韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  次世代テレビ技術二分化の中でソニーは独自LED

次世代テレビ技術二分化の中でソニーは独自LED

今月初めにドイツで開かれた家電見本市「IFA2016」は世界のテレビ製造業界が次世代テレビをめぐって二分化されていることを克明に表わした。

「連合軍」に参加したメーカーの数を見れば「有機EL」が「量子ドット」を上回った。LGエレクトロニクスをはじめ欧州系メーカーのオランダのフィリップス、トルコのベステル、ドイツのロエベ、グルンディヒ、メッツなどが有機ELテレビを展示館の前面に掲げた。有機EL陣営への参加を明言したのだ。これら企業はほとんどがLGディスプレーが作ったパネルを利用して有機ELテレビを作った。業界は特にブランドを指向するドイツのグルンディヒ、ロエベ、メッツの有機EL陣営参加に注目した。LGエレクトロニクスは「有機ELが最上位プレミアムテレビとしてすでに認識され始めたもの」と説明した。

量子ドット陣営では技術進歩が目立った。中国TCLは厚さ15.4ミリメートルの65インチカーブドHDR量子ドットディスプレーを採択したテレビで技術革新賞金賞まで受賞した。サムスン・LGに続く世界3位のテレビメーカーである中国のハイセンスも量子ドット技術を使った製品を「ULEDテレビ」として紹介した。中国企業はほとんどが量子ドットと有機ELをともに展示したが、ハイセンスとTCLは量子ドット陣営、長虹とスカイワースは有機EL陣営に分類される。

日本のパナソニックとシャープも量子ドットと有機ELテレビ製品をともに展示し、両陣営の間でようすを伺う印象を漂わせた。2000年代初めまで世界のテレビ市場を牛耳ったソニーは独自の技術を出した。ソニーは固有の「ブラックライトマスタードライブエンジン」を使い、パネル裏面に高密度に敷き詰めたLEDがひとつひとつ独立的に駆動し微細な明暗を表現するテレビを公開した。
http://japanese.joins.com/article/174/221174.html?servcode=300§code=320


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
ソニーは、同社のテレビ史上最高画質を実現した4K液晶テレビのフラッグシップ『BRAVIA Z9D』シリーズを発表しました。65型「KJ-65Z9D」と75型「KJ-75Z9D」は10月29日に発売で、9月24日から全国の販売店で予約を受け付けます。100型「KJ-100Z9D」は受注生産の形で11月下旬以降に受注を開始する。価格は65型・75型はオープンとし、市場推定価格は65型が70万円前後、75型が100万円前後。100型は700万円(いずれも税別)。

『BRAVIA Z9D』シリーズは、4K(3840×2160)パネルを搭載した液晶テレビ。新たにHDRソースの輝度と画質を高めるべく、液晶パネル背面に敷き詰めたすべてのLEDを完全独立駆動させる、独自開発のバックライト技術「Backlight Master Drive」を採用しています。従来の駆動方式では複数のLEDをブロック単位でまとめて駆動させていましたが、本製品ではすべて単独でコントロール。より細かい細かい色彩の表現や、映像の立体感を高めた。

量子ドット技術とは、ディスプレイ技術における量子ドット技術は、ナノサイズの半導体結晶物質を用いて、入射してきた光を別の波長(色)の光に変換することをいう。なぜ量子(Quantum)というキーワードが出てくるかというと、光の波長変換を量子力学レベルで行なう。具体的には、光は波と粒子(光子=量子)の両性質を持つが、量子ドット素材に光を入射させると、その光は光子として振る舞い、量子ドット素材内の電子(=量子)がこのエネルギーを吸収したり、別のエネルギー量の光子に変換されたりする。光子エネルギーは波としての光の波長によって異なるのでエネルギー量が変わると光の波長も変わる。

液晶テレビメーカーが採用している量子ドット光学素材は、主流なのは、光学フィルムシート的な素材で、バックライトとなる白色LEDモジュールに張り合わせる方式や、液晶パネル全体に貼り合わせるような形で適用する方式だ。シャープはLEDメーカーでもあるので、青色LEDに組み合わせる新素材蛍光体の開発に力を入れている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月28日 14:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
はっ???
量子ドットって日系企業が、10年まえに捨てた(終えた)技術やん。たいしたことないんですよね。最近、中国企業が有望と叫び始めただけ。有機ELはね。LGのは自発光ではない。バックライトに有機ELの白色使ってるだけ。有機EL世界第一人者の山形大学城戸先生のブログが一年ほど?更新されていないから本当の有機ELパネル(自発光)の大型化はむりなんだろう。ソニーの技術は実は、今の薄型TVを物語っている。液晶にしてもなんでも、素材は日本、加工は、韓国か中国、TVを動かす制御チップは日本に軍配です。だから、制御チップのおかげで日本製TVは省エネ、機能で優位なんです。このソニーの技術も制御チップの発展なんですね。LEDを微細化すれば高画質。その高画質を制御するにはチップの発展。ソニー独自LEDは一番画質がよいらしいが、高価。LED微細化が低価格ならソニーの勝ち。チップは日本がぶっちぎり。まあ、そんな事情は韓国マスゴミにはわからんよ〜。あっそうか、日本のマスゴミも無理だな。
[ 2016/09/28 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp