韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「韓国経済」がグローバル競争から「脱落」する構図

「韓国経済」がグローバル競争から「脱落」する構図

韓国経済がグローバル競争から脱落し始めた。牽引車のスマホ、テレビ、半導体など電子・電機産業は中国製造業の猛追で、サムスン電子すら足元が揺らぐ。造船は業界存亡の時を迎え、鉄鋼、自動車も勢いが落ちた。イノベーションによる突破力が身につかないまま成長を目一杯追った結果だ。1997~98年の「IMF危機」以降の競争至上主義とグローバル化も、限られた企業を強くしただけで、産業全体の底上げにはつながらなかった。次の成長ステージに進めなければ、韓国は先進国の地位からずり落ちる恐れもあるだろう。

致命的なバッテリー事故
「『ギャラクシーノート7』の機内での使用は全面禁止、貨物としての預け入れもお断りします」。世界の航空会社の多くがサムスンの最新スマホを忌避している。内蔵のリチウムイオン電池が爆発、発火するなど、韓国はもちろん欧米各国で事故が多発、サムスン自身も一時はユーザーに使用中止を薦めた。ギャラクシー・シリーズのスマホの世界的ヒットで世界のエレクトロニクス業界の頂点に立ったサムスンだったが、中国をはじめとする新興国景気の急減速と軌を一にするように2014年あたりから業績が悪化していた。

今年3月に発売した「ギャラクシーS7」の好調でなんとか持ち直し、8月に発売した「ノート7」も発売直後は人気を呼び、シェア回復に弾みが付きかけていたところだった。だが、「スマホ史上最大規模」となるバッテリーの不具合で、勢いは止まった。今後、リコールにかかる費用とユーザーからの損害賠償請求の負担は決して軽くはないが、それ以上に深刻なのはサムスン本体と「ギャラクシー」ブランドが受けた傷だ。


スポンサードリンク


バッテリー事故を抜きにしても、サムスンの置かれた状況は厳しい。営業利益の7割を稼ぐといわれるスマホを核とするモバイル部門は「華為技術(ファーウエイ)」「ZTE」「広東欧珀(OPPO)」「小米(シャオミ)」「TCL」など中国勢にシェアを急激に浸食され、2013年には31%を超えていたスマホの世界市場シェア(米市場調査会社『IDC』調べ)は、2015年には25%を割った。シェア急降下の様子は、かつて世界の携帯電話(フューチャーフォン)市場を支配したノキアの急激な凋落を思い出させる。サムスンが狙う上級機種ではアップルが依然として圧倒的な支持を得ており、韓国国内でも20~30歳代ではiPhoneユーザーが増えている。

世界最大の液晶パネル生産国は「中国」に
スマホ以前に韓国ブランドを世界市場に浸透させた液晶テレビでも、主役の転換が急速に進んでいる。「ハイセンス」「TCL」「スカイワース」など中国メーカーの追い上げが激しい。今年第1四半期の世界シェア(米市場調査会社『IHS』集計)ではサムスン21%、LG13.2%と韓国が1、2位を維持してはいるが、中国メーカーの合計は31.4%まで急伸、韓国2社の合計に迫っており、通年では中国勢が上回る可能性が出ている。その裏付けとなる液晶パネルの生産拠点については、中国企業が第8世代以降の新鋭工場を続々立ち上げ、世界最大級の第10~11世代のプラントも合肥(安徽省)と深圳(広東省)で建設が進んでいる。業界の予想では、2017年第4四半期には中国が韓国を抜いて、世界最大の液晶パネル生産国になる。

過去10年以上、韓国がリードしてきたDRAM、フラッシュなど半導体メモリーも中国メーカーが政府支援を受け、5兆円ともいわれる巨大投資で新鋭プラントの建設を進めており、韓国との差を一気に縮める可能性がある。テレビ、スマホという最終製品でトップに立ち、組み込むデバイスでも日本、韓国、台湾などに追いつこうというのが中国の産業高度化戦略であり、韓国は狙い撃ちされている。それは、かつて日本メーカーが液晶パネル、半導体、スマホで韓国、台湾勢に追いつかれ、主導権を奪われていった姿に重なる。
http://www.huffingtonpost.jp/foresight/korean-economy-drop-out-from-global-competition_b_12225616.html

【管理人コメント】
韓国経済でサムスンとか現代自とかばかりを取り上げるのだが、大企業が中小企業を本当に牽引しているのだろうか…。中小企業雇用率88%の韓国は、その60%が部品企業とはいえ、部品企業が自社で受注できる組織に改革できれば、自国民は生活ができると考えれば、対応策はありそうだが…。勿論今日明日で対応できるわけではない。良い悪いは別にして日本企業合併で傘下に入るの手であろうし、他国の買収において、雇用維持できるならば、それも一つの手でもある。しかし将来を考慮すれば、自社で他国からも受注出来るシステム構築を政府がお膳立てする事である。と同時に中小企業組織に有能な大卒連中が山ほど余っているわけで、マーケティングあるいは営業手法を政府主導で勉強させて、中小企業へ派遣し、中小企業に受注を可能にする設備投資補助を実施することである。

中小企業を独り歩きさせなければ、大人になれないのではないか…。
大企業は財閥だが、中小企業は自国民と考えれば…、
改革することは山ほどあるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月02日 19:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
LGにしぼってみます。
現代やサムスンは他の方にお任せするとして、LGにしぼってみます。
LGのスマホ部門は約900億円の赤字。
LGの4Kテレビの価格が、各国メーカーのフルハイビジョンテレビより価格が下がった。
この状態で新スマホをリリース。叩き売り、投げ売りしない限り売れない。
叩き売り、投げ売りすると赤字が拡大する。
4Kテレビがフルハイビジョンテレビよりも低い価格で売る?売れないから、投げ売り、叩き売り状態。赤字の拡大。
さて、LGはいつまで持つか。。。
[ 2016/10/02 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp