韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  とうてい受容れられないセウォル号特調委の強制終了

とうてい受容れられないセウォル号特調委の強制終了

4・16 セウォル号惨事特別調査委員会(特調委) の活動が9月30日で強制終了となった。 政府はセウォル号特別法が2015年1月1日から施行されたという理由で、1年9カ月目のこの日、特調委の活動は終了すると通告した。

予算と人員を取り揃えて実際に活動を始めた去年8月から起算するのが穏当なはずだが、頑として聞かない。昨年の1月1日を起算日とするの一点張りだ。 人員と装備を撤収し、予算も絶ち、電算網へのアクセスも遮断してしまった。 まだ引き上げられていない9人が海の底にいて、沈没の真相も依然として糾明されていないのに、特調委を事実上強制解散させるというのだ。

特調委に対する妨害は前々から激しかった。 政府とセヌリ党は法制定の時から特調委の権限を縮小しようとした。 施行令も調査対象である政府がかえって調査過程を掌握して特調委の調査範囲を政府の既存の調査結果を検討する程度に限定するなど、特調委の活動をはじめから締め付けた。 与党推薦の委員は事実上の「妨害組」となって調査活動のことごとにたて突き、とんでもない歪曲で特調委の活動を非難し侮辱した。

大統領は多くの税金が使われているとして、不満を露わにしたし、惨事の元凶と言うべき海洋警備安全本部(旧海洋警察庁)は特調委の証拠資料提出の要求も拒否した。特調委が国会に要請した特別検事の任命も、政府・与党の拒否で実現しなかった。 甚だしくは特調委に派遣された公務員が委員長の業務指示を無視するなど、あからさまに業務を妨害したりしたそうだ。一体何を恐れてこれほどまでに必死になって真相糾明を妨害するのか、尋ねざるを得ない。


スポンサードリンク


そんな困難な条件の中でも特調委は、大きいとは言えないが成果を上げている。 政府のコントロールタワーが初めから存在していなかったという事実や大統領府がセウォル号関連の韓国放送(KBS) の報道に介入したという事実、政府が発表した救助・捜索活動は実際とは違っていたという事実などを明らかにし、惨事当時の交信の音声と映像が操作され削除された可能性があるという疑惑などを提起した。しかし明らかになった真実は一部に過ぎず、多くの疑惑が依然として糾明されないまま埋もれている。

そもそも惨事の真相をまともに糾明して再発防止のための根本的な社会変化を成し遂げるという事が、1年と数カ月くらいの短い期間に可能な問題では決してなかったはずだ。特調委が政府によって終了させられたからといって、真実糾明をここで止めるわけにはいかない。新しい特別法と特別検事導入を推進するなり民間次元で真相糾明を引き継いでいくなり、なすべきことは続けていかねばならない。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/25300.html

【管理人 補足記事&コメント】
4・16セウォル号惨事特別調査委員会(特調委)の強制終了に反対し、 セウォル号家族と安全社会のための社会団体が真実のための戦いを続けると明らかにした。4月16日の約束国民連帯(416連帯)と地下鉄非正規職死亡災害解決と安全社会のための市民対策委員会が9月30日午前、ソウル市光化門政府総合庁舎の前で記者会見を行い、 政府のセウォル号特調委強制終了の方針を糾弾して必ず責任を問うと明らかにした。特調委は650万人の署名で制定されたセウォル号特別法により、1年間セウォル号惨事に関して3回の聴聞会と各種調査活動を行い、その真相を調査してきた。 しかし9月30日を起点として強制的に終了させられた。

韓国政府としては知られたくない情報も多いのだろう。
もともとセウォル号特調委の強制解散タイミングを見ていたのだろうが…、
300名もの若い命は浮かばれないままとなる…



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月03日 10:39 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp