韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  閉店相次ぐ日本の百貨店、原因は?

閉店相次ぐ日本の百貨店、原因は?

9月30日、北海道旭川市のJR駅前の繁華街にある西武旭川店が営業を終了した。閉店セールは来店客で終日混み合った。1975年から41年間も親しまれてきた店舗だけに、単に安い商品を求める客だけでなく、思い出に刻もうと訪れる客も少なくなかった。午後7時半、遠藤進一店長が従業員と共に店舗入り口に整列し、来店客1000人が見守る前で「41年のご愛顧、誠にありがとうございました」と頭を下げた。。感極まって涙ぐむ従業員もいた。

日本の百貨店業界の売り上げが減少し、閉店する店舗が相次いでいる。毎日新聞などによれば、アベノミクスのおかげで消費が回復するかにみえたが、インターネット通販の急成長など「伏兵」が相次いで現れ、大きな打撃を受けた。日本百貨店協会によると、日本の百貨店売上高は高度成長期に年8-9%増え、1991年には9兆7131億円でピークに達した。その後、バブル経済が崩壊し、下り坂を迎え、2012年は6兆1453億円まで減少した。

第2次安倍政権の発足後は、減少傾向に一時的に歯止めがかかったかに見えた。13年の売上高が6兆2171億円に増えると、主要メディアは「16年ぶりの出来事だ」と報じた。翌年にも売上高は6兆2125億円だった。ところが状況は昨年から一変。同協会が集計した15年の全国百貨店売上高は6兆1743億円で前年を382億円下回った。


スポンサードリンク


これにより、百貨店閉店のドミノ現象が始まった。北海道で西武旭川店が閉店した日、首都圏では千葉県柏市のそごう柏店が最後の営業日を迎えていた。業界最大手の三越伊勢丹ホールディングスも来年3月、三越千葉店、三越多摩センター店の営業を終了する計画だ。昨年2月以降で営業を終了したか、近く営業終了を決めた大手百貨店の主要店舗は11カ所に上った。

原因は複合的だ。まず安倍首相がいくらてこ入れしても、長期不況下で生活に余裕をなくした日本の中産階級が消費を渋っている。三越伊勢丹の大西洋社長は読売新聞に対し、「2014年の消費税引き上げ以降、中産層の消費が鈍り、これからも回復の兆しが見えない」と述べた。 こうした状況で百貨店から客を奪う強力なライバルが複数出現した。流行衣類だけ集めて販売するセレクトショップ、人気ブランドを安価で販売する紳士服専門店、百貨店の食品売り場に対抗する大型チェーンスーパーなどだ。映画館、ボーリング場、バーベキュー施設などを備えた新築複合商業施設も百貨店を脅かしている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/04/2016100400873.html

【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースでは、大手百貨店では“ドミノ倒し”のように閉店が連鎖する。そごう・西武は、そごう柏店を含め、不採算の4店舗を来年2月までに閉鎖する。三越伊勢丹ホールディングス(HD)は三越千葉店など2店舗を来年3月に、阪急阪神百貨店は堺北花田阪急(堺市)を来年7月に、それぞれ閉店する予定だ。 日本百貨店協会によると、27年の百貨店売上高は6兆1742億円と、ピーク時の3年(9兆7130億円)に比べ36%も縮小した。今年8月の訪日外国人1人あたりの単価は前年同月比で3割減少した。

朝鮮日報は日本メディア記事からの転載だろうか…。
さて、チェーンストアにおいては「コンビニやディスカウントストアなどの台頭」「インターネット通販の普及」「家族構成の変化」「消費者の消費性向の変貌」など、競合相手の勢力拡大を考慮すれば、変わりゆく環境の変化に対応し切れなかったという事だろう。特に衣料品低迷は大きい。昔は憧れの場所で、特に子供にとっては一日中飽きない場所でもあった百貨店やデパートだが、今やその勢いは見られない。都心のみならず地方を含めた企業戦略の不足だろう。

成功事例もあるわけで、過去のプライドよりは現状に合ったというより時代の先読みで戦略を立てる必要がある。大手百貨店とは言え、その日に届けるサービス等々…。考える事が多々あるのではないか…。百貨店の魅力という基本に戻る事も重要かもしれない。一日中居て楽しめる店にするにはどうすればよいのか、あるいは店に来れないお客様への対応も不可欠だ。商品ぞろえのみならず、顧客対応できる店が生き残る…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月04日 11:24 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
対面販売中心
消費者行動の変化と、小売店スタイルの変化、
ということじゃないですか。
イオンの「イオンモール」というお店は
もう全国に140店あります。

百貨店 Wiki
日本では経済産業省が実施する商業統計調査の基準によれば、百貨店は「衣・食・住の商品群の販売額がいずれも10%以上70%未満の範囲内にあると同時に、従業者が常時50人以上おり、かつ売り場面積の50%以上において対面販売を行う業態」としており、、

百貨店(デパート)の独自性は対面販売中心ということに見えますが、
その特徴で、人気をとれるのは一部の富裕層と思われます。
あと、市街地のデパートの多くはアクセス性が悪いのがハンデ。
[ 2016/10/04 16:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp