韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  熱い世界のバッテリー市場…韓日中3カ国の競争

熱い世界のバッテリー市場…韓日中3カ国の競争

電気自動車、太陽光、スマートフォン、スマートウォッチ…。グローバル市場で特に熱い競争の中心にいるこれら製品の核心共通要素は何だろうか。充電して使える二次電池のひとつである「リチウムイオンバッテリー」だ。

世界のバッテリー産業に激しい風が吹いている。風は三角波のように3方向から集まっている。最も大きい風は電気自動車用バッテリーだ。最近になり中国と米国市場を中心に電気自動車市場が爆発的に成長している上に、昨年ドイツのフォルクスワーゲンが排気ガスを操作し世界的に波乱を起こした「ディーゼルゲート」後にエコカーに対する認識が高まった。2番目の風はモバイル時代が持ってきた。スマートフォンとスマートウォッチ、タブレットPCなど多様なモバイル機器が登場しバッテリーは必需品になった。

地球温暖化に対する懸念もバッテリーを呼んでいる。化石燃料が地球温暖化現象の主犯とされ、その代案として再生可能エネルギーの代表走者である太陽光発電が浮上しバッテリーの需要はさらに増加している。太陽光発電にもバッテリーは必須だ。昼間に生産した電力をバッテリーに充電し夜に使えなくてはならないためだ。そこで出てきた製品がエネルギー貯蔵装置(ESS)と呼ばれる大容量バッテリーだ。ESSは太陽光市場に沿って成長する。太陽光発電は昨年発電能力5400万キロワット水準だったが、2019年には9200万キロワットまで成長する見通しだ。

韓国電子産業協会のイ・ミョンギュ企画調査チーム長は「まだ世界市場規模が最も大きい分野はモバイル機器に使われる小型バッテリー部門だが、近い将来電気自動車用を含めた中大型バッテリーが小型バッテリー市場を追い抜くだろう」と予想する。日本の市場調査会社B3によると、急成長している電気自動車バッテリー市場は昨年の6兆4000億ウォン(約5832億円)から2020年には18兆8000億ウォンに3倍ほど成長すると予測される。


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
世界のバッテリー市場は「韓日中三国志」だ。昨年電気自動車バッテリー部門の1位は日本の日産とNECが合弁で設立したAESCで、世界市場の23.5%を占めている。次いでLG化学が16.6%、中国BYD、パナソニック、サムスンSDIが続く。日本と中国の企業が前後から攻略している局面だが、幸い韓国はバッテリー産業の三角波に巻き込まれず上昇する態勢だ。市場調査会社ナビガントリサーチが昨年12月に発表した「世界電気自動車バッテリーメーカー競争力評価」でLG化学は堂々の1位に上がった。サムスンSDIも3位を占めた。市場進出戦略と生産戦略、技術力、販売力、マーケティング、流通、品質、信頼度、価格など12項目を評価した結果だ。

LG化学関係者は「シェアは過去の指標にすぎない。ナビガントの調査は韓国の電気自動車バッテリーメーカーの今後の見通しが明るいということを見せたもの」と解釈した。 スマートフォンなどに使われる小型電池部門では韓国が圧倒的だ。市場調査会社B3によるとサムスンSDIがシェア25%で1位、LG化学が16%で2位だ。続けてパナソニック、ATL、ソニーの順だ。ただしサムスンSDIが最近発売したギャラクシーノート7のバッテリー爆発により会社設立以来最大の危機を迎えていることが懸念される。サムスン電子は実際に新しく発売したノート7のバッテリー調達先として中国ATLを選択した。

2020 年に向け、日系自動車メーカーを中心に HEV の販売攻勢を更に強めていくこと、米国や欧州自動車メーカーも消費者の環境保護に対する意識の高まりや厳しさを増す燃費規制と排ガス規制に対応するために電池容量の大きい PHEV や EV(Electric Vehicle)の新モデルを市場投入しつつある。また、市場の主導権を握るため、LiB メーカーの新規顧客獲得に向けた取り組みも活発化しており、更なる xEV需要の拡大を見据え、生産能力増強に走る LiB メーカーも目立っている。LiB の低コスト化が加速化し、電池性能も向上することで xEV 市場の拡大が後押しされ、車載用電池市場も堅調に拡大し、2020 年の車載用電池世界市場は金額ベースで 1 兆 4,949 億 5,500 万円、容量ベースでは 59,543MWhに成長すると予測する。

今後も、HEV 向け電池では依然として Ni-MH 搭載がメインと見られるが、高容量電池を用いた燃費改善効果や、車両スペースの有効活用を図るため電池の小型化ニーズは高まっており、今後、LiB の低価格化が進むことで、Ni-MH から LiB への置き換えはより進むと予測する。その結果、2015 年においては、Ni-MH 市場は 2,861MWh(構成比 22.9%)、LiB が 9,632MWh(同77.1%)、2020 年には更に LiB の低価格化が進むことにより、Ni-MH が 8,106MWh(同 13.6%)、LiB は51,437MWh(同 86.4%)になると予測する。

LIBの主要部材である電解液や極材などの素材と装置は日本企業が技術的に優位に立っており、今後も日本の強みとして発展が期待される。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月29日 12:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
電気自動車、次に太陽光発電
BMWを見ても、VWを見ても、電気自動車戦略のなかで
電池サプライチェーンのことは語らない。

欧州は電池産業が貧弱だから、韓国勢が欧州を狙うのは
よい選択でしょう。
・LG化学ポーランド工場
・サムスンSDIハンガリー工場

次に、電気自動車が使う電力の問題。
欧州は環境規制がきびしいから
発電インフラによる環境汚染が問題視される。
特に脱原発のドイツが一番問題が大きい。
今でも電気料金が高い。
まず、電気自動車を狙って、次に太陽光発電という
シナリオは妥当な線です。
[ 2016/09/29 14:14 ] [ 編集 ]
リチウムイオン電池だけ?
まあ、みなさんリチウムイオン電池すきですね。。。特に、韓国はどうしちゃたんですかね?
まず、モバイルなどは、小型で軽く高電圧のリチウムイオンは一番あってますね。でも発電所などでの高出力蓄電池は今のところNAS電池。これは日本ガイシだけしか作れない。また、民生用、産業用のリチウムイオン電池も今後は固体化される。そこでも出番は日本企業です。
次に、航空機ですね。これリチウムイオン電池です。以前、ボーイング787でバッテリー事故ありましたが、欧米は日本のGSユアサの責任にしようとしたが、問題は設計したフランスのタレスとかいう会社だった。そこで、アメリカの事故委員会と日本側で調べたら、そのタレス社が韓国のLGにはっちゅうした制御装置に問題があったことが判明。そのとたんに欧米も韓国も黙りを決めて、この問題はうやむやになった。しかし、日本だけはどこが悪いか分かっている。それを今、車載リチウムイオンバッテリーに応用しています。まあ、くわしく言うと電池スタックの配置ですね。四角配置なのかS字配置なのか、それとも、、という感じです。
まあ、これからはリチウムイオンも電池もNAS電池もセラミックが関わる。だから、村田や日本ガイシなどの日本企業しか作れないんじゃないか?
ああ、それと車の始動用モーターは中国の得意な鉛蓄電池ですよ。数千円ですからね。その十倍以上の値段のリチウムイオン電池使う奴はいないでしょうよ。
[ 2016/09/29 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp