韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  もんじゅはなくせるのに、なぜ脱原発はできないのか

もんじゅはなくせるのに、なぜ脱原発はできないのか

「私たちは必ず勝ちます。なぜなら、勝つまで戦いますから」
22日「9・22さようなら原発、さようなら戦争大集会」が開かれた東京代々木公園の野外音楽堂は、激しい秋雨の中でも活気に満ちていた。3・11福島原発の惨事以降、粘り強く脱原発運動を展開してきた日本市民が、大きな意味のある「勝利」を手に入れたからだ。事故の危険性が一般の原子炉に比べて非常に高く「悪魔の原子炉」と呼ばれる高速増殖炉「もんじゅ」に対する日本政府の前日の廃炉決定だ。この日の集会を主催した「さようなら原発1一千万人署名 市民の会」(以下、市民の会)の澤地久枝氏(作家)は「政府はもんじゅはなくすという決定は下しながら、なぜ数年以内に原発をなくすという勇気ある話はできないのか」と話した。

5年前、3・11というひどい惨事を経験した日本社会は、原発再稼働を推進する安倍政権に対抗し苦しい闘いを繰り広げている。日本の人々は安倍政権から「脱原発宣言」という白旗を勝ち取ることはできなかったが、政権が望むままに原発再稼働が容易に推進される状況でもない。現在、日本に残った43基の原子炉のうち稼動中の原子炉は川内原発1・2号機、伊方原発3号機の3基だけだ。市民の会の発起人である作家の鎌田慧氏は「原子力行政はすでに袋小路に追い込まれている。政策を転換させる大きな波を作っていく」と語った。

脱原発に関連し、日本で最も注目を集めている所は、4月の熊本地震発生後、「一時停止」の要求が高まっている鹿児島県川内原発だ。この7月「原発の一時停止」を公約に掲げて当選した鹿児島県の三反園訓知事は、九州電力に2度も「原発を一旦停止して再点検をすべき」と要求したが、志を果たせなかった。熊本地震の震源地だった益城町から原発までの距離は150キロメートルだが、慶州(キョンジュ)から古里(コリ)原発の距離はわずか20キロメートルだ。三反園知事の原発停止・再点検の要求は、原発の安全性に対する不安の声が高まっている古里原発でも参考にしなければならない指摘とみられる。


スポンサードリンク


国民の命より自分らの利益だけを前面に掲げている原発マフィアに対する非難の声も沸き上がった。もんじゅの立地自治体である福井県から来た「原子力発電に反対する福井県民会議」の宮下正一事務局長は「もんじゅは冷却材に金属ナトリウムを使う。空気に触れると火がつき、水に触れると爆発が起こる。福島のような事故が発生する場合、制御ができなくなる」と話した。プルトニウムの半減期はおよそ2万4000年であるため、もんじゅから福島級の事故が発生した場合、日本国土の半分は永遠に人間が住めない死の地となる。宮下事務局長は「それでも福井県の敦賀市長や福井県議会はもんじゅ廃炉に反対している。県民の健康や命より目の前の経済的な利益と自分たちの地位だけを考える人たちだ」と非難の声を高めた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25226.html

【管理人 補足記事&コメント】
このサイトでもコメントされているが、米国の3大石炭生産地のすべてから、石炭を燃やした後の灰から高濃度の放射性物質が検出されたという研究が発表されている。通常の石炭火力発電所では、灰がそのまま空気中に放出されることはないというが、研究では灰の埋め立てや貯蔵方法には注意が必要だと指摘している。日本では「原発ゼロ」に近い環境が続く中、老朽化した石油火力発電所の代わりにコスト競争力が高い石炭火力を新設する動きも進んでいる。

研究は米デューク大学を中心とするグループが2015年9月2日付で、米国化学会の雑誌「環境科学と技術」に発表した。今回の調査は、15年10月に米国で石炭灰の処理に関する規則が施行されるのを前に行われた。現時点では、米国の石炭灰の最終処分場では放射線量の測定は行われていないという。 調査では、イリノイ盆地、アパラチア盆地、パウダー川盆地の3か所から複数の石炭と石炭灰のサンプルを集め、放射性元素を測定。その結果、イリノイ、アパラチア、パウダー川の順に放射能レベルが高かった。いずれも放射能レベルは通常の土壌より5倍、石炭そのものよりも10倍以上だった。燃焼の際に放射能が圧縮されるのが原因だ。

デューク大学の発表では、「石炭灰が環境や健康にもたらすリスクへの懸念が浮上している。現時点では石炭灰には規制がなく、全米の石炭火力発電所のため池や埋め立て地面に貯蔵されている」 と指摘している。これまでにも、石炭灰にはセレンやヒ素といった汚染物質が含まれていることは知られていたが、今回の研究では、「石炭を燃やした場合、放射性同位体は石炭灰の残りかすの中で濃縮され、鉛-210は化学的に揮発性になり、飛灰(ひばい)の粒子に付着する」と説明。当然、粒子自体はきわめて小さいが、固まりとして貯蔵した場合には注意すべきだとしている。

例えば、九州電力だけでも、3箇所の石炭火力発電所から年間50万トン程度の石炭灰が発生するとしている。これ自体は産業廃棄物であるが、主としてセメント原料として再利用されている。微粉砕した石炭をボイラ内で燃焼させるが、電気集塵器に捕集された石炭灰を「フライアッシュ」といい、燃焼に伴い石炭灰の粒子が凝集し多孔質な塊となってボイラ底部に堆積したものを「クリンカアッシュ」という。火力発電では、石炭や石油を燃やす。この場合のリスクは、それが石のように掘り出されたものであり、つまり天然の放射性物質を含むことにある。石炭を燃やした後には灰つまり石炭灰が残される。しかも施設は一般に原子炉のように厳重な防護があるわけではなく、また廃棄物についても核廃棄物のような扱いはされていない。

厳重な防護のある原子力発電所(原電)とは違い、石炭火力発電は燃やして大気中に放出する。含まれている量が微量としても、何百万トンもの鉱物を燃やして大気中に放出すれば相当の量になることは自明であり、その危険性は原電の比ではない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月23日 11:28 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(5)
田中さ~ん出番ですよ~
本題から外れちゃうんですけど、 石炭火力発電も今後は...

IGCC(石炭ガス化複合発電) とか
IGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)
でしょうけど。
(GTCC・GTFC もあるけど)

CO2(二酸化炭素)
NOx(窒素酸化物)
SOx(硫黄酸化物)

等は削減できるという記事は良く見かけますが、 石炭灰(フライアッシュ・クリンカアッシュ)がどう処理されるのか、 問題はその処理みたいですね。

発電所由来の石炭灰総量は、 日本全体で確か(原発停止の影響もあって)1300万t/年くらいだったかと?

8割くらいはセメント材料や骨材その他になるって聞きます、 セメントへの添加率は7%程度、 これだと放射性物質は充分希釈されると考えてよいのでしょうか?

事業者側の説明じゃダメかもだし、 何でも反対派はヒステリーだし、 公平適切な資料でワテクシにも理解できる簡単なものは見つかりませんでした。

適切に処理されてると思いたいですが、 どうなんだべ? 商業高校卒にはサッパリわからない。

ただ、 支那では石炭を家庭暖房に使いますから大気汚染・放射性汚染は絶望的に思えます。 石炭灰なんかそこらに撒いちゃうんでは?

それでは皆様、 御唱和を

田中さ~ん、 出番ですよ~♪
[ 2016/09/23 13:05 ] [ 編集 ]
遮蔽について
まず、原子力発電所での遮蔽ですが、中性子は水や鉛などで減速や遮蔽してます。その他の放射線は専用フィルターで大気への放出を遮蔽します。中性子は原子炉以外関係ないので、放射線遮蔽のフィルターですね。問題は。
日本で火力発電所の放射線が問題になったのは約7、8年前、よって、日本の都会の火力発電所はほとんどLNGです。これは大体エンジニアード、つまり加工品なので、フィルターでOK。では?都会以外の火力発電所は、ごめんなさい。石炭、重油。
例えば、北海道、北陸、茨城県の火力発電所ですね。これは、電力会社曰く、都市からはなれているので人間には害が及ばない。。。まあ、最新鋭の石炭火力発電施設は三菱重工業、日立などは吸気、排気とも専用フィルターつけている(ご多分にもれず、自前主義なんでね。原子力発電に準ずる遮蔽能力です。すみませんねマスゴミさん!自前主義で!これこそ自前主義の利点ちゃうんか!!ぼけ!マスゴミ野郎!)。また、都市からはなれているのでまあ、なんとか大丈夫かと。。。では古いのは?電力会社は原子力発電所の再稼働で対応したい。。。でもできない!というジレンマ中です。では、誰に文句を言えば良いか?それは民進党の議員でしょう!多分、言い訳するから、そうした場合に自民党に駆け込んでください!
おっと、じゃー隣国は?中国は日本製を導入中です。古いのは?他国なので考えないことにしましょう!考えたら眠れません。韓国は?日本製を導入中です。古いのは?考えたら眠れません。というか韓国からは大腸菌、コレラ、口蹄疫などから日本を守らなければなりません。韓国人や中国人が日々、放射線に冒されて行くのを気にする余裕は我々にはありません!そういえば、韓国農産物の放射線のほうが日本福島県産農産物、魚介類より多いの知ってました?ああ、また眠れない問題を提起してしまった。。。
[ 2016/09/23 17:02 ] [ 編集 ]
実は以前、 こんな記事を読んだ
事がありますんでね。
↓↓↓↓↓
韓国の「クリーン石炭技術」で
フィリピンに導入の火力発電所
、深刻な環境汚染招く
韓国ネット 「発電所を作ってあげ
たのに、なんで悪口を…」
FOCUS-ASIA.COM [2015/04/19 20:03]
http://googleweblight.com/?lite_url=http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415600/&ei=DIV4CevC&lc=ja-JP&s=1&m=335&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&q=
発電所周辺には石炭灰が今も放置されたまま。この石炭灰には有害物質の水銀やヒ素、カドミウムなどが多く検出されている。セブ島では、呼吸器疾患やガンの発生率や死亡率が全国平均を上回っているという。

    ◇ ◇ ◇

※発電所の煙突から出る排気ガスは比較的クリーンに出来るらしい、 問題は燃やした石炭の 1/10 に上るという燃焼灰、 これの処理まで視野に入れないとクリーンな発電所とは言えないと思いました。

[ 2016/09/23 18:58 ] [ 編集 ]
たき火
雑誌を丸ごと燃やすと燃えカスが残りますが、1枚ずつはがして燃やすときれいに灰だけになる。石炭も完全燃焼させれば焼却灰は減少できます。完全燃焼させるには焼却炉の温度を高温にすることと石炭を砕いて酸素や空気と良く混ぜ合わせることです。つまり石炭を微粉にして高温焼却することは石炭ガス化につながります。また高温で償却すると石炭灰がガラス固化して有害な金属類を閉じ込めるので、砂利の代用にもなる。また石炭ガス化は石炭の品質に左右されないので、ほとんど利用されてない低品質で安い石炭を使えます。

石炭ガス化発電は高温のガスを利用してガスタービンを回して電力を得るとともに、熱交換で得た蒸気でも発電に使えるので効率が旧世代のものより高い。日本では連続運転に成功して実証炉から商業炉への転換も始まります。

天然ガスの火力発電は効率がよく有害物質の除去も容易です。これをメインとして石油や石炭を使って火力発電で当分の間電力需要をしのいで、ゆくゆくはメタンハイドレード採掘や、高速増殖炉の実現を目指すべきと思います。
[ 2016/09/23 22:44 ] [ 編集 ]
どたばた 様
ご指摘のそれ、
IGCC(石炭ガス化複合発電)
IGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)の事ですよね?

天然ガスなら、GTCC・GTFC

CO2分離・貯留技術も開発されつつある、熱効率も50%に迫るかも知れない、問題だと思うのは、燃料石炭の10倍に濃縮されるという放射性物質、これが適切に処理されているのかどうか、それが判らないんですが、ご存知ですか?

詳しく調べたわけじゃありませんが、電気事業者の資料には先ず出て来ません、フライアッシュ・クリンカアッシュは8割程度、セメント材料や骨材になると書いてあるだけ、セメントに添加される割合は7%程度だそうです。

素人考えでは、十分に希釈されていると思うんですが、「ヒステリー団体」はギャーギャーわめくのみで、田中氏のような論拠を踏まえてるようには思えません。

何れにしても石炭灰の処理は、日本では、埋め立てや投棄ではないようなんで、少しは安心してるんですが違うかも知れない。

そこいらが、学のない私には判らないのです。

メタハイも在るし、森林資源はバイオコークスにもなる。さらに川崎重工などは、褐炭(低質炭)から水素を抽出する研究とかやってます、水素による発電も(原発ありきでしょうが)あるのかも知れません。

アホついでに、現実は厳しいでしょうが、妄想としては、プルサーマルよりいっそ「核融合発電」が実用化しないかな? な~んて思ったりします。
[ 2016/09/24 03:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp