韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を事実上決定

日本、高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を事実上決定

日本が、核兵器の数千発分に該当するばく大なプルトニウム保有を正当化する手段として活用してきた高速増殖炉「もんじゅ」を、事実上廃炉にすることにした。しかし、日本はもんじゅ廃炉にもかかわらず、プルトニウム保有を放棄しない動きを見せており、今後東アジアの核関連の国際情勢に相当な影響を及ぼす要因として浮上している。日本政府は21日午後、東京の首相官邸で「原子力関係閣僚会議」を開き、これまで1兆円(10兆9300億ウォン)以上の資金が投入されたもんじゅについて、「廃炉を含めて、今年末までに最終結論を出す」方針を確認した。日本メディアはこれについて、「政府が事実上もんじゅの廃炉方針を決めた」と分析している。

もんじゅは、日本が原発の導入を決定した1956年から推進してきた「核燃料サイクル」政策を支える中核施設として注目されてきた。核燃料サイクルとは、核発電後に発生する使用済み核燃料の再処理過程で出るプルトニウムを、再び核発電に活用して追加的なエネルギー投入なしに永遠に電気を生産する構想を指す。これに向け、日本政府は1994年にプルトニウムを核燃料に使用できる原子炉としてもんじゅを完成した。しかし、もんじゅは、1995年と2010年の2回の試験稼動の際に重大事故を起こして、これまで1キロワット時(kWh)の電力も生産できず、日本原子力規制委員会は廃炉を含む抜本対策作りを勧告した。

 日本がもんじゅを断念したことによって、48.7トン(核兵器6000発分)に及ぶ莫大なプルトニウムの保有を正当化する名分も消えることになった。これは日本に再処理権限を保障した米日原子力協定の延長などにも影響を及ぼしかねない。しかし、日本政府は、フランスのメーカーと提携して、もんじゅに代わる新しい高速増殖炉の実用化を推進するなど、核燃料サイクル計画を放棄する意向がないことを明らかにしている。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25216.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
朝日新聞デジタルによると、政府は9月21日、原子力関係閣僚会議を開き、年末までに廃炉を含む抜本的な見直しをすることで合意した。使った以上のエネルギーを生み出せる「夢の原子炉」稼働から21年たつが、事故とトラブル続きで実際に稼働したのは4カ月。年間200億円の維持費を食い続ける「金食い虫」として、大きな批判にさらされてきた。原発で使った核燃料を再利用する「核燃料サイクル」の要だったもんじゅが廃炉に向かうことで、日本の原子力行政は大きな転換点を迎える。ただ、政府が高速増殖炉の開発自体をあきらめたわけではない。

高速増殖炉は、発電しながら同時に消費した燃料以上の燃料を生産することができることから原子力発電の燃料であるウラン資源の利用効率を飛躍的に高めることができ、エネルギー資源の輸入に頼らずに安定したエネルギーを得ることが可能だ。また、現在の原子力発電と同じく発電するときに二酸化炭素を排出しない。さらに、高レベル放射性廃棄物の量を低減できる可能性もある。 エネルギーの安定供給と環境保全の両立のためには高速増殖炉サイクルの開発が必要であり、国と民間のオールジャパン体制でその開発を進めるとしている。

将来の高速増殖炉が備えるべき高い安全性、核不拡散性を達成していくためには、これまでの開発経験を有する日本がフランス、米国等と協力し、安全性をはじめとする設計のクライテリア(基準)を提案するとともに、既存技術にこれまで研究されてきた新しい技術を加えて安全性、信頼性、経済性に優れ、核不拡散性に配慮した高速増殖炉の姿を提示し、世界をリードしていく必要がある。 日本は、この開発を遅らせることなく、技術の成立性を見極め、2025年頃には実証炉を実現し世界へ提案していく必要があるとした。

冷却材に通常の原子力発電所で使われる水の代わりに金属ナトリウムを使い、発電タービンは水蒸気作動であるため、2つの熱伝達部分をもっている。炉心の金属ナトリウムからタービン系統の水部分へは薄い蒸気発生器の壁を通じて熱伝達を行う。蒸気発生器の壁は薄いため、ピンホールが発生する可能性を完全には否定できず、ピンホールが発生してしまった場合、金属ナトリウムが蒸気発生器の水と化学反応を起こして爆発事故を起こす可能性がある。実際、イギリスで事故が起きている。

一部メディアでは軍事転用可能を伝えているわけだが、夢のような発電とはいえ、金属ナトリウムの冷却は恐ろしい。2015年には中国の遼寧省瀋陽市内で、操業を停止して10カ月が経過した化学工場が爆発した。保管していた金属ナトリウム200キログラムと雨漏りした水が反応した。金属ナトリウムは水に触れると大量の熱と水素ガスを放出する。現場に到着した消防隊は燃え盛る工場への放水を開始した。遼瀋一線などが報じている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月22日 10:21 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
よくは分かりませんけど
あれ(文殊)は何で文科省の所管なんですかね?

そこいら辺からして分かりません。

それに、 とてもじゃないが真剣に開発してるようには思えない、 使いもしない運搬船も有るみたいだし、 文科省所管でやってる限りダメなんじゃないかと思えます。

ケチ付きまくりだし、 金掛かりまくりだし、 止めちゃっていいんじゃないですか?

別のプロジェクトとして再開するなら、 最低限、 文科省から外さないとダメでしょうね、 それでも、 ワテクシにはどうしても、 トントン拍子に進むようには思えません。

うかうかしてしてると、 核融合炉が先に実用化しちゃったりして?

   * * *

それと、 お題からは外れちゃうカモですが。

日本がプルトニウムを持ってようがいまいが、 南鮮が口出す問題じゃないですよね。

あんなもん拡散したら、 それこそ脅威です、 適切な処分方法が決まるまでは、 厳重な上にも厳重に“日本が保管”すべきじゃないですか?

70年代だったか、 コソコソと核兵器開発してたのがIAEAにばれて、 2017年まで要監視の南鮮に四の五の言われたかぁないです。

失敗して、 持て余した核廃棄物、 核分裂物質をソウルのスラムに捨ててたし。

それ以外にも、炉心から重水2t漏らして日本海に捨てたり。

(屎尿や産廃や医療廃棄物だって、 わざわざ日本の近くでまで運んで海洋投棄してるし)

あれ(重水)って、 汚染レベルで言えば、 福一事故並みなんでしょう?

日本海に投棄したんだって、 ついでだからだろうけど故意でしょう?

気味悪さから言ったら、 北鮮も南鮮も大した違いはありゃしません、 しかも南鮮は六ヶ所村から技術をパクリ、 北鮮は朝鮮大学校やら北鮮系在日科学者・技術者が技術を流出、 資金だって流れてるはず。

ワテクシは自慢じゃないけど馬鹿ですから、 南北朝鮮も、 在日もともに、 一遍は足腰立たないくらいに叩かにゃ分からんと思ってます。


[ 2016/09/22 14:23 ] [ 編集 ]
個人的願望を書きます。
まあ、もんじゅは実験炉、 原型炉、実証炉、商業炉の中で原型炉なんですね。原型炉までが文部科学省、実証炉から商業炉までが経済産業省管轄。要はデータ取り段階と金儲けの設計段階に分けてるんです。私は最近まで、もんじゅは将来の日本の核兵器保持をみこして研究を続けるべきだと思っていました。確かに、液体ナトリウムや液体リチウムは空気に触れると爆発しますから大変です。
しかし、最近、常温核融合の研究に日本チーム(北大、東北大)が存在感を示してきたので、純粋水爆の可能性がましたので、もんじょは意味がなくなりました。そういう個人的願望ではもんじょはもう廃炉でよいかと。今の水爆は原爆を利用した核融合なんですね。でも常温核融合の技術を使えば純粋水爆が可能ではないかと考えるに至りました。危険な思想?と思われても仕方ありませんが、個人的思想なのでお許しください。ちなみに、ロシアやイギリスの内陸にある原子炉は黒鉛で中性子を減速させていて、日本などの水で中性子を減速させる軽水炉とは違いプルトニウム転用がしやすいんですね。まあ、でもそんなものはもう必要のない原爆のための炉。。。日本は世界で唯一純粋水爆を保持できる可能性がある。これは核抑止力(平和的解決)になります。個人的思想ですみません!
[ 2016/09/23 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp