韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  iPhone 7で日本企業は莫大な利益、中国では高額での転売も

iPhone 7で日本企業は莫大な利益、中国では高額での転売も

米アップルの最新スマートフォン「iPhone 7」が発売された。「iPhone」シリーズには日本企業の部品が大量に搭載されていることで知られるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「iPhone 7で日本企業は莫大な利益を得ることになると伝えている。

記事は、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」は予約が非常に好調で、特にiPhone 7 Plusにおいては予約段階で全色が完売となったことを紹介、非常に良い出だしとなったことを伝えた。 続けて、iPhone 7が発売されるにあたり、一部の国ではおなじみの行列もできたことを紹介したほか、日本では過去最高の予約実績となったことを指摘したうえで、iPhone 7に部品を供給する日本企業の株価が上昇したことを紹介。さらに、「iPhone 7の好調な販売で大きな利益を得るのは日本企業だ」と指摘した。

また、一部報道によれば中国ではiPhone 7を求める消費者たちが各地のアップルストアで長蛇の列を作った。普段は列に並ばない中国人だが、よほどiPhone 7が欲しかったのか、きれいな列を作ったのは驚き以外の何ものでもない。

中国で人気が高いのは光沢が美しい「ジェットブラック」だ。一部ではジェットブラックのiPhone 7が2万元(約31万円)で転売されたとの報道もあり、中国国内におけるiPhone人気はいまだ健在であることがよく分かる。
http://news.searchina.net/id/1619326?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
iOS 10がリリースされました。 新しいロック画面の操作方法を下記に示します。

iPhoneをスリープ解除するのに、もう画面のどこにも触れる必要は無い。ただ手に取って、手前に傾けるだけで、すぐに画面がオンになる。Appleはこれを「Raise to Wake」機能と呼んでいる。この機能は、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」、「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」で利用できる。

これまでiOSを使ってきた人にとって、「スライドしてロック解除」はごく当たり前の機能の1つだったが、その方法は廃止された。代わりに、「ホーム」ボタンを押してTouchIDを使い、指紋を認証させて画面のロックを解除する。とはいえ、従来どおりにパスコードを入力してロックを解除することも可能だ。この方式はこれまでとかなり異なるため、慣れるまでに少し時間が掛かるかも…。

画像や電子メール、写真へのアクセスなど、ロック画面でできたら良いなと思うことはたくさんあるわけで、そのためにはまず、ロックを解除する必要がある。これからは、ホームボタンをタッチすれば(押すのではありません)、ホーム画面を経由しなくても、TouchIDがiPhoneのロックを解除してくれる。画面がロックされているのか解除されているのかは、画面上のアイコンですぐに見分けられる。

画面を下から上にスワイプして『カメラアプリ』を起動させる「iOS 9」の方式は、便利だったものの、何となく使いにくさがあった。これからは、画面を左にスワイプしてカメラ起動が可能となる。

Appleは通知機能を大幅に変更した。今回の変更はかなり良い変更と言える。ロック画面上で通知を受け取ったら、その通知を強く押せば、さらなるオプションにアクセス出来る。メッセージングアプリの場合は、メッセージへの返信を通知から直接書くことが可能となる。それだけでなく、アプリがサポートしてさえいれば、この機能はあらゆる形で利用できる。例えば、Appleはプレス・カンファレンスで、アプリを起動せずに、ロック画面から直接Uberの予約を取り消すデモンストレーションを可能にした。

最後に紹介するのは、右へスワイプしてウィジェットにアクセスできる新機能で、この機能は基本的には、「iOS 8」以来ずっと通知センターにあったウィジェットと同じような働きをするが、それ以上にたくさんのことが出来る。ウィジェットを使えば、現在のヘッドラインやスポーツの試合経過、天気、カレンダーなどのちょっとしたデータを表示させることが可能となる。Appleがデフォルトで提供するほとんどのアプリはウィジェットをサポートしており、ほぼすべての主要なサードパーティー製のアプリも同様である。表示される内容をカスタマイズするには、ウィジェットのページを一番下までスクロールし、「編集」ボタンをタップします。ここで、ウィジェットがどんな順番で表示されるかも指定できる。

私はiPhone6プラスとIPAD AIR2そしてIPAD Proの3台のバージョンアップを完了したが、文字の大きさ設定は、高齢者にはより優しい表示が可能だ。また通知機能の表示が見やすくなり、今のところは良い状態と言える。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月23日 13:30 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
ソニーとムラタ
日本部品の採用は受動部品が多く、
主要なプロセッサ、通信ICは台湾、米国メーカーで
フラッシュ、DRAMは韓国。電池は中国。

セカンドソースがない日本部品は
ソニーのカメラと村田のコンデンサでしょう。
競合がないこの2社はもうけてるはず。

あとは iPhone7そのものの台数が伸びるかどうか。
ソニー、村田はよそにも使ってもらっているから、
スマホ全体がどうかです。
[ 2016/09/23 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp