韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、日本に通貨スワップ「5兆円」懇願か・・・韓国経済悪化で

韓国、日本に通貨スワップ「5兆円」懇願か・・・韓国経済悪化で

日本との「通貨交換(スワップ)協定」再開を狙う韓国で、締結額が500億ドル(約5兆円)規模の巨額になるとの観測が浮上している。経済指標が、国際通貨基金(IMF)の管理下に入った1990年代の危機当時の水準まで悪化しており、日本のマネーをあてにするしかない韓国当局の願望も透けてみえる。

通貨スワップは、外貨不足に陥った際に、ドルなどを融通し合う仕組み。日韓の協定は2001年に締結されたが、昨年2月に反日姿勢を強めた韓国側が一方的に打ち切った。 ところが韓国経済が失速すると韓国側からスワップ必要論が浮上、今年8月末の日韓財務対話で、韓国側が呼びかけて再開に向けて議論することで合意した。 そんななか、韓国の経済メディア、ソウル経済は、韓国の企画財政部(財務省に相当)の関係者の話として、新たな日韓スワップが「500億ドル以上の大規模になる可能性が高い」と明らかにしたと報じた。

これが実現すれば、欧州の財政危機を背景に700億ドル(約7兆円)まで拡大した11年当時に匹敵する規模だ。韓国が現在結んでいる最大の通貨スワップ協定は中国との540億ドル(約5兆4000億円)規模。日本は中国を牽制(けんせい)するには、同規模のスワップ協定を結ぶというのだ。 韓国は米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備をめぐり中国と関係が悪化しており、日本とスワップ協定を結ぶことで、中国も対抗して韓国とのスワップ協定を延長するとの見立てもあるという。


スポンサードリンク


韓国にとってずいぶん都合のいい論理立てだが、日韓スワップ自体、金融危機の際に資本流出懸念がある韓国側のメリットが大きく、日本には韓国を助ける外交的な意味合いしかない。 巨額のスワップ締結論が先走って報じられる背景には、韓国経済の窮状がある。8月の青年失業率は9・3%と、IMF危機時の1999年以来の高水準だ。長期失業者の割合や、格付けを引き下げられた企業の数や製造業の稼働率も90年代後半の水準に接近している。 米国の年内追加利上げがあれば、韓国など新興国からの資金流出が現実味を帯びる。恥も外聞も捨てて日本に泣きつくしかないのが実情なのか。
http://news.livedoor.com/article/detail/12098002/

【管理人コメント】
日韓の通貨スワップ協定は、事実上、豊富な外貨準備を持つ日本による、外貨準備が少なく常に通貨危機の危険性を抱える韓国への信用補完でしかない。一方的に韓国にメリットがあるだけで、日本には何の恩恵も無い。 韓国の6大銀行のうち5つが外資系であり、また対外債務が非常に多い。大規模なウォンの売りが起これば、国内から国外へと資金が流出し、ウォンの買い戻しも出来ずに通貨危機を起こしやすい。

日本が韓国と輸出で競合し、韓国経済がより低迷すれれば、韓国は輸出産業を守るためにウォン安を進めるだろう。しかし、ウォン安が過度になれば海外投資家がウォン売りに走り、売り浴びせの発生で通貨危機が起こる可能性が高まる。いずれにせよ、韓国が再び通貨スワップ枠の上限引き上げを日本に持ちかけ、“守ってください”と泣きついてくるのも時間の問題だが、日本は毅然とした対応で良い。現在1ドル 1105ウォンである。全産業の平均値でいえば、損益分岐点が1025ウォンであるから、造船業を除き余裕はある。日本は1ドル 102円であるから、まぁ~こんなものだろう。

アメリカの利上げがあれば、韓国はドル負債であっけなく経済はより悪化するだろう。家計負債は火の車であるし、企業も政府も負債だらけでは、すでに手に負えない状態だ…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月04日 13:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
韓国は危機管理フェーズ
危なくなったら日本円を貸してくれ、という事案だから、
ありていに受け止めれば、韓国の経済は「復活努力」から
「危機管理」にフェーズシフトしたということになるが、
そうだろか。
ドルウォンレートは8月から 1100W/Dでウォン高。

麻生財務相「韓国側から話出れば再開検討」
と言ったらしいから、日本政府は韓国はほんとに
危ないのか、分析を鋭意進行中でしょう。

で、まだ韓国から正式要請はないようです。

日本国内は衆院解散・選挙のうわさがチラホラだから
この政局でスワップ合意をやれば自民党には逆風です。
やりますか?
国内世論は、「正式要請あっても反対が93%」
(1月の産経アンケート)
[ 2016/10/04 15:29 ] [ 編集 ]
反日法(敵国法)がある韓国とは仲良くしてはいけません
日本の野党は社会保険の6兆円の運用益損失は大騒ぎ、韓国への5兆円ものスワップは騒がないのかなー
1997年、2008年、2017年来年かな、韓国の国家破綻は、10年毎に起きる病気,国歌破綻症候群
韓国自体も日本政府になどカネの無心などしたくないはず、本音は、そうだと思う、

問題の本質は米国、韓国の財閥企業の株式をほとんど所有している、すぐ倒産されては困るというところでしょう、米国資本を引き上げる準備期間の間、日本政府にカネを都合させる、安全保障をネタに日本政府は強請られる、属国だから致しかたない、

さらに米国はジェラシーの固まりでもある、中国に接近した田中角栄、ロシアに接近した橋本龍太郎
今度は安部総理、プーチンと仲良くしたいようだが、しかし米国は必ず仕掛けてくる、安部政権は必ずひきずり降ろされる、
特に日本国は米国にとっては要注意国、何としても手の平の上で転がしておきたい、自由に操りたい国、大国に擦り寄っては困るのです
安部総理の考えも解からないではない、次の米国大統領がどっちに転んでも日本には無関心、無理難題を押し付けてくる、間違いなし、ロシアに6000億払ってでも中国からの脅威を排除したい、その一心だがプーチンも甘くはない、ブラック国家だけに、多分これも騙されて終わり、橋本龍太郎と同じ、当時、北方領土返還をエサに樺太にガスプラント施設を建設して1兆円、プラントは騙し取られた、1兆円はパー

パククネが北からの脅威に備え、米国から中国に擦り寄ったが相手にされず、又米国回帰だが、これも米国からも信用は失い、相手にされない
安部総理も同じ道、全ては安全保障が弱いから、どこの国も国家予算の20㌫は安全保障費だが日本は米国の思いやり予算含めても6㌫、中国の恐喝にびくびくして政権を維持するのも大変でしょう
しかし、台湾なんかもっと大変だ、米国は中国経済崩壊待ちのようだ、特に黒人大統領は何もできないし、あと少しで任期も終わり、だから何もしない、

韓国も去年は38兆円、今年は43兆円の外貨準備金があると豪語しているのに、ロシアは55兆円、人口は3倍、それでもプーチンは2年大丈夫と言っている、韓国に日本からのスワップは要らないのではないか、何か裏画策がありそうだが、困っているのではなく、日本政府を貶めるが目的ではないのか
小生、最近副島隆彦氏の暴露本の読みすぎのようだ、彼は何しろ読者の不安を煽る、
[ 2016/10/04 18:38 ] [ 編集 ]
安部じゃなく
安倍ですよ。
[ 2016/10/05 03:29 ] [ 編集 ]
>恥も外聞も捨てて日本に泣きつくしかないのが実情なのか。

ウリには元々、恥とか外聞とかの概念すら無いニダ
あるのは口から出任せ ヒトを騙す事だけニダ
騙した方が勝ちニダ
騙される方が悪いニダ

ウリナラマンセーニダ ホルホル
[ 2016/11/01 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp