韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  アベノミクスが変えた無気力日本

アベノミクスが変えた無気力日本

日本の安倍晋三首相の経済政策である「アベノミクス」をめぐる論争が絶えない。アベノミクスは財政出動の拡大と金融緩和を通じた資金供給で景気浮揚を図った上で構造改革を行うとする政策だ。資金供給による円安効果で大企業の輸出が増え、株価が急騰した。しかし、産業競争力強化のための構造改革にはまだ疑問符が付く。輸出物価が上昇したほか、資産バブルを招き、庶民の生活が苦しくなったとする不満も根強い。経済が見かけだけ回復したように装う「アホノミクス」という批判も聞かれる。

しかし、明らかなことは日本の政治、経済が無気力と敗北主義から脱却している点だ。日本の20年にわたる長期不況の根本原因は政治的無能だ。首相が1-2年ごとに入れ替わり、長期不況を克服するための長期政策には踏み切れなかった。一方、安倍首相はアベノミクスという一貫した政策を強力に推進している。 韓国ではいつも妄言ばかりで「日本を戦争ができる国」にしようとする極右傾向の政治家として評価されているが、安倍首相は日本では就任4年目で62%(読売新聞調査)の支持を維持するカリスマ政治家だ。彼に代わる政治家は野党のみならず、与党内にもいないため、「安倍1強体制」という言葉も流行している。

安倍首相は2006年、最年少の首相として就任したが、1年で支持率低下と潰瘍性大腸炎で辞任した。12年12月に首相に返り咲いた際も「いつ病気が再発して辞任するかもしれない」と揶揄(やゆ)された。そんな安倍首相が長期にわたり政権を維持しているのはポピュリズム政策のせいではない。支持勢力に苦痛を強いる「改革主義者」としての姿もある。自民党の伝統的支持基盤である農民や党内一部勢力の反対を押し切り、農産物の市場開放が盛り込まれた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉と農業改革を急いでいる。


スポンサードリンク


地方都市の反発を受けても、東京など大都市を「戦略特区」に指定し、規制撤廃で投資と起業を促している。「ドローン特区」「自動運転車特区」「医療特区」を設置し、新たな産業を創出している。人口減少問題の解決に向け、外国人の家事ヘルパーを許容することなど移民政策の検討も本格化している。

国民の心を読むのも得意だ。安倍首相はまるで労組の代弁者にでもなったかのように大企業に圧力をかけ、賃上げを促す。今年4月に九州で地震が起き、観光客の足が途絶えると、1800億ウォンを投じ、被災地への旅行商品を最大70%割り引く措置を取った。リオデジャネイロ五輪の閉会式にスーパーマリオにふんして登場する演出で2020年の東京五輪を世界に宣伝した。高齢者の資産を早期に相続させ、若年層の消費を増やす「事前相続(生前贈与)奨励税制」のような奇抜な政策も打ち出している。

アベノミクスは単純な資金供給ではない。日本国民が安倍首相を支持するのは、アベノミクスの成否よりもさまざまな政策的試みが無気力と敗北主義に陥っていた日本を変える上で役立つと考えているからだろう。日本が変化のためにもがく中、かつて活気に満ちていた韓国は正反対の方向に向かっている。政府官僚が公に「政府主導で構造調整を行えば、素人が失敗を招くようなものだ」と発言し、共倒れの危機に直面した産業の構造調整を無視していることだけ見ても明らかだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/30/2016093001857.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報から反日記事が消えて、日曜日に愚痴記事がコラムとして出るのだが、韓国記者は能無しであるから困る。政治ができるのは金融政策でしかない。日銀はマイナス金利を導入し、金回りの動きを活性化し消費活性化と円安誘導を実施した。しかしドル円の為替を動かすには程遠いのは、円高時の状況を見ればわかるはず。日本の20年にわたる長期不況の根本原因は政治的無能だというが、その20年で成長戦略で得た企業の内部留保金は円高時の終わりで、300兆円を超えた。

政治ができることは限定的でしかない。円高に向かい高齢化社会で落ち込む消費だが、観光業や地方再生へと必死である。東京オリンピックまでに達成するべきことは数多い。少しづつではあるが確実に前に進んでいる。後ろに下がって崩壊へ近づく韓国とは比較対象外だ。ましてアベノミクスとつけた名前自体、実は内容は大したことではないが、日本は企業全体で成長戦略に頑張っている。財閥企業と比較すること自体論外であるし、そもそも国のシステムが違いすぎて、比較にならない。

素晴らし日本目当てに訪日する韓国人が上昇中だが、反日政策なのだから訪日すること自体おかしいだろう。
挙句に不法滞在一位が韓国人である。いい加減にしてほしいものだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月02日 10:05 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
大丈夫、安心してください。
韓国ネットでは、韓国人が日本旅行でいじめにあったとか、日本は汚いとか、日本人は何何とか日本をけなす発言が増えてきている。
だから、そのうち、韓国人が日本にくるのが減るから良い。ただし、日本人が韓国に行くのは減らないだろう。なぜなら、日本のメディアが韓国押しだから。ただし、韓国ネットをみると、日本人に嫌ことしようぜ!というコメント増えているので、訪韓日本人が減ることはあるかもしれない。が!それはメディアや外務省次第だし、日本人旅行者がちゃんとした情報を得て旅行先を決めるかであろう。
[ 2016/10/02 11:58 ] [ 編集 ]
安部政権の前は短命だった
前の民主党政権前後で首相任期が半年しか持たない状態が続いていた。
 (小泉政権のみ除く)
安部政権になって、日本を良くしようという意気込み、計画、説明、実行、見直しがあり、歴代の政権より見やすく、かつ実践されているという実感がある。  高齢者にとってはなんのメリットは無い、いやむしろデメリットがある(消費税UP、年金額削減、医療費負担増)。 しかし日本経済からみれば円安、 株価UPで大企業中心に売り上げが増加し、内部留保もでき、全体ではないが昇給もできた会社も多かった。 今首相適任者は安部さんしか見当たらない。 海外の政府に対等に話ができるのも、大企業に賃上げ要請、TPPで農業が縮小するのを飲ませられるのも、普通だったら選挙で票を落とすのを覚悟で実行できるのは安部総理しかないのが現状です。
国民もそれが分かっているので今でも支持率が高いと思われる。マスコミや野党は アベニミクスは失敗だった、というが何もしない政権よりは、次々に
手を売っている現政権の方がましである。
[ 2016/10/03 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp