韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  経済省庁も注視 日本の国益損なう「トランプ政策」

経済省庁も注視 日本の国益損なう「トランプ政策」

米大統領選の1回目テレビ討論会(9月26日)直後、CNNが世論調査を実施した。62%が民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官が勝利したと回答し、共和党候補のドナルド・トランプ氏の27%を大きく上回った-。このテレビ討論は、世界中で約8400万人が観戦したという。

そして、固唾をのんで見守っていた外務省北米局の担当者は「クリントン優勢」に安堵(あんど)した。とりわけ、テレビ討論の中でも、以下のやり取りを聞いて安心したという。トランプ氏は「われわれが、日本やドイツ、韓国を守ってやっているのに、彼らは(十分な)カネを払っていない」と持論を展開した。これに対し、クリントン氏は「日本と韓国との同盟を改めて保証したい。われわれには相互に防衛する条約があり、同盟関係を尊重する」と切り返した。

そのうえで、「今回の大統領選の(論点の)影響で、世界中の指導者に米国に対する疑念と不安が巻き起こっている」と、トランプ氏の同盟国軽視を手厳しく批判したのだ。 外務省や防衛省が、トランプ氏の外交・安保政策に不安を抱くのは当然だとしても、通商、金融、財政など他の主要政策について経済省庁はどう見ているのか。


スポンサードリンク


トランプ氏の経済政策を簡略化すると、次の通りだ。(1)財政政策=減税による刺激策(2)金融政策=低金利(3)通貨政策=ドル高是正(ドル安)(4)通商政策=反TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)-。 こうして見てみると、驚いたことに「米国版アベノミクス」と言えるところがあるのだ。だが、通貨、通商政策では日米は全面衝突する。今や「円安」が「株高」以上に重要になった安倍晋三政権にとって、トランプ氏の「ドル高是正」は断じて容認できない。

さらに、安倍首相は所信表明でも言明したように、今臨時国会でのTPP承認法案成立を最重要課題にしている。何もとっぴな外交・安保政策だけではなく、やはり経済政策からも「トランプ大統領」誕生は、日本の国益を損なうことになるのは確かだ。安倍首相は国連総会出席のためニューヨーク滞在中の9月19日午後、クリントン氏と会談した。超過密な日程の中での55分だった。たとえクリントン氏側から会談要請があったにしても、民主党候補と会談して、共和党候補とは接触しないのは不公平との判断はなかったのか。 それとも、極秘裏にトランプ陣営の誰かと接触していたのだろうか。 
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161004/plt1610041550003-n1.htm

【管理人コメント】
ここにきてトランプ陣営はボロが出始めている。その一方でクリントン氏は体調が問題視されている。何というのかどちらも問題はあるわけで、金の儲け方はトランプ氏に軍配が上がるが、政治は金の儲け方ではない。税金の使い方であるから、庶民の目線にはほど遠いのがトランプ氏だろう。クリントン氏はというと、これもほど遠い気がするが、政治の理解度は高いのではないか…。ただどちらも日本にとって良いか悪いのかは難しい。何故なら大統領になれば手の裏を返すからだ。日米安保条約を知らないわけがない。在日米軍の意味を知らないわけがないだろうし、報じる内容を鵜呑みにはできないだろう~。

ただしアメリカ経済を考慮すれば、アメリカという自国の安定度を優先する事になるのは間違いはない。
従って日本を含めた関連諸国は、アメリカに振られないようにする必要が出てくるのだろう~。と考えれば日本は成長戦略を急ぐ必要がある。日本経済の安定には企業体力を強化しておくことが重要だ。と同時に軍備と日米の安全保障問題は戦後70年を経過し、敗戦国というレッテルで今まで日本は苦しんで耐えてきた、その一方で、在日米軍に守られてきたという事実もあるわけで、自国は自分たちで守る体制つくりが強化されるとともに、敗戦国からアメリカと対等にに世界を牽引する国となるべく動ける時代に入ったともいえる…。それだけに日本の立ち位置は重要となる。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月04日 19:09 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
どっちもどっち
クリントン:中国系団体からの支援でここまできたので、中国寄り。
トランプ:自己中だし、アメリカ至上主義。
クリントンになれば、中国が延命させられる。
トランプになれば、日本は本気で日本のことを考える機会をえる。安全保障問題など。あと、トランプになれば、豊洲にトランプのカジノがくる。沖縄にトランプのカジノがくる。今、ラスベガスではカジノが潰れに潰れ、大手しか残っていない。
個人的には、カジノが阻止できるなら、トランプでよいのではないか?なぜなら自国は自国の力で守ることを考える機会になるから。まあ、国後もらって、択捉共同統治ならロシアとアメリカを天秤にかけることができる。政治的には面白いんじゃないかな?
[ 2016/10/04 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp