韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の自動車生産、世界6位に後退…インドに抜かれる

韓国の自動車生産、世界6位に後退…インドに抜かれる

韓国の自動車産業が内需と輸出不振から抜け出せずにいる中で、世界自動車5位生産国の地位までインドに譲ってしまった。
 25日、韓国自動車産業協会の集計によれば、今年1~7月の韓国国内の自動車生産量は255万1937台で、同じ期間のインドの生産量(257万5311台)より2万3374台少ないことが分かった。韓国の自動車生産量がインドに遅れをとったのは今回が初めてだ。

韓国は2000年代初期まで、米国、日本、ドイツ、フランスに続き自動車生産国順位5位を維持し、2002年に急成長した中国に抜かれて6位に下がった。その後、性能と品質向上にともなうブランドイメージの向上で輸出が大幅に増加したために2005年からはフランスを抜いて世界5位の生産国の地位を守ってきた。

しかし、世界の自動車生産で5%の比重を占めてきた韓国の自動車生産量は、内需と輸出の同伴減少によって減り続けている。メキシコやブラジルなど新興経済国との格差もますます狭まっている。毎年10%内外の成長をして、中南米最大の自動車生産基地に浮上したメキシコは、韓国自動車産業の後を追いかけてきた。昨年350万台の完成車を生産し世界7位の自動車生産国になったメキシコは、2020年までに生産量を500万台に増やす計画であり、停滞状態にある韓国の自動車生産量を超える可能性が高い。

今年1~7月の累積生産量は中国が1279万1461台で1位を走っている。次いで2位米国(708万3661台)、3位日本(530万1366台)、4位ドイツ(362万8086台)の順だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25242.html


スポンサードリンク


【管理人コメント】
2015年8月18日、韓国・毎日経済によると、現代自動車など韓国の自動車企業の賃金は世界の同業他社と比べて最高水準にあるが、その生産性は低く、1人当たりの生産台数はトヨタ自動車の3分の1に過ぎない。

世界的な金融危機を経た09年から昨年までの、日米独仏4カ国の自動車業界の賃金増加率は、それぞれ0.4%減、0.1%減、6.6%減、4.1%減と、減少または横ばいだった。また、トヨタ自動車の平均年収は08年に800万円だったが、09年に710万円に急減、昨年再び800万円台に回復した。一方、韓国自動車各社の賃金は業況と関係なく、07年以降年平均6.6%増加、昨年の主要5社の平均賃金は9234万ウォン(約970万円)にアップしている。

また、企業競争力を示す売上額に対する人件費の比重を見ると、昨年の韓国各社は12.4%で、フォルクスワーゲン(10.6%)、トヨタ(7.8%)より高い。さらに、韓国5社の1人当たりの売上規模は7億4706万ウォン(約7836万円)でトヨタ(15億9440万ウォン、約1億6724万円)の半分に満たず、1人当たりの自動車生産台数は37台、トヨタの93台を大きく下回った。

現状ではアメリカそして中国で大敗している現代自と起亜自。アメリカFTAにもかかわらず、優位に立てないで終わりそうだが…。中国においては、手のつけようが無いのでは…。そんな中で中国やアメリカに新工場を建設し、ロシアその他の競合の少ない国に工場を建設している。その他国では、シェアが非常に小さいわけで、集めても大した数ではない。自動運転技術や安全性のみならず、技術横並びでは、技術力のある企業が当然優位に立つわけで、日本企業から技術を得たのちも、単に真似た現代自は、デザイナーを海外からヘッドハンティングしても効果は無い…。デザインも重要ではあるが、問題は中身だろう…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月26日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
造船、 スマホ、 海運と来て、今度は自動車、 フラグ立ちまくりですな。

下請け、 孫請けまで入れたら、 いったいどのくらいの影響が有るのか?

インドに抜かれたって事は、 マルチ・スズキにやられたと考えても強ち間違いでもないのカナ?

2018年・平昌、 2019年・南鮮版サブプライムローン。

まぁ、 清々 頑張ってくんなまし。

[ 2016/09/26 18:49 ] [ 編集 ]
7ヶ月分で語るのか
モノを言うときの統計数値は、普通、年間、
半期、四半期、1ヶ月の単位で語るのですが、
この記事は、1~7月の7ヶ月分で語っている。
いつインドに抜かれるのかと、毎月ヒヤヒヤして
見ていたのでしょう。

これだけきつくなった世界市場だから、
台数よりも、売上高、利益の方が大事じゃないのか。
現代自動車の3年連続減益のほうが問題。
販売費(値引き用のインセンティブ)を突っ込んでも
台数横ばいで伸びない。
[ 2016/09/27 00:43 ] [ 編集 ]
ロシア市場
ロシア市場では2016年度の8ヶ月間で、トヨタは昨年同時期より2.9%上がって1318億ルーブル(約2070億円)を収益を得た。1年前は1位だったメルセデスベンツは2位に転落し、1295億ルーブル(約2030億円)、3位は韓国のKIAで934億ルーブル(約1470億円)となった。
合計でロシアでは8ヶ月間で新車購入に1兆1317億ルーブル(約1兆7810億円)が費やされた。
とうことなので、ロシア市場でも日本製。まあ、日本車は中古でも売買できるし、極寒の地ではドイツ車も相手ではない。韓国車?
そんなん知らんわ〜。
[ 2016/09/27 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp