韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  “韓国観光”PRは国家的サギ同然 ボッタクリ、不親切…「恥ずべき組織」も存在

“韓国観光”PRは国家的サギ同然 ボッタクリ、不親切…「恥ずべき組織」も存在

韓国は、有名観光地でもロクな中身はないうえに、ボッタクリが盛行している-といった内容を、韓国で販売部数最多の朝鮮日報(2016年9月17日)が書いている。記事が事実なら、「韓国よいとこ、一度はおいで」とばかり、国を挙げて対外宣伝をするのは“国家的詐欺行為”に等しいのではないか。

 「秋夕」(チュソク)とは陰暦の中秋節であり、韓国では旧正月と並ぶ名節だ。今年は9月14日から18日までが連休となった。帰省が戦後にできた慣習だが、いまは旅行に充てる家族が少なくない。朝鮮日報が秋夕の期間に、旅行関連記事をいくつも掲載したのも、そうした背景があるからだろう。 冒頭に取り上げた記事は、仁川(インチョン)空港から海外旅行に出発する成人男女100人にアンケートしたものだ。彼らが国内旅行先を批判した内容は「見どころや楽しめるものなどコンテンツの不足」(42件)、「ボッタクリ」(23件)、「不親切さ」(21件)など。

「『観光韓国』むしばむ低質格安ツアー」(同紙、9月15日)という記事は、格安ツアーで韓国に来た中国人客の怒りと不満を紹介している。 多いのは、ガイドに連れていかれたショッピングセンターで、低級品を高く買わされたというものだ。中国人を対象とした格安ツアーでは、1日に免税店、ショッピングセンター、土産物専門店など「買い物スポット」訪問が6回も組み込まれている(朝鮮BZ、9月1日)というからすごい。もちろん、ガイドや旅行社は店からバックペイを取る。

 では、ガイドを頼まず個人旅行をしたら…ソウルと釜山なら何とか楽しめるかもしれないが、それ以外の地を訪れたら、朝鮮日報(9月16日)は「外国人の韓国地方旅行は苦難の連続」と伝えている。


スポンサードリンク


英語表記は「NO SMOKING」と「TOILET」しかない、と。そんななか、ある若者が「ソウル旅行に行く」と言うので、いささか驚いた。「仕事で知り合った韓国人から『ソウルには観光警察隊がいるから、安心して旅行できる』と聞きました」と。

ソウルでは、明洞(ミョンドン=同市最大の繁華街)、梨泰院(イテウォン=米軍基地に隣接する国際的な地区)、東大門(トンデムン=ファッション街)など7カ所に計101人、釜山に35人、仁川に24人の観光警察隊が勤務している。 しかし、日本語が通じるのはその何分の1かだ。そもそも、警察の中に観光警察隊という組織がつくられたこと自体が、外国人旅行者を狙ったボッタクリや詐欺があまりにも多いからだ。

そんな「恥ずべき組織」の存在をもって、韓国観光のPR材料にしてしまうとは、驚くべき愛国者。いや、驚くべき“欺術者”と言うべきだろう。 朴槿恵(パク・クネ)大統領は14年2月の観光振興会議で「観光は金の卵を産むガチョウ」と述べた。この品格あふれるお言葉に接すると、外国人観光客を狙った韓国のボッタクリはなくならないなと思えてくる。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160923/frn1609231140001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
韓国経済の低迷はこれからが本番となる。失業率などは手に負えないだろう。生活するために観光客相手のぼったくりのみならず、様相はさらに悪化する。近いからよいだろうと韓国に行くという状況ではなくなりつつある。韓国に行くなら日本国内の方がはるかに良いではないか…。

一方で、以前から10年周期の金融危機が話題になることがあった。10年周期の金融危機とは、1980年代以降、末尾に7が付く年に金融危機が起きていることを指す。例えば、1987年にはブラックマンデーが起きた。 1997年にはアジア通貨危機が起き、2007年にはサブプライム問題が顕在化した。こうしてみると、確かに、10年周期で金融市場に危機的な状況に陥ってきた。このサイクルに従うと、「2017年にも何か起きる」と考えるのは当然かもしれない。 そうした金融危機の発生の背景に、米国の金融政策が緩和から引き締めへと転換されたことがあった。金融政策が転換されることで、金融市場から投資資金が逃げ出したことが金融市場に重要なインパクトを与えたと考えられる。

一般的に、自由主義経済には景気循環の波動が存在する。最も短い波動は在庫循環の波で、一般的には3年程度と言われている。わが国の経済には、在庫に関する明確な波が存在すると見られる。 一方、米国経済のケースでは、約10年の建設需要の波が景気の波を形成しているとの見方が有力だ。そのため、米国の金融市場の動向にも、ひとつのサイクルが10年という波が存在すると見られている。 その意味では、10年周期の世界的な金融市場の変動サイクルには、それなりの説得力があった。そうした状況下、景気の変動と金融市場のサイクルを結び付ける要素が金融政策だ。それは、金融政策の変更が、金融市場に変調を与える要素になっている。
http://kankoku-keizai.jp/blog-entry-23493.html

私は通貨量と言う部分で日本の金融緩和の連続で前倒しとなるとしていたので、2016年だろうとしたわけだが、いずれにしてもすでに通貨危機時の韓国経済異常並であるから、外資に助けられて身動き取れない実情があるにしても、厳しくなるほどに治安は悪化するわけで、今後の韓国経済には注視する必要がある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月23日 13:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp