韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  消防署の空気充填機10台中6台が老朽化、その半分は「不適格」

消防署の空気充填機10台中6台が老朽化、その半分は「不適格」

現在消防士が使っている空気充填機の10台中6台が、耐久年限の過ぎた古い製品であることが明らかになった。また、その半分以上は空気の逆流や水による腐食を適切に防ぐことのできない不適格製品だった。

国民安全処が3日、国会安全行政委員会所属の野党「共に民主党」の陳善美(チン・ソンミ)議員に提出した資料によると、全国消防署に設置した空気充填機1147台中696台(60.9%)が、耐久年限である6年を過ぎている。地域別には蔚山(ウルサン、94.4%)が最も高く、仁川(インチョン、89.5%)、昌原(チャンウォン、86.4%)の順だった。消防署出動の多いソウル(74.8%)や京畿(75.2%)地域の老朽化比率も高かった。

また、全体空気充填機のうち343台(29.9%)は、空気の逆流防止を止めるバルブが設置されていなかった。261台(22.8%)は、水分による腐食を食い止める自動停止センサーがなかった。それぞれ2005年と2009年に設置が義務付けられた機能だ。空気充填機は消防士たちが火災現場に入る時に着用する呼吸器(空気ボンベ)に空気を供給する装備だ。汚染された空気が供給されたり、逆流現象などが発生したりすれば、消防士の健康はもとより、有毒ガスの満ちた火災現場で深刻な状況が起きかねない。実際、今年8月、空気呼吸器から白い粉の異物が見つかって議論が起きた。異物が確認された製品は、韓国全土で5000件以上。しかし、安全処は容器内部の腐食のせいか、それとも外部から流入されたものか、正確な原因を突き止められずにいる。


スポンサードリンク


不良装備は、消防士の健康にまで害を及ぼしている。安全処によると、2014年に特殊健康診断を受けた消防士3万7849人中3098人が呼吸器疾患を患っている。健康異常判定を受ける割合も、2012年の47.5%から昨年は62.2%にまで上昇した。
陳議員は、「政府政策や予算の優先順位において、消防士の福祉や健康はそのつど後に回されている」とし、「安全処が各市道の消防本部と一緒に早急に老朽化した装備を改善しなければならない」と語った。
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/754069/1

【管理人 補足記事&コメント】
韓国と言うと老朽化の国である。特に水道管が老朽化した影響で、年間5000億ウォン(約550億円)分以上の水道水が無駄になっているという問題は昨年発覚している。 環境部(省に相当)が13日に公表した『2013年の上水道統計』によると、この年は全国で61億5900万トンの水道水が生産されたが、そのうち10.7%に相当する6億5600万トンが水道管から漏れ出していたという。最大の原因は水道管の老朽化だ。ソウル上岩ワールドカップ競技場(約200万トン分)規模の貯水池に換算すると、328個をいっぱいに満たすことのできる量の水道水が、毎年そのまま捨てられている事になる。

環境部の関係者は「水道水の原価の全国平均は1トン当たり849.3ウォン(約93円)だが、これに基づいて計算すると、年間5570億ウォン(約610億円)分の水道水が漏れ出していることになる」「老朽化した水道管は毎年交換あるいは補修を行っているが、老朽化のペースの方が早く、対応が後手に回っている」と述べた。 韓国における国民1人当たりの1日の水道使用量(2013年)は282リットルで、2012年に比べ4リットル多くなっていた。世界の主要国と比較すると、韓国は米国(378リットル)や日本(311リットル)よりは少ないが、オーストラリア(224リットル)、デンマーク(188リットル)、ドイツ(150リットル)に比べるとかなり多い。

軍備に地下パイプや鉄道或はトンネル等々…、掲げればきりがないが、その金額は天文学的な値となると中央日報では報じていたが…。日本でも老朽化問題が大きな課題だが、作っても定期点検を疎かにする韓国では、現状手に負えないのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月04日 10:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp