韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新しい「ノート7」も爆発…問題ないとしながら国家機関に再検査要請した理由

新しい「ノート7」も爆発…問題ないとしながら国家機関に再検査要請した理由

サムスン電子がバッテリーの欠陥を解消したギャラクシーノート7の発火事件と関連し国家試験機関である韓国産業技術試験院(KTL)に再検査を依頼した。インターネットを中心に独自に実施した検査が不十分だったという疑惑を解消するためだ。KTLの再検査結果は早ければ5日に公開される予定だ。 KTLが4日に明らかにしたところによると、同日午前にギャラクシーノート7の再検査が行われた。早ければ5日午後遅くに結果が出るものとみられる。

今回の調査は韓国SGSで発表した調査内容が不十分だという消費者の主張によりサムスン電子が追加依頼し実施された。2日午前にインターネットコミュニティでは改善製品として交換したギャラクシーノート7が発火したという主張とともに証拠写真が上げられた。サムスン電子は同日午後に該当製品を回収して韓国SGSに検査を依頼し、SGSは数時間後に「エックス線とCT撮影を通じて分析した結果、外部衝撃によって発火した」と結論を下した。だが一部ではSGSの調査結果について疑惑が提起された。

検査時間自体が短かったことに加え、韓国SGSの母体がサムスン電子であるためだ。この会社の器興(キフン)試験所はサムスン電子開発チームで自社製品をテストし検証する業務を行ないテスコという名前で分社した。その後スイス企業のSGSがテスコを買収し韓国SGS器興試験所に変わった。 こうした疑惑がインターネットを中心に拡散したことでサムスン電子が再検査を依頼したのだ。公信力のある国家機関に発火原因糾明を依頼することによって疑惑を確実に解消するということだ。


スポンサードリンク


しかしKTLの検査結果がどうあれ、発火議論は当分収束しない見通しだ。関連業界は「時間上KTLの検査は韓国SGSの調査内容を検証する線にとどまるだろう。発火を誘発した衝撃の程度などを調査するには時間がさらに必要だ」と話した。
http://japanese.joins.com/article/402/221402.html?servcode=400§code=430

【管理人 補足記事&コメント】
韓国のサムスン電子は4日、バッテリーが発火したとの書き込みがあった最新スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の新製品を産業通商資源部(省に相当)傘下の試験・認証機関である韓国産業技術試験院に送り、再検査を受けた。サムスン電子は先月から発火事故が起きたノート7の回収・交換に当たっているが、韓国のあるユーザーが今月1日「交換したノート7の新製品も爆発した」とインターネットに書き込んだ。これを受け、同社は翌日午後にその製品を受け取り、世界的な製品認証企業であるスイスのSGSと共同で分析を行った。そして約2時間後、発火は「製品の欠陥のせいではなく、外部からの衝撃によるもの」とする結果を発表し、X線やCTスキャンの画像まで公開した。

にもかかわらず国の試験機関の再検証まで受けることにしたのは、調査結果をめぐりネット上でさまざまな疑惑が出ている。ネット上では「2時間で結果が出るとは、サムスンが外部機関にカネを渡して結果に手を加えたのでは」「ブラックコンシューマー(悪質な消費者)の行動だと決め付けようとしているのでは」といった意見がみられる。 これに対し、サムスン電子の関係者は「企業の運命がかかった事案のため、全てを迅速かつ透明に公開するという原則で対応しているが、いくらネット上とはいえ一方的な主張を事実のように広めるケースが多くて困惑している」と話している。

サムスン側が単にバッテリーセルの問題と言うだけでなく、何を対応したから問題がないのかを明らかにしなければ、上記のような問題は次々発生するのではないか…。衝撃で爆発するなどと言っても、スマホを道路に落としただけで爆発するようでは困るだろう。責任転嫁ではなく、発火あるいは破裂試験を公開するべきである。衝撃試験は開発設計部署と品質保証により決まられるわけで、必ず評価しているはずである。アブノーマル試験を含めて、しっかりと評価と対応方法を公開しなければ、消費者の不安は解消されないのではと思うが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月05日 13:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp