韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、ギャラクシーノート7販売再開を10月1日に延期

サムスン電子、ギャラクシーノート7販売再開を10月1日に延期

韓国のサムスン電子<005930.KS>は25日、バッテリーの不具合で発火の恐れがあるとして、リコール(回収・無償修理)をしている新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の韓国での販売再開日を10月1日とし、当初予定していた9月28日から3日延期すると発表した。延期の理由について、同社は国内でのリコール完了を優先させるため、とした。

同社は9月2日、韓国や米国など世界10カ国・地域で販売された「ギャラクシーノート7」少なくとも250万台についてリコールを発表。早期のリコール完了と販売再開で第4・四半期の売り上げ回復を目指すが、韓国でのリコールの遅れが見通しを厳しくしている。

韓国では19日から、安全なバッテリーを搭載した製品との交換が始まった。サムスン電子によると、これまでに回収された製品は約20万台と、韓国でのリコール対象の半数にとどまり、リコールペースはシンガポールや米国など他の市場よりもはるかに遅い。

同社は「(当初の予定通り)9月28日に販売が再開される場合、リコール率は大幅に低下する可能性が高い」との見方を示した。ただ、販売が再開される10月1日以降は、リコール対象の製品を国内のキャリアを通じて交換することができなくなるため、リコールはさらに進めづらくなる。
http://diamond.jp/articles/-/102939


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国サムスン電子は2日、バッテリーの欠陥を理由に8月に発売した大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」の世界販売を停止すると発表した。競合する米アップルは7日、新型「iPhone(アイフォーン)」を披露するとみられており、サムスンにとって打撃となるのは必至だ。同社のモバイル担当責任者、高東真(コ・ドンジン)氏はすでに10カ国で販売されているノート7の問題について謝罪。同端末を購入している場合、新品と交換すると説明した。

サムスンは今回の件で、アイフォーンの需要が新機種販売のはざまで鈍っていたことにより得たスマホ市場での勢いを失い、評判も落とすことになる。 IBK証券(ソウル)のアナリスト、イ・スンウ氏は「予想外のリコール(回収・無償修理)は間違いなく購入者をいらだたせる」と指摘。同氏は今年のノート7の出荷台数は当初予測した1400万台から1200万台へ落ち込むだろうと語る。同端末はすでに海外で約60万台が販売されており、バッテリー問題の影響を受ける機器は約100万台に達するだろうと語る。

サムスンは数日前、さらなる品質チェックが必要だとして、携帯事業者への供給が遅れていると説明していた。複数のメディアは先週以降、ノート7が充電中に発火したと報じており、一部の所有者は焼けた端末の画像をインターネット上で公開していた。 HMC投資証券(ソウル)のアナリスト、グレッグ・ロー氏は、ノート7の問題は「消費者心理を悪化させるだろう」と語り、「安全性の問題に関わるので、(購入機器を)決めていない消費者が来週発表予定の新型アイフォーンに流れるだろう」と予測する。「サムスンは当初、少なくとも1100万台のノート7の出荷を年内に予定していたが、今や目標達成は困難だと思われる。同ブランドイメージにとっても打撃を与えるだろう」と分析し、「今年の利益見通しを引き下げる余地が生じる」と述べた。

そんな中で中央日報は、サムスン電子が28日から通信キャリア3社を通じてギャラクシーノート7の販売を再開すると報じた。先月6~18日に事前予約を受け付けた客を対象にまず端末を支給するとし、新規加入者は来月1日から開通可能だという。プロモーション期間も延長され、事前予約者の場合は来月15日までに、新規購入者の場合は翌月31日までに開通手続きを終えると「Gear Fit2」などの謝恩品をもらうことができるとの事。

先月19日に発売されたギャラクシーノート7はバッテリー発火問題で全量リコールが行われ今月2日に販売が中断された。サムスン電子は現在、韓国と米国でギャラクシーノート7のリコール比率が60%を突破したと明らかにした。ギャラクシーノート7は韓国で約40万台、米国で約100万台程度販売された状態だ。サムスン電子は28日、主要言論メディア広告を通じて、まだギャラクシーノート7交換プログラムに参加していない人を対象に新製品への交換を促すなどリコール比率を高めるために注力しているとした。

スマホに洗濯機の爆発と異常なサムスンをアップルは Plusモデルの品薄が続いているiPhone 7シリーズが、日経のITProのウェブサイトでは、発売後3日間の販売台数が、iPhone 6sシリーズの42%とかなりの不振であることを伝えている。これは、主要家電量販店の販売台数を集計しているBCNの集計が根拠になっている。 米国ではiPhoen 7 Plusの需要がiPhone 7を上回ったという報告もあるが、今回が外観デザインにそれほど変化が見られないため、購買意欲がそれほど高まらなかった。一般消費者にとっては、Plusのデュアルレンズカメラのインパクトが大きかったが、Plusユーザーはやはり少数派なので、販売台数増には結びつかなかったようだ。アップルもまた苦戦している。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月02日 10:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp