韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

9月7日にラオスのビエンチャンで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)ビジネス投資サミットで安倍晋三首相は、「ASEAN諸国のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加を後押しする」と表明した。同時に、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)についても「質の高いものとなるよう、しっかり進める」とコメントした。

RCEPは、日中韓の3カ国にASEAN10カ国、さらに豪州、ニュージーランド、インドを加えた計16カ国によるメガFTA(自由貿易協定)だ。もともとは2015年中の合意を目指していたが、現実には今年中の合意も難しい情勢となっている。 その出発点は、東アジアで米国抜きの自由貿易圏をつくりたい中国が05年に日中韓とASEANによる枠組みを提唱したことだ。これに対抗して日本が、さらに豪州、ニュージーランド、インドを加えた枠組みを主張。最終的にASEANが日中の提案を踏まえてまとめた構想が現在のRCEPである。

交渉参加国が多く、かつ経済水準のばらつきが大きいのがRCEPの特徴だ。それだけに農業分野などで関税率の引き下げ幅を巡る隔たりが大きい。そのなかで日本は、RCEPが質の高い、つまり関税撤廃の度合いが高い自由貿易協定にするよう旗を振ってきた。一方で貿易自由化よりもアジアでの影響力拡大に重きを置く中国は慎重で、両者の綱引きが続いてきた。そのバランスを日本優位に傾けたのが、15年10月のTPP大筋合意だ。

ところが、ここにきてTPPの先行きが怪しくなってきた。米国大統領選で民主、共和両陣営ともTPP批准に反対の姿勢を鮮明にしているためだ。オバマ大統領は政権のレガシー(遺産)とするため任期中に何とか批准しようとしているが、そのハードルは高い。


スポンサードリンク


TPPの発効を前提に動いてきたアジア諸国は、一斉に様子見に転じている。こうなると、日本はやや孤立気味となる。そこで重要になってくるのは、韓国を巻き込むことだろう。朴槿恵政権のもとで中国に大きく傾斜してきた韓国は現在、米国や日本との結びつきを再度強める方向に軌道修正中。TPPには政府、財界とも参加に前向きだ。

これまでは日中韓FTA交渉やRCEP交渉などにも韓国は消極的だった。日本にとってこれらの交渉は、中国市場へのアクセス拡大のために意味がある。だが、韓国はすでに中国とFTAを結んでいるからだ。むしろ産業構造が似ており、技術力が高い日本と同じ自由貿易圏に入ることに韓国は脅威を感じてきた。

だが、中韓FTAの効果は韓国側の期待を大きく下回っている。日本と足並みをそろえて、RCEPの自由化度を上げ、中国に一段の市場開放を迫るメリットは大きい。TPPが漂流寸前の今日、中国とのルール形成競争の局面は再び変わりつつある。韓国をどう巻き込むかは日本にとって重要な課題になりそうだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160919/plt1609191127001-n1.htm

【管理人コメント】
日本のマスコミは、アメリカ大統領候補がTPP協定に反対し、このことが米国におけるTPP協定の批准を困難にするのではないか、という報道をしている。11月8日の、下院議員全員、上院議員1/3改選の大統領選挙の結果では、次期大統領と議会構成によっては、TPP実施法案の扱いが変わってくる。

次期大統領に実施法案が送られ、拒否権発動が確実になれば、少なくとも4年TPP協定は発効しない。さらに言えば、下院・上院の可決の見通しがない場合、または、大統領の拒否権発動が確実ならば、議会はTPA法を停止させ採決せず保留するという事も有る。

何にしてもTPPどうなるのかは疑問だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月19日 13:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
韓国を入れたらあかん
これを書いた記者は随分と頓珍漢ですな。韓国が仲間になってうまく行ったケースはいくつあるのか教えてもらいたいものです。自国の防衛も考えられず、日本との軍事情報協定には消極的。さらにアメリカの軍事情報を中国に流すし、天安門パレードに西側で唯一参加した。今はサードを受け入れて中国と仲たがい。いつまたどちらに寝返るか分かりはしない。こんな国を仲間にしたら結束が乱れるだけです。

また支那はこれから経済が崩壊の瀬戸際です。支那の過剰生産による鉄鋼、石炭、化学製品の波は世界各国に押し寄せているし、ここで支那が破たんすればボロクズの値段で日本にも押し寄せてくる。日本はどのようにして支那発の混乱を免れるか懸命なのに何でわざわざ支那なんかに近づこうとするのか、訳分かりません。

支那発の世界恐慌が始まってしまい、もしアメリカ指導者が保護貿易政策を選んだとすれば、1930年代と違って経済国際化が強まっている現状では、アメリカ単独で混乱を抜け出すのは難しいと思う。良識あるアメリカ指導者ならヨーロッパのように大きな市場を持たないリスクに懸念を持ち、TPPに踏み出すことに期待します。
[ 2016/09/19 15:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp