韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業、日本式の構造改革なら「枯死」も

韓国造船業、日本式の構造改革なら「枯死」も

「造船所37カ所、世界受注量3位」。2016年の日本の造船業の姿だ。韓国・中国と「ビッグ3」を形成しているが、内部の事情は複雑だ。まず船舶建造の生産性が落ちる。韓国より多くの造船所を保有しながらも船舶の引き渡し量は韓国の半分ほどにすぎない。船舶建造の注文は主に日本の船会社から受けている。一般製品のように自ら建造して販売する量も多い。主な造船会社の主力船種も建造が容易なバルク船だ。

20世紀に入って世界造船業の覇権は英国・日本・韓国が順に握った。日本が韓国に造船1位の地位を譲ることになったのは1980年代の構造改革も関係している。当時、世界的な経済不況で船舶需要が減少すると予想し、政府の主導で生産設備を縮小するなど大規模な構造改革が進められた。78年に61カ所だった造船会社は88年に26カ所に、ドック数は138基から47基に減少した。東京大をはじめ日本大学内の造船学科はすべて消えた。

造船業への優秀人材流入も中断した。設計人材が大幅に減り、標準化された船舶だけを生産できる構造になった。現在、日本の核心設計人材は80年代から働いている60歳以上の人たちだ。三井造船は日本で最も多い設計人材(300人)を保有するが、これは韓国非上場中小造船所の平均水準だ。韓国現代尾浦造船の場合、設計人材だけで1200人にのぼる。


スポンサードリンク


日本政府の予想とは違い、世界の船舶需要は急激に増えた。日本が構造改革をする間、韓国造船会社はLNG船・タンカー・海洋プラントなど高付加価値船種に集中した。日本は企業の特性を考慮しない一律的な設備縮小で企業競争力が一斉に落ち、投資研究が中断され、市場シェアを失っていった。

韓国造船会社の市場シェアは2000年をピークに減少傾向にある。しかし韓国は船舶のほとんどを輸出し、日本は内需が支えるという違いがある。海運の内需がない韓国で日本と似た形の構造改革をする場合、韓国の造船産業は枯死するという見方が出てくる理由だ。
http://japanese.joins.com/article/772/220772.html?servcode=300§code=320

【管理人コメント】
日本の中堅造船業は日本国内の船を受注して、耐え忍んできた。勿論自国内ばかりではなく海外もある。韓国は自国の客船を中古で日本から購入し、沈没事故船の様に違法改造しては、大惨事を引き起こす。日本国内の造船業が持ちこたえてきた内需と外需の両方で受注してきたわけで、韓国に客船技術が無い分、小型船とはいえ、日本の客船技術は非常に高い。

現在大型タンカーも製造が可能なように変更している。韓国造船業より日本造船業は耐え忍んできた分、体力はあるが、厳しい状態には変わりはない。韓国は手の施しようがないが、世界の受注量が減少した結果、大量に製造した船舶が余り過ぎており、船舶を修理して使用するほうが得策となっている。中古船の修理なども実施しつつ受注することが望ましいわけで、日本はどれにも対応が可能となる。来年以降は今年よりはマシではないか…。

韓国は日本から受注しているのでは終わりだろう。せめて自国の船ぐらいは自国造船企業が対応しなければ、内需活性化につながらない。客船技術を日本から学ぶしかないのでは…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月20日 18:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
なんか、 南鮮の方が技術力が高いみたいな書き方ですね?

日本は、高付加価値船舶が主体じゃなかったか? 南鮮は海洋プラントが造れなくて四苦八苦してなかったか?

日本の大学から船舶関連の学部が無くなったと言うのは意外でしたが、 工学分野全般が低下したわけでもないでしょうから、 形を変えただけでは? とは思うものの、 チト心配ではありますね。

造船も海運にしても、 南鮮がダンピング&ケンチャナヨ造船・運営したから、 世界的に崩れちゃったんじゃないのか? 猛省すべきではないのか?

なんとも腹が立つ連中です。


[ 2016/09/20 20:18 ] [ 編集 ]
成り行きまかせ
中央日報が長々と書いているが、結論は最後の3行。
海外から受注がないと韓国造船業はもたない。
で、どうするかという案がない。
海外からは、韓国勢は早くつぶれてくれと期待されている。

受注に見合った造船能力に構造調整するのか。(しない)
成り行きで、1社でもいいから生き残ってくれと。
そんな思いが込められた記事でした。
[ 2016/09/20 20:23 ] [ 編集 ]
日本式!
日本の大学から造船学部という名前はなくなったのは確かですが、それは、造船が、流体力学、材料力学、物理学、エネルギー工学という分野に分かれたというか日本が分けたからです。造船。。。だけってのは、旧来の船か?
日本にはだから、工学部、機械工学部、海洋学部、エネルギー工学部、新領域などなど細分化しています。まあ、いいじゃないですか?韓国ごときに分からなくても。
でも、ここからが本題です。実は、その旧来の造船学部は、工業高校や、高専などに置くべきなんですよ。でも日本のアホな政府が工業高校、商業高校、農業高校、家庭高校から職業学科をすべて普通科や総合科に変えたこと!!!これが問題です!!!大学生で小手先器用な奴そんなに居ない。高校に職業学科の復活なくして、日本の復活はない!!!
[ 2016/09/20 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp