韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本のロケット技術は中国より進んでいる! 特に「エンジン」と「燃料」は先進的

日本のロケット技術は中国より進んでいる! 特に「エンジン」と「燃料」は先進的

中国版国際宇宙ステーション建設プロジェクトの一環として、15日に内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターから無人宇宙実験室「天宮2号」を積んだロケット「長征2号F」が打ち上げられた。 中国の航空宇宙技術は近年著しい進歩を遂げているが、中国メディアの快報はこのほど、中国工程院院士であり、航空宇宙技術の専門家でもある中国人研究者の言葉を引用し、「日本のロケット技術は中国より先に進んでいる」と評価した。

記事が「日本のロケット技術は中国より進んでいる」と主張する1つ目の点は「エンジン」だ。「日本は第4世代エンジンを使用しているが、中国は依然として第2、第3世代のエンジン技術を使用している」と説明。さらに「燃料」についても、日本が使用している燃料は「液体水素と液体酸素による第4世代のクリーンな液体燃料」であるのに対して、中国は「第2世代の非対称ジメチルヒドラジン及び四酸化二窒素」だと説明。さらに、四酸化二窒素と空気が反応すると猛毒物質が生成されると説明、「この種の燃料は国外では数十年前に淘汰されているもの」と指摘した。

記事はこの他にもロケットの外形や蓄積された技術、宇宙探査用ロケットなどの点で日本は中国よりも先に進んでいると指摘している。有人宇宙飛行を成功させるなど、宇宙開発の実績という点で、中国は日本を圧倒的に上回っているものの、技術的には日本のほうが中国を上回っているというのが現実のようだ。また、日本は単独の有人宇宙飛行は行っていないが、小惑星探査機はやぶさの快挙から分かるとおり、非常に高い宇宙開発技術を持っている。
http://news.searchina.net/id/1619061?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
日本は近年まで宇宙開発において軍事的利用を行ってこなかった。また、衆議院の国会決議で偵察衛星の保持は認めていなかった。ミサイルからの展開でロケットを生産するようになり、衛星の打ち上げやロケットの開発が軍事目的の一つだった諸外国と比べればむしろ純粋に非軍事目的のみで宇宙開発が発展した日本は特殊である。

現在日本の保有する偵察衛星はレーダー衛星と光学衛星の二種類であり、順当に計画が進められ、国が直接的に介入する分野であるため定期的かつ確実に打ち上げられている。

また、ミサイルが発射されたことを探知するための早期警戒衛星の保有も検討されている。これらの衛星打ち上げは顧客としてみれば確実に打ち上げが受注できる大口の優良顧客であるが、開発のための資金は以前からの宇宙開発費から出ている事に他ならないため、科学分野での宇宙開発を圧迫している。

ミサイル防衛関連は、早期警戒衛星を持たないことからアメリカとの密接な協力の下、開発運用が行われている。現在まで衛星攻撃兵器などは保有しておらず弾道ミサイルも保有していない。また、ロケットを量産できる能力がないため、日本の保有するロケット群を即時弾道ミサイルなどの軍事目的へ転用するのは物理的に不可能だ。

とはいえロケット技術は優れているわけで、考え方によっては…、
弾道ミサイルを保有出来るとなれば、軍事予算次第ではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月20日 14:05 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
発展したもんだ
10数年前は、日本:液体水素と液体酸素で確か60%から70%程度の成功率でマスゴミは日本はもうロケット開発辞めろとほざいていた。
10数宇前は、中国はケロシンを使って確か90%程度の成功率でマスゴミは絶賛していた。
しかし、当時液体水素と液体酸素での成功率は日米も差はあったが、そんなに引き離されていなかった。
では、液体水素と液体酸素とケロシンの差は環境汚染。前者はほとんど環境汚染はない。後者はひどい。
現在は日本は液体水素と液体酸素で世界最高峰。中国は非対称ジメチルヒドラジン及び四酸化二窒素。。。成長したじゃないか!
でも成長しない輩が。。。それは日本のマスゴミだ!!!
日本(マスゴミ以外)>>>中国>∞>日本マスゴミ。つまり日本のマスゴミはあほや!!!韓国?そんな国知りません!
[ 2016/09/20 17:45 ] [ 編集 ]
日本のロケット
 日本のロケットの基礎は、故糸川英夫教授が中心となって開発を行なった、全長23cmの超小型ロケットです、その後は紆余曲折を経てJAXAのH2ロケットに発展して現在の日本宇宙産業に引き継がれています。
 現段階で世界中で自国で製造してロケット(軍事、民生)を打ち上げられる国家は十指(アメリカ、旧ソ連、中国、インド、パキスタンなど)程度でしょう、しかし韓国はその中には含まれず、北朝鮮は含まれています。
 日本のロケット技術は平和目的で開発しましたが、軍事、民生に使用するかは相手(韓国、北朝鮮)次第でしょう!
[ 2016/09/20 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp