韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米国、自動運転車のガイドライン発表

米国、自動運転車のガイドライン発表

米国政府が20日(現地時間)、自動運転車のガイドラインを発表した。Uber(ウーバー)の自動運転タクシーが14日にピッツバーグで運行を始めてから一週間ぶりだ。

メーカーと開発者は今後このガイドラインに沿ってシステムの安全性問題をどのように解決したかを説明する資料を当局に提出しなければならない。米交通部が発表したガイドラインには、15の評価項目が盛り込まれている。例えば、周辺車両の認識ミスや誤作動など自動運転機能が故障した場合の対処方法は何かや搭乗者のプライバシーはどのように保護するのか、交通事故が起きた場合、搭乗者の安全問題をどのように図るのか、デジタルハッキングはどのように防ぐのか、データ記録と情報共有はどのようにするのか、などが含まれている。

ガイドラインの目的は、自動運転車の産業発展を促進すると同時に、走行の安全性に対する不安感を解消することにある。米政府は今回のガイドラインが完成されたものではなく、技術の変化に応じて今後も修正される「生きている文書」だと明らかにした。

メーカーも「自動運転車展開の第一歩」と歓迎
米ホワイトハウスの国家経済委員会(NEC)を総括しているジェフ・ジーエンツ部長は「自動運転車は米国人の時間と金を節約し、命を救うだろう。これが私たちが自動運転車のための道路規則を出す理由だ」と話した。


スポンサードリンク


自動運転車の開発メーカーは今回のガイドラインが米国全体に及ぶ統一された基準になるとして、積極的に歓迎した。フォード、グーグル、リフト、ウーバー、ボルボなどが参加して作った「安全な道路のための自動運転連盟」(Self-Driving Coalition for Safer Streets)は「自動運転車の展開に重要な第一歩」と評した。連盟は報道資料で「自動運転車産業に対する連邦政府の関与が米国の主導力と競争力、革新力を促進すると同時に、自動車の安全性を高めるうえで核心的な役割を果たすだろう」と述べた。

バラク・オバマ大統領はこれに先立って19日ピッツバーグポストガゼットへの寄稿文を通じて、自動運転車産業を積極的に育成する意向を示した。オバマ大統領はこの文で「自動運転車は私たちの生き方を変える潜在力を持っている」として「米国で昨年3万5200人の命を奪った交通事故の94%は、人間のミスや誤った選択のために起きているが、自動運転車は毎年数万人の命を救うことができるだろう」と話した。

自動車企業らは今回のガイドラインが自動運転車時代を操り上げるのに寄与すると期待している。フォード自動車は14日に開かれた年次IRで、2030年に自動運転車の販売量が全体の20%に達するとの見通しを示した。同社は、このうち80%は公共交通用であり、個人用の乗用車は20%に過ぎないだろうと予想した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25214.html

【管理人 補足記事&コメント】
アメリカ合衆国連邦政府は、自動運転車について、ドライバーレス自動車の安全な開発を行いつつ、イノベーションを阻害しないことを目的とするガイドラインを公開する旨をアナウンスしていた。そのガイドラインの全文が公開されたのでこちらでも掲載しておこうと思う。このページで読むことができるものと同じだが、もちろんTransportation.govのオフィシャルサイトでも読むことができる。

アメリが合衆国運輸省およびオバマ大統領は、事前に本文書の骨子について言及していた。その発言内容にもあった通り、本文書には現行の道路交通法をどのように適用していくのかとか、新たなルール作りについても記されている。また行政側が安全性を確認するために自動運転車の制作者に対して求めている15ポイントのチェックリストなども掲載されている。アメリカ合衆国運輸長官のAnthony R. Foxxによると100ページほど(に加えて注釈ページ)におよぶ本文書は、業界の関係者、法的なエキスパート、さまざまな安全管理者たちとの議論の末にできあがったものであるとのこと。

現行の新しいガイドラインに対する業界の反応はポジティブなものである。自動車メーカー、セキュリティプロバイダーなど企業側の関係者たちも概ね好意的に受け取っている様子だ。ドキュメントは公開されたばかりであり、自動運転車の将来にどのような影響を及ぼすものであるかについては、さらなる検討が求められる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月22日 10:49 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp