韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  閉鎖したみかん農地に「太陽光電気農業」、収益が可視化

閉鎖したみかん農地に「太陽光電気農業」、収益が可視化

済州道は7月に行った太陽光発電施設の参加企業の募集で全国公募を行った結果、2つのコンソーシアムが応募し、農家の収益規模とその保障方案を評価した結果、株式会社大宇(デウ)建設コンソーシアムを最終的に参加企業として選定したと22日発表した。

済州道は、交渉期間に農家の収益の保障方法、事業の安定性の確保策などについて検討を重ね、収益の保障装置を作り、法律的な検討を通して最終的に参加企業を選定したと説明した。 参加企業は事業責任者の株式会社大宇建設と参加企業の株式会社韓国テック、株式会社ウォンウンパワー、IBK投資証券で、道内企業としては株式会社DM電気が確定しており、株式会社テリム電力と株式会社ミョンウォン企業が工事の割合をめぐって協議中だ。

道は参加する農家が太陽光発電設備1メガワット基準(約5千坪)で、年平均5100万ウォン(約466万円)の収益を20年間受け取ることになると明らかにした。期間別では、発電事業開始後16年目までは年間3100万ウォン(約283万円)、17~20年目は年間1億3100万ウォン(約1197万円)を受ける。また、全ての事業対象地に適用される農地転用など土地の形質変更の負担金も事業者が負担し、地主の初期負担が発生しないようにした。

この事業には101農家(58.9メガワット)が選定され、最低500坪(100キロワット)から最大3万7千坪(7メガワット)までさまざまだ。太陽光の平均設置面積は2400坪(280キロワット)だ。 「太陽光農業」では農家は20年間確定された利益を得るが、事業者は太陽光発電施設を設置、運営し、韓国電力に電気を売って利益を上げる方式だ。


スポンサードリンク


道は、事業者の倒産などで事業を運営できなくなったときにも、金融機関や金融機関が指定する者に事業権と債務が包括承継され、農家の収益は問題なく支払われるように保障装置を用意したと付け加えた。済州道のウォン・ヒリョン知事は「今回の事業は、農家のための「太陽光年金」に他ならない。農家が利益を得られるようにするため、法律的に二重三重に所得保障装置を用意した」と話した。

道は30日午後6時、済州道庁で事業に参加する農家を対象に事業説明会を開き、農家と事業者間の契約締結、許認可手続きの履行、発電所の設置などを推進し、来年上半期まで試験事業として1.5メガワットをまず設置する。済州道関係者は「今回の事業のために道内に約800億ウォンの事業費が投資される予定であり、太陽光モジュール、インバーターなど機材の調達を除く総工事の60%以上を道内企業が施行することになり、地域経済の活性化に寄与するだろう」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25230.html

【管理人 補足記事&コメント】
太陽光発電は、重要な低炭素の国産エネルギー源として期待される再生可能エネルギーの中で、もっとも普及している技術だが、発電コストが高いこと等、課題もある。本研究開発では、NEDOが掲げる発電コスト低減目標達成のため、2030年までに7円/kWhの実現に資する高性能と高信頼性を両立した太陽電池の開発を目指します。具体的には下記のテーマについて研究開発を実施するとしている。

研究開発項目1】先端複合技術型シリコン太陽電池、高性能CIS太陽電池の技術開発
(1)先端複合技術型シリコン太陽電池の技術開発
結晶シリコン太陽電池の原料メーカー、装置メーカー、セル・モジュールメーカーが大学等と連携し、ヘテロ接合バックコンタクト等、先端技術を複合した高効率かつ高信頼性を両立したシリコン太陽電池とその低コスト製造技術を開発する。
(2)高性能CIS太陽電池の技術開発
実用化規模の大面積モジュールの高効率化及び低コスト製造プロセスの実用化に向けた開発を実施する。

【研究開発項目2】革新的新構造太陽電池の研究開発
(1)革新的高効率太陽電池の研究開発
量子ドットや超格子セルを用いた超高効率化技術、成膜速度の高速化技術、安価基板上への成膜や接着技術、高価な基板の再利用技術等、従来の延長線上にはない革新的高効率太陽電池をセル・モジュールメーカー、大学等が連携し開発を進める。
(2)革新的低製造コスト太陽電池の研究開発
急速に変換効率が向上し、世界中で注目されているペロブスカイト太陽電池について、新コンセプトの製造装置、信頼性確保技術、発電原理の検証と信頼性の高い性能評価技術の確立、さらなる性能向上を目指す新構造、新材料の研究開発を進める。

等々…。 具体的には、実用化が進んでいる結晶シリコン太陽電池とCIS太陽電池については、14円/kWhを実現する太陽電池モジュールを2020年までに実用化するとともに、2030年までに7円/kWhを実現する要素技術の確立を目指す。また、結晶シリコン太陽電池やCIS太陽電池とは異なり、圧倒的な高効率や低コストで発電コスト7円/kWhを目指す革新的太陽電池については、2030年までに7円/kWhを実現する要素技術の確立を目指す。上記開発と並行して、太陽光発電の信頼性を高め、着実に社会に定着するための評価技術等の共通基盤技術を開発する…という。出来る限り狭い場所でも活用できる工夫がほしいが…。また蓄電技術も不可欠であるから同時進行する必要がある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月23日 11:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
ちょっとまて!目を覚ませ!
日本ではやたら太陽光、風力などの新エネルギーをふやして、原発なくせとか電力自由化しろ!とかさけぶプロ市民活動家やソフトバンクみたいな会社があるが、ちょっとまて!皆様は覚えていますかね?2000年代初頭のカリフォルニアの電力危機を。
カリフォルニアは新エネルギーが主です。ではどういう状態か?到底供給量足りないから電力料金がバカ高い!おまけに節電を奨励!だから、見かけ上、電力供給に余裕があるようにみせているだけ。おまけに!シリコンバレーの企業は電力優遇。州民がつけを払わされている。我らの近隣の国と似ていますね。韓国は財閥企業は電力料金ただみたいな物。進出外資系企業は5年間電気料金無料。
もっと言うと、カリフォルニアでは万年、水不足。今年夏の四国みたいな状態が毎年続く。。。エッツ?ミネラルウォーターがあるじゃないか?どうぞ買って使ってくださいよ〜!かねかかりますよ?日本でも水不足?責任はマスゴミだ!あいつらがダムは不要だといったから最近ダム作れない!!!いい加減にしろマスゴミ野郎!!!
いいですか?今の日本(+ちょっと原発動かせば)では何の問題なしなんです。ソフトバンクさん?日本では原発廃止、太陽光発電万歳を唱えて、韓国では孫さんは原発は良いと述べる。。。結果、日本では原発技術者の急減。特に材料開発のJMTRが動いてないので、その分野は技術がた落ち!
あのさ〜。プロ市民って在日の人や共産党員なんですよ!!!いい加減目を覚ませ!日本人よ!世界から何言われても無視しろ!
日本のことを一番わかるのは日本に住む日本人なんだからさ〜!!!
[ 2016/09/23 12:06 ] [ 編集 ]
固定価格買取制度まで模倣もの
韓国のソーラー発電の買取制度をみると、日本の模倣としか考えられない。
孫によって背中を押された韓直人が作った制度の様だが、買取期間20年、農地転用の必要性云々、20年間固定価格等、なんでも日本のものを盗み取る韓国らしい。
何年か後に韓国のソーラー発電が失敗したとき、日本は苦情を言われないように注意したい。
[ 2016/09/23 12:27 ] [ 編集 ]
太陽光発電の補助
去年鬼怒川流域の洪水では、太陽光電源の事業者が川の土手を切り崩し太陽パネルを設置し、そこから宅地へ水が浸入した事故が起きた。また山林を切り崩してまで太陽パネルを設置して、見た目にも危うい斜面になったしまった所や景観が損なわれて訴訟にもなった。住宅の屋根に設置するくらいなら大きな問題にはならないが野放図な設置計画には歯止めが必要ではないか。
また、太陽光パネルは効率が悪く、それを普及促進するために補助金を出しているが、そのために電気料金が割高になっている。夜間や雨天では発電できない太陽パネルでは、電気の需要を賄うことはできないし、日本の需要の数%しか貢献してない。

自然エネルギーで唯一役立っているのは水力発電だけです。しかし日本ではダムの適地がもう残り少ないし、ダムを造ると川からの砂の流出が無くなり砂浜の縮小の原因にもなっており、これ以上の水力発電に期待はできない。

原発はもう新規に作れない現状では火力発電が最も有望です。太陽電池の効率を2倍にすることができても、日本の需要には対して役立てない。でも火力発電を数%向上するだけで、電力供給量は大幅に増やせるし、向上させる目途もついている。後はCO2固定化の問題が残っているが、これは日本だけで取り組んでもあまり意味がない。中国、インドの低い能力の火力発電所をどうにかしないと解決できない問題です。

韓国の原発や火力発電所も問題だらけで、太陽光パネルの設置に浮かれてるのは現状逃避のようで滑稽です。
[ 2016/09/23 16:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp