韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  サムスン“爆発洗濯機”で集団訴訟に発展も 豪州、ニュージーランドでも破裂

サムスン“爆発洗濯機”で集団訴訟に発展も 豪州、ニュージーランドでも破裂

新型スマートフォンのバッテリー欠陥問題で揺れる韓国のサムスン電子で、今度は米国で洗濯機が破裂する事故が相次いでいることが分かった。米当局が注意を呼びかけ、使用者による集団訴訟にも発展している。豪州やニュージーランドでも洗濯機の火災や爆発事故が多発するなど世界中で騒動となっている。

「爆弾のような音がして洗濯機が突然吹き飛んだ。ナットやフタが床に散らばっていた。隣にいた4歳の息子の頭を必死にかばった…」 米ABCニュースはこう訴える女性をはじめ、サムスン製の洗濯機で同様の事故が起きたとして、2015年以降21人が米消費者製品安全委員会(CPSC)に訴えたと報じた。

問題になっているのは、洗濯機の上部から洗濯物を入れる「トップロード」型で、サムスンが2011年3月から16年4月の間に製造した製品。ABCニュースは、洗濯槽の下部を支える軸受け部分が振動で破損し、洗濯槽が回転とともにぐらついて洗濯機を破壊したという被害者の弁護士の見解を伝えている。また、CNNによると、ニュージャージー州の裁判所では洗濯機が破裂したと訴える被害者が集団代表訴訟を起こしている。テキサス州の原告は訴状で「ガレージの壁を突き破るほど激しい破裂だった」と指摘。原告側は、サムスンが「欠陥のある洗濯機を回収し、証拠の隠滅を図った」とも主張しているという。


スポンサードリンク


サムスン側は「一部の洗濯機で寝具や、かさばったり防水加工をした衣服などを洗う際に異常な振動が発生し、けがや物的損害のリスクをもたらす可能性がある」とする声明を発表。CPSCは、こうした物を洗う際には、洗濯槽の回転速度が遅い弱流コースを使うよう注意を促している。

サムスンの洗濯機をめぐっては、今年初めに豪州で爆発後に火災を起こしたと報じられた。ニュージーランドでも、13年に電気ショートによる火災の可能性があるとしてリコールとなった後も使い続けられている洗濯機で今年に入って18台出火したという。
サムスン製品で相次ぐ事故。偶然なのか-。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161002/frn1610021140001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
2016年8月31日、韓国・聯合ニュースによると、ニュージーランドでリコールに応じず使い続けていた韓国・サムスン電子の洗濯機から出火する事故が相次いでいる。 ニュージーランドのニュースサイト「スタッフ」は31日、3年前にリコールとなったサムスンの洗濯機の2モデルで先週、火災が発生したと伝えている。 サムスンは2013年、洗濯機の4つのモデルで、湿気による電気ショートで火災が発生する可能性があるとしてリコールを発表した。当時、ニュージーランドで使われていた約3万4000台のうち、約4000台はリコールに応じなかった。

ニュージーランド消防本部関係者は「リコールに応じず、そのまま使用されているサムスンの洗濯機の正確な数は分からないが、昨年は13台、今年は18台から出火した」と明らかにした。また、「製造会社は洗濯機を探し出すために最善を尽くしたが、一部の消費者は今もリコールの事実を知らずにいるか、知っていながらも直していない」と指摘したという…。

電気ショートというなら基本的な設計部分だろうか。或は防水不足もあるのか…。原因はわからないが、洗濯機のリコールというの珍しい。スマホとは別次元であるから、事業部幹部は全員クビだろう。1つクレームがあれば複数存在するのが普通であるから、品質保証において、他にもあると考えられる。サムスンの技術者レベル低下が始まった年からだろう。製造における製造技術と品質保証は日本人幹部が多いが、その日本人も定年で数年前から退社しているはずだ。サムスンも製造技術・品質技術面もおろそかになっているのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月03日 13:14 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp