韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  ノーベル賞:大隅氏受賞、日本人25人目・科学分野では3年連続

ノーベル賞:大隅氏受賞、日本人25人目・科学分野では3年連続

今年のノーベル医学生理学賞は、日本の生物学者で東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(71)に決まった。これで日本は3年連続で科学分野のノーベル賞受賞者を輩出したことになる。

スウェーデンのカロリンスカ研究所ノーベル賞委員会は3日、大隅氏を「細胞内で損傷した小器官や老廃物を細胞自らが分解し、栄養源としてリサイクルしたり、新陳代謝したりする『オートファジー(autophagy・自食作用)』現象を解明した功労で、2016年の受賞者に選定した」と発表した。オートファジーとは、細胞内の不要なタンパク質や小器官を分解する現象で、この仕組みに異常が生じると、がんや神経性の難病が発生するという。大隅氏は1980年代に顕微鏡観察で細胞内のオートファジー現象を発見、後続の研究でその過程を解明した。

日本は昨年の大村智・北里大学特別栄誉教授に続き2年連続でノーベル医学生理学賞受賞者を輩出した。2014年のノーベル物理学賞を合わせれば科学分野では3年連続の受賞で、歴代のノーベル賞受賞者は大隅氏を含め合計25人に増えた。今週はノーベル物理学賞(4日)、化学賞(5日)、平和賞(7日)の発表が相次いで予定されている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/04/2016100400543.html?ent_rank_news


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報では、日本では「3年連続で日本人がノーベル賞を受賞した」とお祭りムードに沸いていると報じている。毎日新聞によると、大隅氏が卒業した福岡県立福岡高校には井上拓夫校長と同窓生約20人が集まり、ノーベル賞受賞の知らせが届くと万歳したという。朝日新聞などの主要メディアは、先月からそれぞれのホームページにノーベル賞特集コーナーを設け、部門別のノーベル賞発表日や日本人の有力候補の名前を挙げていた。日本では今、さらに受賞者が出るのではないかと期待が膨らんでいる。

50年間にわたり一つのことにこだわり研究を続けた東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(71)が今年のノーベル医学生理学賞を受賞した。1970年代半ば、細胞内の老廃物を掃除する「オートファジー(autophagy・自食作用)」の研究を開始し、生涯を研究にささげた成果だ。大隅氏は福岡県出身で東京大学を卒業、1974年に理学博士号を取得した。その後渡米し、ニューヨークのロックフェラー大学で3年間オートファジーを研究して帰国、後に東京大学助教授になり、基礎生物学研究所などで研究を続けた。1980年代に顕微鏡でオートファジー現象の観察に成功、92年には酵母を利用してオートファジーを触発する遺伝子を世界で初めて解明し、論文で発表した。その研究成果が今回のノーベル医学生理学賞受賞決定に大きく貢献した。

オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。 自食とも呼ばれる。酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。

何せ50年間の研究である。ノーベル賞とはいえ、時間差であるから、根気研究過程が結果に結び付くまでには長い年月を必要とする。すぐ諦めてしまう韓国人には無縁の話だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月04日 11:39 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp