韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓進海運法定管理:船舶64隻が中古市場に出れば韓国造船業に発注減の可能性

韓進海運法定管理:船舶64隻が中古市場に出れば韓国造船業に発注減の可能性

造船と海運を二大動力にしていた「海洋大国・韓国」の夢が揺らいでいる。造船産業はすでに中国に世界1位の座を明け渡した。「海運強国」という地位も消えた。米国ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が「船舶の売却が終われば韓進(ハンジン)海運は韓国輸出品を外部へ積み出すアジアの小規模海運会社に転落するだろう」と18日報じたことは韓国海運の現実を端的に示している。

グローバル海運会社7位の韓進海運が揺らいでいる間にライバルたちは素早く動いている。現在、グローバル海運同盟(アライアンス)を結んで東西航路に注力しているグローバル海運会社は14社。近くアラブ系船社UASCがドイツのハパックロイドに合併されれば12社となる。台湾二大船社の陽明がエバーグリーン(長栄)コンテナ部門の買収を検討していて、海運強国である日本も代表的船社3社〔NYK(日本郵船)・K-line(川崎汽船)・MOL(商船三井)〕を合併する計画だ。

グローバル海運会社はこれまで低運賃戦略を繰り広げながらライバルが離れていくのを待っていた。世界1位マースクをはじめ、3位CMA CGMなどが運賃「チキンゲーム」を繰り広げた。これに耐え切れずに世界の遠洋船社が次々と消えていった。現在の動きのまま海運会社の再編が進めば、1~7位すべて150万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)以上の超大型船社が占める。紆余曲折の末に生き残った現代商船(43万TEU)も中小船社に転落するということだ。

海外船主は新規船舶の発注を減らすものと見られる。韓進海運などに貸していた船を返してもらえば新規船舶を発注する余力が減るためだ。これは韓国造船業界にとっては打撃となる。


スポンサードリンク


韓進海運にコンテナ船8隻を傭船しているギリシャ船社ダナオスは現在保有している58隻中48隻(82.8%)を現代重工業・サムスン重工業・韓進重工業など韓国で建造した。韓進海運に3隻を傭船しているSeaspanも113隻のうち半分以上の58隻を韓国造船所で作った。ここに韓進海運が保有していたコンテナ船64隻が中古市場に出れば商船発注はさらに減少するおそれがある。

すでに最悪の受注絶壁にしがみついていた造船業界にとっては泣きたいところに頬を叩かれたのも同じだ。ことし7月までのコンテナ船新規発注は計41隻だったが中古取り引きは68隻にものぼった。すべての船の取り引きは減ったが、中でもコンテナ船は昨年比9割減った。価格も昨年比6~17%落ちた。昨年22隻を受注した現代重工業グループはことしコンテナ船の受注がゼロだ。昨年それぞれ11隻と10隻を受注した大宇造船海洋とサムスン重工業も同じだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/12037675/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、韓国政府はこれまでビッグ3の合併など構造改革を注文しながらも「政府は手出しはしない」というスタンスを堅持してきた。だが、市場の自律的な構造改革はほとんど不可能だ。ビッグ3は事業領域がほぼ重なっていて合併してもシナジーがない。当面の生き残りで汲々としている現代重工業やサムスン重工業に大宇造船の買収を強制することもできない。現在ビッグ3が確保している注文量は1年半から約2年分。一部では「自尊心が傷つけられるとしても、船舶修理市場や船舶改造市場などに視線を転じてこの時期を耐え忍ぶべきだ」という話が出るほど差し迫っている。世界最高水準の造船技術力を保有している以上、今回の危機をしっかり乗り越えれば他の競争力を確保することができるという期待があるということだとしている。

さらに、近海を行き来する船舶の大部分が日本から輸入した中古船舶だと言うが、その中古船舶の交換と言っても客船技術が無い韓国では、どうすることもできないのではないか…。。。 沈没事故ではないが、客船の改造で引き起こした大惨事があってもいまだに、不法改造は有るという。中古船の交換ができないから今まで不法改造やら、日本から購入したわけだろう。小型船舶は日本の中企業造船業が支えてきた。そしてその中古が韓国で使われるわけで、それを変えるだけの技術力があるのかは疑問だが…



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月19日 13:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓進が所有した船だと
多くは、 自国南鮮の造船会社に発注され、 同じ南鮮人同士、 蛇の道は蛇どばかり、 互いに足元を見た交渉を行った末に、 仕様や価格が決まり、 腹癒せに手抜き建造され、 引き渡されてからも、 過積載だの連続運行だの無理な運用を強いられ、 ろくなメンテナンスもされず、 船員からも粗雑に扱われ、 痩せ馬となり..

偏見ですけど、 経年以上にオンボロそうな感じがします。

南鮮船舶は、 外国の寄港地で港湾当局からメンテナンス指示が出ても、 無視して逃げたりしてましたよね?

中古で売りに出しても、 思ったように売れるんだかどうだか、 売れても買い叩かれる気がしますね。
[ 2016/09/19 17:57 ] [ 編集 ]
過剰能力の解消
船のオーナーが変わるだけで運用隻数が変わらないなら、世界海運の
過剰能力は解消されない。海運能力過剰なら新規造船は手控え、
これが正常な経済回転です。
世界経済は規制がないから、勝者生存の法則が発動する。

この法則の逆をいくのが日本のタクシー業界。
なので、海外から狙われる。
そこへ一枚かんでくるのがトヨタらしいです。

[ 2016/09/19 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp