韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、北方領土の返還に向けロシアに6000億円の経済協力

日本、北方領土の返還に向けロシアに6000億円の経済協力

日本政府がロシアと領有権紛争がある北方領土(クリル4島)の返還のために実生活中心の大規模インフラを支援する。 1日の日本経済新聞によると、日本政府は1事業に6000億円にのぼる協力事業を含め、医療・郵便事業・空港整備などの経済協力計画を用意した。

日本は12月15日に山口県で開催される安倍首相とプーチン露大統領との会談でこの経済協力案に合意し、北方領土の返還に成果を出す方針だ。経済協力事業の財源は日本国際協力銀行(JBIC)などの融資と政府予算、民間資金を通じて調達する。ロシアの需要が多い医療分野の場合、内視鏡やカテーテルなど先端医療機器・技術を提供することにした。東芝と日本郵便はロシア側と協力して郵便物配達時間の短縮を図る。はがきを配達順に仕分ける機器の提供を通じてだ。

総合商社の双日はハバロフスク国際空港の改修と運営に参加する。双日はこの空港に対する投資も検討中であり、ロシアの極東開発に協力する方針だ。三井物産は液化天然ガス(LNG)と風力発電の開発に協力する。経済協力案にはウラジオストク港など港湾の整備、水産物加工工場など産業拠点の建設も含まれた。日本政府は中小企業のロシア進出を積極的に支援し、ロシア国民の日本訪問時にビザ発行条件を緩和する案も検討中だ。


スポンサードリンク


読売新聞は日本がロシア極東アムール州のボストーチヌイ宇宙基地で人工衛星を打ち上げるなど両国間の宇宙分野協力も推進すると伝えた。ボストーチヌイ宇宙基地はロシアが賃貸して使用するカザフスタンのバイコヌール宇宙基地への依存を減らすために莫大な費用を投入して新しく建設した先端施設。日本は相対的に費用が少ないロシア製ロケットを活用し、民間通信および観測衛星を拡大する計画だ。

日本側の経済協力計画は安倍首相のロシアに対する新しい接近法に基づくものだ。安倍首相は先月末に開かれた衆議院予算委員会で「戦後70年以上たっても平和条約を結べない異常な状況に終止符を打たなければならない」と述べ、北方領土の返還に意欲を見せた。 日本政府はその間、ロシアとの平和条約締結の前提条件として北方領土4島の一括返還にこだわってきたが、色丹・歯舞の2島の返還を先に受ける案を推進中と把握されている。
http://japanese.joins.com/article/332/221332.html?servcode=A00§code=A00

【管理人コメント】
北方領土の共有となると、アメリカから圧力がかかるだろうし、徐々に返還する時間の設定というのも考えられる。すでにインフラされロシア人が住んでいるわけで、今日明日返還するわけではないだろう。ただ徐々に良い方向には進むのではないか…。返還までの年数を決めて、その間を共有とするという手もある。安倍総理の政権下で決めるしか道はない。アメリカにとっては厄介でも日本にとっては日露の安全保障は重要であるから、今後どのように対応するのかは重要だ。

最後のチャンスともいえるわけで。安倍総理も必至だろう。ただリスクもあるわけで空振りに終わる可能性も大きい。当然そのことを考慮し、ロシアで日本企業が有利に企業活動ができるための6000億円としてほしいものだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月03日 12:06 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
愚生は心配です。
※サハリンを経由して北海道まで鉄道を引くなんて話もあるようですが、 大丈夫なんですかね? ロシア陸軍の歩兵が電車に乗って北海道に来たりして。

ロシアと支那は、 G20開催中の9月12日~19日まで、中露合同軍事演習「海上連合―2016」を開催してました、 演習規模から言って仮想的は日本だったようです、 用いた装備も演習内容も、離島攻略に思えるものだったとか?

こんな話もある。
↓↓↓
ロシアでKGBが復活する公算大
2018年大統領選に向け、着々
と布石打つプーチン
JBpress 小泉悠 [2016/10/03]
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48018

本当に大丈夫なんですかね、 馬鹿だから心配になっちゃいます。

[ 2016/10/03 13:36 ] [ 編集 ]
ここでロシアビジネス
日露双方の政権が、どう片付けても成果主張が可能な課題です。
しかし、北方領土は軍事的価値以外には経済的価値が低い地域です。
実際、日本側の北海道の人口は5年で2%減っている。
根室市の人口は5年間で2,500人減っている。

北方領土ロシア人が 16,000人いるらしいが、
本国の支援で生活が成り立っていて、現場労働には
外国人を使っている。
ロシア人込みで返還されればロシア人の大半は生活保護になる。

6,000億円というのは、領土返還の見返りではなくて、
ここで一口乗ろうというビジネス案件の投資じゃないですか。
とにかく、ロシアはガスを日本に売りたい。
関連ビジネスがたくさんあるらしい。

安陪政権は北方領土をネタにしてロシア接近の戦略みたいです。
急がないで、こちらに有利な条件を醸成して、
国後択捉はロシアが自国人を引き上げるまで待ってもいい。
[ 2016/10/03 15:05 ] [ 編集 ]
何故に彼の国のメディアが?
彼の国のメディアが口を挟む筋の話ではありません。

これは、純粋にロシアと日本の話です。とは言っても中国を牽制する狙いも有るかもしれませんが。

そういえば、かつて、日本とロシアの間で、彼の国がウロチョロして大変な迷惑を被りました。

今回は、「ロシアに資金を出すのだから、彼の国にも」とか、「日本がロシアに投資する資金で、彼の国が仕事を」とか、良からぬことを考えていそうな予感がします。

日本は、決して騙されてはいけません。
彼の国は、こういう些細なところから付け入ってくるのですから。

ご用心!ご用心!
[ 2016/10/03 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp