韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  J-POPに対抗し競争力向上、世界を席巻するK-POPアイドル

J-POPに対抗し競争力向上、世界を席巻するK-POPアイドル

ソウル市江南区にある大手芸能事務所「SMエンターテインメント」には毎週新曲が100曲ずつストックされていく。韓国人作曲家の曲だけではない。スウェーデン・デンマーク・オランダ・イギリス・フランス・アメリカなど世界各国の音楽界で活躍する作曲家700-800人が新曲を送ってくる。SMエンターテインメントの新人歌手発掘・新曲採用を担当する4チーム30人がこれらの曲を3回にわたり審査する。最終審査にはイ・スマン総括プロデューサーも参加する。

SMエンターテインメントは国内外の有名作詞家・作曲家とネットワークを作り、彼らとの協業により新曲を作る方式を採用している。いわゆる「SMソング・ライティング・キャンプ(Songwriting Camp)」だ。人気アイドルグループEXOが今冬リリースする予定の新譜に収録されるジャズ風ナンバーはスウェーデンの作曲家、リズム・アンド・ブルース(R&B)調の曲は米国人作曲家と組んだ作品だ。同事務所のイ・ソンス・プロデュース本部長は「毎年4000-5000曲聴いて評価するため幅広い音楽作りに役立つ。最近では日本や中国の作曲家の発掘や協業にも力を入れている」と語った。

1996年にデビューしたH.O.T.や97年デビューのSechs Kiesなど「アイドルグループ第1世代」が誕生して今年で20年になる。速くて華やかなダンス・ナンバーとダイナミックなフォーメーション・ダンスが中心のアイドル音楽が、ポピュラー音楽界の勢力図を変えるとは誰も予測できなかった。政府は1990年代後半から4回にわたり日本のドラマ・漫画・ポピュラー音楽といった大衆文化の規制を解除してきた。当時は「日本の大衆文化を開放すれば、韓国ポピュラー音楽市場は『J-POP』と呼ばれる日本のポピュラー音楽に侵食されてしまう」という悲観的な展望が支配的だった。


スポンサードリンク


しかし、韓国ポピュラー音楽界は2010年以降も売上高・輸出額とも毎年10%以上ずつの安定した成長を見せている。窮屈な国内市場から脱し、日本・中国・東南アジアはもちろん、米国・中南米・ヨーロッパまで世界を舞台にした「逆転の発想」のたまものだった。

韓国ポピュラー音楽界が「K-POP」というブランド名を使って世界進出に成功した秘訣(ひけつ)には、まず「グローバル化戦略」がある。中国人(f(x)ビクトリア、Miss Aフェイなど)、日本人(M.I.Bカンナムなど)、タイ系アメリカ人(2PMニックン)らアイドルグループ・メンバーたちの国籍だけでなく、作詞家・作曲家まで徹底して「グローバル市場」を目指したことが、世界進出の原動力になったとの見方だ。ジョージ・メイソン大学仁川グローバル・キャンパスのイ・ギュタク教授は「米国で売られているトッポッキ(もちのコチュジャンいため)がコチュジャン(トウガラシみそ)の代わりにしょうゆを使うように、海外の人々がK-POPに感じるかもしれない抵抗感をできるだけ消す多国籍戦略だ」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/30/2016093001851.html

【管理人 補足記事&コメント】
2015年2月9日、英紙フィナンシャル・タイムズは、少年少女をスターに育て上げるために徹底した養成システムが存在する韓国の芸能産業の現状を紹介した。中国紙・参考消息(電子版)が伝えている。韓国コンテンツ振興院の統計によると、2013年のK-POP産業は41億ドル(約4900億円)の売上高を実現した。K-POPはアジアだけでなく欧米や南米でも確固たる地位を築きつつある。K-POPと韓流ドラマの成功は韓国に多大な利益をもたらした。その大部分がK-POP人気に起因するものであり、K-POP産業は投資家にとっても魅力的な投資先となっている。

東方神起やEXO、少女時代などの人気ユニットを抱える大手芸能プロダクションのエスエムエンターテインメントは、海外売上高が2008年の800万ドル(約9億6000万円)から昨年の1億ドル(約120億円)にまで急成長している。芸能プロダクションは魅力的なK-POPアイドルを輩出するために、国を越えて才能ある少年少女をオーディションで集め、長時間かけて育て上げる。歌やダンスのレッスンだけでなく、英語や日本語、韓国語などの語学レッスンも必要不可欠だ。

韓国の著名な美容整形外科医によると、K-POPスターの9割以上が整形手術を受けている。このため、デビューを果たせなかったスター養成所の訓練生の多くが、整形手術の費用をプロダクションに請求するという。さらに、長期にわたる訓練生時代とデビュー後の長期契約が少年少女たちを縛りつける「奴隷契約」だとして、所属歌手がプロダクションを訴えるケースも多い。「オーディションに参加した1万人のなかから、訓練生に選ばれるのは100人。そのうち10人がデビューできるが、本物のスターになれるのは1人しかいない」といわれるほど過酷なK-POP業界だが、成功した見返りは非常に大きい。

現実は反韓もあり韓流スターが次々自国で訴訟問題を起こし、散々である。とはいえ日本のオリコンで上位にランクされるケースが多いのは事実。だが、見通しは暗い。韓流を経済扱いに変えた朴槿恵は、小規模事務所で何をしたいのか…。日本の音楽規模と比較対象外であり論外であるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月02日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
K-POP なんか知りませんが
何か薄っぺらく感じます、 10年、 20年たってもスタンダードになって残るような楽曲が K-POP にありますかね?

それに、
わたしゃ BABYMETAL がいいや。
[ 2016/10/03 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp