシャープで供給された大型LCDパネルは中国CSOT第11世代工場に対する持分出資で重要性が低くなったという説明だ。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月19日 11:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ランバスはいたい。
ラムバスの売却はいたい。今後DRAM設計特許権費用は増えるでしょう。というか、サムスンはやっぱり設計できてないんですよ。つまり、設計も人任せ、製造装置も人任せ。加工だけですね。だんだん化けの皮がはがれてきましたね。。。
それと、やっぱり、手元キャッシュは数千億円しかないのか。でもこれも今回のスマホに消えたら、従業員への支払いはどうすんねん?お得意の現物支給か?名誉退職か?
[ 2016/09/19 12:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp