韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車、インドに抜かれる 恒例ストが長期化、世界トップ5から転落

韓国自動車、インドに抜かれる 恒例ストが長期化、世界トップ5から転落

韓国の自動車産業に赤信号が点灯している。国別の生産台数でインドに抜かれて世界トップ5から転落、メキシコにも抜かれそうという惨状だ。主要産業が危機に直面しているにもかかわらず、最大手の現代(ヒュンダイ)自動車グループの労働組合が全面ストライキに突入するなど、輸出への大打撃は避けられない。

聯合ニュースなどによると、韓国自動車産業協会の集計で、今年1~7月の韓国国内の自動車生産台数は255万1937台と、1位の中国、2位の米国、3位の日本、4位のドイツを下回り、インド(257万5311台)にも抜かれた。韓国の自動車生産がインドに後れをとったのは史上初めての事態だ。 2005年以来維持してきた生産台数世界トップ5から陥落した韓国だが、さらに中南米で最大の自動車生産拠点となったメキシコ(203万856台)の猛追を受けている。ハンギョレ新聞は、「メキシコは20年までに生産量を500万台に増やす計画であり、停滞状態にある韓国の自動車生産量を超える可能性が高い」と報じた。

その後も韓国の自動車産業は一段と悪化している。8月の国内自動車販売も1割減、生産量は約24%も減った。最大の要因が、現代(ヒュンダイ)自動車と、グループの起亜自動車などのストライキの長期化だ。 現代自グループのストは恒例行事のようになっており、今年も賃金交渉で労使が折り合わず部分ストが繰り返された。そして今月26日に12年ぶりの全面ストに突入。生産再開のメドは立たないままだ。韓国経済は朴槿恵(パク・クネ)政権の経済失政もあって内需が低迷しているうえ、中国に依存していた輸出も、中国経済の悪化や中韓関係の悪化もあって急減するなど外部環境も厳しい。 韓進(ハンジン)海運の経営破綻、サムスン電子のスマートフォンリコールなど問題山積の韓国経済だが、自動車産業もこのまま埋没してゆくのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160927/frn1609271140001-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞は、韓国の自動車産業が内需と輸出不振から抜け出せずにいる中で、世界自動車5位生産国の地位までインドに譲ってしまった。25日、韓国自動車産業協会の集計によれば、今年1~7月の韓国国内の自動車生産量は255万1937台で、同じ期間のインドの生産量(257万5311台)より2万3374台少ないことが分かった。韓国の自動車生産量がインドに遅れをとったのは今回が初めてだと報じている。

韓国は2000年代初期まで、米国、日本、ドイツ、フランスに続き自動車生産国順位5位を維持し、2002年に急成長した中国に抜かれて6位に下がった。その後、性能と品質向上にともなうブランドイメージの向上で輸出が大幅に増加したために2005年からはフランスを抜いて世界5位の生産国の地位を守ってきた。 しかし、世界の自動車生産で5%の比重を占めてきた韓国の自動車生産量は、内需と輸出の同伴減少によって減り続けている。メキシコやブラジルなど新興経済国との格差もますます狭まっている。毎年10%内外の成長をして、中南米最大の自動車生産基地に浮上したメキシコは、韓国自動車産業の後を追いかけてきた。昨年350万台の完成車を生産し世界7位の自動車生産国になったメキシコは、2020年までに生産量を500万台に増やす計画であり、停滞状態にある韓国の自動車生産量を超える可能性が高い。

今年1~7月の累積生産量は中国が1279万1461台で1位を走っている。次いで2位米国(708万3661台)、3位日本(530万1366台)、4位ドイツ(362万8086台)の順だ。とはいえ中国車のエンジンと部品は、日本であるから、中国車が増えただけ、日本のエンジンは売れる事になるが…。インドではスズキが圧倒的シェアを握っているが、スズキのシェアの半分につけているのが現代自である。

一方トヨタは、インドは、2012年の自動車生産台数が400万台を超える世界第6位※の自動車大国であり、生産の約4割をディーゼルエンジン車が占めるディーゼルエンジンの一大マーケットとし、トヨタのエンジン生産工場であるTIEIは、TIEI製のディーゼルエンジンが搭載された車で競争力を高め、品質第一はもとより、環境・安全面での取り組みを進めている。「もっといいクルマづくり」に貢献し、グローバルな供給体制の強化・構築に取り組むとしている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月27日 14:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
おめでとうございます。
インドに抜かれたとか、おめでとうございます。とりあえずご挨拶まで。
長期ストが抜かれた原因とかお花畑を・・・
物が良ければ高くても買うっちゅうこと朝鮮寄生虫にはわからんだろうなぁ~
コスパで負けたんだよ。コ・ス・パ
高かろう悪かろうぢゃ朝鮮寄生虫以外は買わないよ
[ 2016/09/27 15:45 ] [ 編集 ]
もっともっと
 もっともっと頑張れ韓国自動車労働者達、会社が潰れて下請け会社が破産するまで頑張れ、韓国には自動車生産会社は必要が無い、たた約5000万人の国民しか居ない国に自動車会社が本当に必要か?
[ 2016/09/27 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp