韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  保寧製薬、高血圧治療剤で中南米攻略に拍車

保寧製薬、高血圧治療剤で中南米攻略に拍車

中南米地域を積極的に攻略して成果を挙げられました。中南米は製薬だけでなく、経済や文化など様々な面で未来が期待されるところです」 保寧(ポリョン)製薬グループの金昇浩(キム・スンホ)会長(84)は26日、ソウル江南区永東(カンナムグ・ヨンドン)通りのコエックスで行われた高血圧治療剤輸出関連記者懇談会でこのように語った。同日の懇談会で、保寧製薬は、メキシコの製薬会社「ステンダル」に高血圧複合治療剤「DUKARB」や「トゥベロ」を供給する契約を交わした。計2723万ドル(約302億ウォン)の規模となる。懇談会には金会長や保寧製薬の崔泰洪(チェ・テホン)社長、ステンダルのカルロス・アリーナス会長などが出席した。
今回、契約が交わされたコエックスでは、「高血圧の五輪」と呼ばれる世界高血圧学会が行われている。保寧製薬は、この行事のメインスポンサーとなっている。金会長は、「2010年、カナダのバンクーバーで学会が開かれた時、「いつかはカナーブが主人公になるだろう」と信じた。このような大きな行事も後援し、契約も交わすことができてうれしい」と話した。高血圧複合材「DUKARB」と高血圧・高脂血症治療剤「トゥベロ」は、2010年、国内で許可を得た保寧製薬の国産高血圧新薬「カナーブ」の後続作だ。今回の契約で、「カナーブファミリー」は、チリやウルグアイなどの中南米25か国に供給される。これまで、カナーブや利尿複合材「カナーブプラス」は、メキシコなど中南米13か国に進出してきた。これで保寧製薬の高血圧治療剤は、計3億7530万ドル(約4165億ウォン)の輸出成果を上げることになった。

保寧製薬は、中南米を超えて、欧州や東南アジア市場にも進出するという抱負を明らかにした。今年下半期(7~12月)中に、ロシアに販売許可を申請する計画だ。また、来年上半期(1~6月)中はフィリピンなどの東南アジア市場に進出するため、地元のパートナー企業を探している。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/749515/1


スポンサードリンク


【管理人コメント】
血液は、全身に酸素や栄養分を運び、二酸化炭素や身体にとっていらないものを回収してきます。この血液の循環をコントロールしているのが心臓です。心臓は強い力で血液を全身に送り出します。心臓から押し出された血液が血管の壁を内側から押す力、それが「血圧」です。心臓は1日におよそ10万回も縮んだり(収縮)ふくらんだり(拡張)を繰り返しています。心臓がギュッと縮んで血液を送り出すときの血圧が「収縮期血圧」で、最高血圧、最大血圧、上の血圧などともいわれます。収縮した心臓が元にもどり、一番膨らんだときの血圧が「拡張期血圧」で、最低血圧、最小血圧、下の血圧などともいわれます。

血圧を下げる薬というのは、技術が定着しており、昔は利尿作用を利用する薬が出回ったが、実は副作用がある事で、今は利尿作用の降圧剤は使われていないですね~。血圧と言ったも様々な要因があります。高齢化とともに重要な事があるので記載しますが、足の血圧と言うのはあまり知られていない様です。腕の右左の血圧と足の右左の血圧、さらには足の指までの血圧を同時に測定できる装置があります。一度は測定するとよいでしょう。

一般的には足の血圧のほうが高いですから、腕に巻き付けるタイプだと足のふくらはぎあたりで測定が可能です。医師の装置で測定したほうが無難でしょう。足の方の血圧が低ければ、血栓がある確率が高いわけで、その切り分けに血圧測定法があります。血圧の薬は、単に血管を広げる薬と、心臓の鼓動が緊張から早くなるのを抑える薬や様々な種類があるわけで、専門は循環器の専門医か内科専門医が正しい処方をしてくれます。薬の種類は非常に多いわけですが、定番と言うのがあるのも事実。技術的には一番進んでいる医療分野ではないですかね~。

血圧も間違った考え方があるようですから注意してください。年を取れば血圧は上がる。年齢に90を足すなどと言うのがあります。間違いではないが、正しくは無い。年をとっても一般的には若い時とそれほど変わらないです。人間の体は血圧が160を超えると、それ以上血圧が上がらないような分泌液が出るわけで、医学的にはやはり、正常な時の平均値で160近い血圧は年をとっても異常値ですから、注意しないとなりません~。是非治療してください。

保寧製薬は、1963年設立。1967年に龍角散の生産販売を初め、1968年には日本の救心製薬と技術提携を結んだ。医薬用化合物と抗生物質の生産を主力とする。国内の高血圧薬市場は年間1兆5000億ウォン(約1091億円)規模で、このうちARB系列が約半分の7000億ウォンを占めている。国産新薬として最も有望な市場を攻略するという意味も大きいというのが保寧製薬の説明だ。同社は発売3年で年間売上1000億ウォンの突破を目標としている。これまで国内の製薬会社が開発した薬で年間1000億ウォン以上の売上を記録したものはない。保寧製薬関係者は、「米国や英国、スイスなど先進国と国内24病院で臨床試験を成功裏に終え、優秀な効果と安全性を立証しており、目標達成は可能だろう」と自信を見せているが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月27日 11:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp