韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン製洗濯機の爆発問題、米国で安全性を調査へ

サムスン製洗濯機の爆発問題、米国で安全性を調査へ

スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー爆発問題に直面するサムスン電子が米国で洗濯機の爆発疑惑に見舞われている。米政府機関の消費者製品安全委員会(CPSC)は28火、サムスン電子のふた付きの縦型洗濯機の一部製品で安全問題が指摘され、サムスン電子と対策を話し合っていることを明らかにした。CPSCは問題となった洗濯機を2011年3月から今年4月までの生産分だとしているが、具体的なモデル名は公表していない。CPSCはかさが大きい寝具や防水機能がある洗濯物を洗う際には、通常の洗濯コースよりも低速で開店する『デリケートコース』を利用するよう勧告した。

CPSCが調査に乗り出したのは、「サムスンの洗濯機が洗濯中に爆発した」という消費者の苦情が相次いだためだ。米ABCテレビなどによると、昨年初めからCPSCに「洗濯機爆発事故」があったとする消費者の苦情が約20件寄せられ、今年8月には消費者3人がニュージャージー州連邦地裁に集団訴訟を起こした。 サムスン電子は今回の問題が脱水過程で起きたと推定している。防水機能がある洗濯物を通常の洗濯物のように高速回転で脱水すると、洗濯槽内から水か抜けきらず、激しく振動することがあり得るという。サムスン電子関係者は「CPSCと昨年から協議を行っているが、具体的な内容は公式発表前には明らかにできない。問題の洗濯機は米国でほみ販売したモデルだ」と説明した。

一方、サムスン電子はギャラクシーノート7のバッテリー爆発問題を収拾する過程で新たな爆発論争が起きたことに戸惑っている。最近米プレミアム家電メーカーのダコー(Dacor)を買収し、本格的に北米市場の攻略に乗り出した状況で現地消費者の信頼が低下しかねないからだ。 しかし、米当局が自国企業を保護するために今回の事態を荒立てているという見方もある。電子業界関係者は「洗濯機の爆発はギャラクシーノート7の爆発とは次元が異なる問題だ。大量の洗濯物を一度に洗濯槽に入れるなど消費者の失敗が原因だった可能性もある」と指摘した。


スポンサードリンク


サムスン電子は今年上半期、北米の生活家電市場でシェア15.3%を記録し、1位の米ワールプール(16.1%)を追い上げている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/30/2016093000639.html

【管理人 補足記事&コメント】
爆発の報告はジョージア州、インディアナ州、テキサス州であげられており、米ABC Newsは2015年初頭から現在までに21例がCPSCに寄せられている。テキサスで発生した例では、洗濯機の爆発によってガレージの壁に穴があいたとされ、ある意味Galaxy Note 7の爆発どころではない、危険を伴った問題と言える。サムスンはこの問題について、2011年3月から2016年4月の間に製造した洗濯機の一部で『大きな衣類や寝具、防水加工の衣類などを洗濯すると、まれに異常な振動が発生して物理的破損が起こる可能性がある』と認めた。サムスンは現在、潜在的な問題に対処するため米監査機関とともに対策を検討中としている。

一方、ニュージャージー州のとある弁護士事務所は『サムスン製洗濯機を使用中に爆発した例が複数発生しており、使用者の怪我や物品の損傷につながる可能性がある』として集団訴訟に踏み切ったことを明らかにしている。弁護士によると、ドラム下部を支える軸受部分が振動によって破損し、ぐらついたドラムが洗濯機を内部から破壊するとのこと。爆発というよりは破裂というほうが正確かもしれない。なお、爆発の例は縦型の洗濯機に限られ、ドラム式洗濯機では問題がないとのこと。

ちなみに、サムスン製洗濯機はオーストラリア・ニュージーランドでも爆発発火事故を起こしている。こちらは2013年に問題が発覚してリコールを実施したものの、それを知らずに使い続けた結果、機械内部の配線がショートして発火・爆発に至るという内容で、今回の米国での例とは異なるとの事。一方、サムスンは発表声明の中で「該当製品について、まれな例として、寝具やかさばる洗濯物、防水加工されたものを洗う場合に異常な振動が発生してけがや物的損傷がおよぶリスクがある」と説明している。

サムスンの発表に先立ち、米ニュージャージー(New Jersey)州の弁護士事務所がサムスン製の縦型洗濯機の一部について、複数の所有者が自宅で使用中に爆発したと訴えており、けがや物品の損傷につながる恐れがあるとして、サムスンを提訴しているわけで、サムスンは、主力商品のスマートフォン「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」のユーザーから充電中にバッテリーが発火したとの苦情を受け同製品250万台の回収を余儀なくされ、ブランドイメージに痛手をこうむっているとしている。何とも続けば続くものだが、今度は洗濯機ですからね~。異常ならば爆発云々以前に停止するのが当たり前であるから、この問題も大問題となりそうだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月30日 13:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp